こんにちは。今回はJanne Da Arcの『桜』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。Janne Da Arcは以前に『DOLLS』を取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、『桜』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。替わりの動画として、bassistizmさんのベースカバー動画を添付いたします。こちらはLive版の動画をベースに演奏しているのですが、ボーカルyasuさんのニュアンスがフル尺で確認できます。


『桜』(Janne Da Arc)、Sakura


【地声最低音】mid1G(G3)  

★しm2G[ろ]m2F[い]世界がm1G[彩]づきだし(Aメロ) 
★また僕を立ちどm1G[ま]らせた 春をまとm2F[うこ]いびとたち(Bメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※各サビで4回ずつ

m2G[舞]m2G#[い]hiA#[散]G#[る]G[は]F[な]びらを見て(サビ)
★約束おもm2F[い]m2G[出]hiA#[し]m2G#[て]G[る]F[の]?




【補足】mid2Fmid2G#の注意箇所

★淡く 淡く 優しい雪m2G[はあ]m2F[め]にとけて(Aメロ)
★まばたきさえm2F[わ]m2G[す]m2G#[れ]G[て](Bメロ)

★いm2G[ま]m2F[ご]ろ君F[も]m2G#[ど]G[こ]F[かで](サビ)
★あのm2G[日]m2F[び]きりした

『桜』(Janne Da Arc)









 まず、『桜』についてです。この楽曲は、2000年にロックバンドJanne Da Arc(ジャンヌダルク)によりリリースされたアルバム『D・N・A』(ディー・エヌ・エー)に収録されている楽曲です。
 Janne Da Arcはシングルコレクションはリリースされていますが、アルバム曲を含めたベスト盤というものはリリースされていません。よってアルバムでは、2000年にリリースされた『D・N・A』でしか視聴することしかできないのですが(配信やストリーミングでは視聴可能)、個人的には、Janne Da Arcをあまり知らない人にも届きうる普遍性の高い楽曲なのではないかと思います。

 『桜』はミディアムテンポのラブソングです。メロディーが美しく、アコースティックバージョンなどもリリースされておりますが、オリジナル版はバンドアレンジです。個人的にはギターとドラムのアレンジが非常に好きなのですが、楽曲全体に渡ってサウンドが良いです

 『桜』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、音域自体は広くなく、キーの調整などは行いやすいです。ただ、原曲キーで歌唱する場合、楽曲全体を通して中高音域が頻出しますので、見た目以上にしんどい楽曲です。持久力が要求される楽曲です。
 昨日、当ブログではスピッツの『バニーガール』mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiB(B4)】を取り上げました。『バニーガール』と『桜』を比べると、音域の広さは同じですが、『桜』の方が半音低いです。ただ、フルコーラス歌う際に持久力が要求されるのは『桜』の方ではないかと思います。
 



 さて、『桜』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は各サビで4回ずつ、楽曲全体で18回登場します。ラストではサビのフレーズが繰り返されるため非常に持久力が要求されます。この辺は以前に取り上げた楽曲『DOLLS』とも共通していることだと思います。高音域が得意な方でもしんどい場面です。

 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。目安として、原曲キーから2~3程度下げてみてください。これで最高音がmid2G(#)に設定されます。個人差がありますので、このキーで高い人はもっと下げても大丈夫です。

 『桜』は音域自体は広くありませんので、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習曲として使用することも可能です。その点では融通が利きやすい楽曲です。ただ、yasuさんのような抑揚やニュアンスを表現するためにはある程度練習が必要になります。その点は留意しておいてください。

 『桜』は女性が歌唱しても合いやすいと思います。歌詞内容的にも性差をあまり感じません。キーについては、ある程度歌い慣れた女性ならば、少しキーを上げた方が歌いやすいと思います。その辺は各々微調整してください。
 
 個人的には、『桜』は今後もっと多くの人に知られることになるのではないかと考えています。カラオケなどで盛り上がる類の作品ではありませんが、お勧めしたい一曲です。