こんにちは。今回はスピッツの『バニーガール』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、『バニーガール』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、Rukoさんによるギター演奏の動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルのニュアンスがフル尺で確認できます。


『バニーガール』(スピッツ)、Bunny Girl(Spitz)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★寒そうなバニーガール 風が吹m1G#[い]
★ゴm2G#[ミ]hiA[ぶ]くろで受けm1G#[止]めて


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビで1回

★きm2G#[み]hiA[と]G#[落]F#[ち]{て]A[く]hiB[ぅ]G#[ぅ]


※通常サビではhiAが頻出します




【補足】mid2EhiAの注意箇所

m2F#[こ]m2E[いは] F#[こ]E[いは] 何故かわがままに(Aメロ)
★俺もまたここm2E[で]続けられそうさ(Bメロ)
★そんm2E[な]m2F#[気]E[が]した曇りE[の日]

★On-m2G#[-ly] hiA[you]の合図で まm2G#[わ]hiA[り]始める(サビ)
★きm2G#[み]hiA[と]G#[落]m2F#[ち][て]A[くぅぅ]G#[ぅ] 

『バニーガール』(スピッツ)









 まず、『バニーガール』についてです。『バニーガール』は、1996年に4人組ロックバンドのスピッツによりリリースされたシングル『チェリー』のカップリングとして収録されている楽曲です。その後、リリースされたアルバム『インディゴ地平線』にも収録されました。カップリング曲としては、非常に人気の高い作品です。

 『バニーガール』は軽快で爽やかなパワーポップナンバーです。様々な解釈が出来る楽曲ですが、「名も知らぬ君に 気に入られようと  底の無い谷を飛び越え」とあるように、どこか刹那的でアバンチュール(恋の火遊び)な世界観が描かれます。それにもかかわらず、バンドのサウンド、ポップなメロディー、そして、ボーカル草野マサムネさんの歌声により、清涼感溢れる作品に仕上がっております。こうしたギャップがスピッツの巧みさの一つでもあります。

 『バニーガール』の音域的な特徴についてです。男性のキーとしては高めでありますが、音域自体は広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいです。また、女性が歌唱するにもちょうどよいのではないかと思います。





 さて、『バニーガール』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはラストサビで1回だけ登場します。その他では、hiAが多く登場します。全体としてサビのキーは高めであります。
 一般的な男性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。目安として、原曲キーより2~3程度下げると、通常サビの最高音がmid2F#に設定され、ラストサビでmid2G#が登場します。
 
 『バニーガール』は音域全体でみると、比較的狭い音域で歌メロディーが作られています。よって、キーの調整などは行いやすいです。歌い慣れていない人は大きくキーを下げて、練習することも可能であります。融通が利きやすい楽曲です。楽曲のテンポも調度よく、歌メロディーに難しい点も少ないですので、個人的には練習曲としてお奨めしたい作品です(原曲キーは、一般的な男性には難しめです)。


 『バニーガール』は女性にとっても歌いやすい作品です。普段歌い慣れていない人などは原曲キー辺りでも良いと思います。歌の得意な方はもう少しキーを上げた方が歌いやすいです。歌詞は一人称が「俺」でありますが、草野正宗さんの歌詞はあまり性差を感じさせませんので、その点でもお奨めです。