こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『Run Away』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 この楽曲はリクエスト10曲から漏れた作品なのですが、調べるのが比較的容易だったので、合間に調査しました。いつか、「調査が楽な曲と、難しい(手間がかかる)曲」について記事にしても面白いかもしれません。簡単な曲だと、難しい作品1曲分の間に5曲ぐらい調査できます。


『Run Away』([ALEXANDROS])


【地声最低音】mid2A(A3)  ※楽曲全体で所々登場

m2A[眠れ]m2F#[ない] 眠れない(Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※Cメロ

m2F#[結]hiA[局最]hiB[後]A[は] m2F#[み]んな消m2A[えて]くんだ

※通常サビではhiAが最高音になります


【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで複数回登場

★ちゅhiD[うとはん]hiC#[ぱ]D[な]hiF#[満]hiE[足]D[で]
★こhiD[れから先もな]hiF#[まい]hiE[き]hiD[で](ラストサビ)




【補足】mid2F#hiD辺りの注意箇所

★mid2E[Run] Away Run Away(Aメロ)
★もうm2F#[一]手っm2A[て] 前へ前m2F#[へっ]て(Bメロ)
★自覚のないままに酸素が染m2F#[み]渡って

★タhiD[ラリララ]hiC#[リ]hiB[ぼ]hiA[く]ら」は(サビ) 
★事足りるhiA[様]m2G[に]m2F#[なっ]ていった 過去を悔やむ
★1番になったって 2番になっm2G[たっ]m2F#[て](Cメロ)

『Run Away』([ALEXANDROS])









 まず、『Run Away』についてです。この楽曲は、2013年に4人組ロックバンド[ALEXANDROS]([Champagne]名義)にリリースされたシングル作品です。アルバム『ALXD』に収録されています。タイアップなどはありませんが、MVは、ナイキのリストバンド型活動量計とのコラボレーションのようです。このシングルでドロスは初のチャートトップ10を記録します。MVは2020年2月現在、2000万回以上の再生回数を記録しています。

 『Run Away』は打ち込みが使われたバンド曲です。報道資料などにはエレクトロ曲との紹介がされていますが、個人的にはエレクトロ感はあまり感じず、バンド曲としての印象が強いです。アルバムでは終盤に収録されており、アルバム後半の盛り上がりを支えております。
 歌メロについては、【霧雨タタタタ淡々】、【タラリララリ】、【 僕はタラララと】等、擬音語多く用いられております。リズム感が心地よいバンド曲でもあります。反面、サビメロは裏声などが多用されており、壮大さや美しさも感じさせられます。

 『Run Away』の音域的な特徴についてです。図にも示すように、女性のような高めの音域で歌メロディーが作られております。また、サビでは裏声もかなりの部分を占めております。地声部分の音域はあまり広くありませんので、キーの調整は行いやすいのではないかと思います。




 さて、『Run Away』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。地声部分は一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最低音についてですが、mid2Aと男性ボーカルとしては少し高めです。AメロBメロはmid2A~mid2F#で歌メロディーが構成されていることになります。

 さて、地声最高音hiBはCメロで登場します。一方、通常のサビではhiAが最高音になります。hiBが上手く発声できることが理想ですが、hiAくらいが安定的に出せれば、ある程度形になるのではないかと思います。その場合、原曲のニュアンスとは少し変わりますが、CメロのhiBは裏声でも良いのではないかと思います。

 『Run Away』のサビでは裏声が多用されております。上手く地声と裏声を使い分けたいところです。この辺りは、少し前に取り上げた『SNOW SOUND』と似ている部分でもあります。

 『Run Away』は地声の音域自体はmid2A~hiBとあまり広くありません。よって、キーの調整などは行いやすいといえます。よって、歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習することも可能です。ただ、『Run Away』は裏声部分が多く登場するため、歌い慣れていない人にとっては難しい部分も多いです。その点は留意しておいてください。