こんにちは。今回はKing & Princeの『シンデレラガール』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。King & Princeは少し前にkoi-wazuraiを取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、シンデレラガールはアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。よって、当ブログにおいてもショートバージョンの動画を添付いたします。ご了承ください。

『シンデレラガール』(King & Prince)、Cinderella Girl


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

m1D#[に]ぎわう街m2E[並]m2F#[み]E[に]


【地声最高音】hiB(B4)  ※2番Bメロで1回だけ登場

★ボクはm2G#[またキミに恋す]hiB[る]m2F#[んだろ]


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※ラストサビで1回だけ登場

★I wanna always m2F#[be]  your sun-hiB~hiC#裏~hiB[-shine]

hiC#の箇所の表記が難しいので、上述のようにしておきます




【補足】mid2F#(一部略)hiBの注意箇所

★キミは シm2F#[ンデ]レラガール My pre-F#[-cious] m2G#[one](サビ)
★You’re the m2F#[on-]-ly m2G#[flower-]ing heroine
★魔法が解けるm2F#[日]hiB裏[来]m2G#地[た]F#[っ]G#[て]F#[ぇ]
★幾つにm2G#[なっ]m2F#[て]も 
☆ボクはキミm2F#[を]まもりF#[つ]G#[づ]hiA地[け]G#[る]
★ wanna m2F#[be] your sun-hiB[-shine] 
★Be-m2G#[-cause your] m2F#[smile has] G#[the] hiA[ma-]G#[-gic]
m2G#[Always makes] hiA[me] hiB[ha-]hiA~G#[-ppy]!!

★だm2F#[け]m2G#[どやっぱ いざと]hiA地[な]m2G#[る]F#[帰した]くない(Bメロ)

★キミはボクが思うm2F#[よ]m2G#[りも]F#[ぉ](2番Aメロ)
★ボm2F#[クを想う]m2G#[の]かな?
★ “恋m2E[の魔法には期限が]m2G#[ある”] “時がたてば(2番Bメロ)
★じゅm2F#[うにじの鐘を]m2G#[聴]F#[く]頃に(2番Bメロ②)
★ 夜空m2F#[越えて会い]m2G#[に行]hiA[け]G#[る]hiB裏[のに]
『シンデレラガール』(King & Prince)









 まず、『シンデレラガール』についてです。この楽曲は、2018年に男性アイドルグループKing & Princeによりリリースされたシングル作品です。アルバム『King & Prince』にも収録されております。『シンデレラガール』はテレビドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の主題歌としてタイアップが付きました。同ドラマにはメンバーの平野紫耀さんも出演されております

 『シンデレラガール』は軽快なポップのラブソングです。全体として爽やかであり、カラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。個人的にはサビの【ボクはキミm2F#[を]まもりF#[つ]G#[づ]hiA地[け]G#[る]】の部分が少し歌いにくいのではないかと感じました。

 一方、音域的な特徴についてです。上述のように、mid2F#,mid2G#といったやや高めの音階が乱舞します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、これだけ続くと相当しんどいです。
 また、上図では音域は広めに表記されていますが、印象としては比較的狭め音域です(詳細は後述します)。ただ、その分、中高音域が頻出するので、原曲キーでは辛い男性も多いはずです。  



 さて、『シンデレラガール』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。

 まず、地声最低音はmid1D#です。これはAメロで登場するのですが、他の音階に置き換えてもあまり違和感がありません。大体、mid1Gくらいの音が最低音と認識しておいても問題ないと思います。この辺りはキー調整の際に重要になってきます。

 地声最高音hiBは2番のBメロで1回登場します。【ボクはm2G#[またキミに恋す]hiB[る]m2F#[んだろ]う】の部分です。歌メロディーのテンポが速いですので、少し曖昧になっても目立ちにくいですが、スムーズに歌えた方が楽曲が映えます。
 
 一方、hiBに次ぐhiAの方は、サビやラストサビの前など楽曲の肝になる部分で登場します。こちらはしっかり地声で歌いたいところです。また、mid2G#辺りも頻出します。hiBが出るに越したことは無いですが、hiA辺りが安定的に歌唱できることが重要になります。
 このように『シンデレラガール』は男性の声域より少し高いです。よって、キーを下げた方が歌いやすい人も多いと思います。目安として、原曲キーから1~2つ程度下げるとかなり歌いやすいです。

 『シンデレラガール』は音域的にはキーの調整を行いやすい作品であります。先にも述べましたように、最低音部であるmid1D#,mid1E辺りは別の音に置き換えやすいです。よって、普段歌い慣れていない人もキーを大きく下げて歌唱することが可能です。以前取り上げた、koi-wazuraiよりは練習曲として使いやすいのではないかと思います。ただ、Bメロなど歌メロのテンポが速い部分もありますので、その点は少し難しい点であると留意しておいてください。

 『シンデレラガール』は上述のように、比較的高めの音階が多く登場します。ある程度歌い慣れた声の高い男性でも、一人で歌うのは意外としんどい楽曲なのではないかと私は考えております。アイドルだから簡単な楽曲というわけではなく、「実際に歌ってみると上手く歌えない」ことも当たり前に起こりうる楽曲です。koi-wazuraiの際も述べましたが、複数人でパート割をして歌唱するのも選択肢であると思います。