こんにちは。今回はあいみょんさんの『さよならの今日に』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『さよならの今日に』(あいみょん)、Sayonara no Kyou ni(Aimyon)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  ※AメロとBメロ

★泥まみれm2F[の]過去がまとわりつく日m1G#[々だ] (Aメロ)
★あしm2F[た]m2G#[が]来ることはわm1G#[かる](Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※Cメロとラストサビ

★そんな声が聞hiA#[こ]hiC[え]A#[ぇ]m2G#[る](Cメロ)
★分かっhiA#[てい]hiC[る]A#[のにな]m2G#[ぁ](ラストサビ)

※通常サビの最高音はhiA#です



【補足】mid2F#(一部略)hiA#の注意箇所

★きのうm2G#[が]戻らhiA#[ない]G#[のも]m2F#[っ]てる (Bメロ)

★切りhiA#[捨]m2G#[て]m2F#[な]にかで今があるなら(サビ)
★もm2F#[う]m2G#[一度]hiA#[だ]G#[な]んて
★求hiA#[め]m2G#[ているも]m2F#[の]F#[あ]
★ふm2F#[め]m2G#[つ]のロックスター 永遠のF#[キン]グは

m2G#[吹く風]m2F#[に]任せ 目を閉G#[じ]hiA#[て]踊れ(Cメロ)
★甘いm2F#[カ][テ][い]ろの空m2G#[をあ]hiA#[おげ]G#[ぇ]

★それhiA#[で]m2G#[も]どこm2F#[か]m2G#[で](ラストサビ)
★伝説のプロボクサー 謎にm2F#[満ち]F#[あい]m2G#[は] 
『さよならの今日に』(あいみょん)









 まず、『さよならの今日に』についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのあいみょんさんにより配信リリースされた作品です。現在のところ配信のみであり、フィジカルのリリースはございません。この楽曲は、日本テレビ系のニュース番組『news zero』のエンディングテーマとして書き下ろされたものであります。

 『さよならの今日に』についてですが、ニュース番組のエンディングテーマということもあり、やや暗めのゆったりとしたテンポの楽曲となっていますヒットしたシングル曲などと比べて落ち着いた印象です。歌詞に「不滅のロックスター」、「伝説のプロボクサー」辺りが登場するのがあいみょんさんらしいと思います。この2者について具体的には言及されていませんが、ジョン・レノンとモハメド・アリではないかと私は推測しています。ジョン・レノンは政治的な抗議を込めたプロテストソングでも名曲を残しています。モハメド・アリは人種差別への抗議やベトナム戦争への徴兵拒否など、プロボクサー以外の活動でも大きな影響を与えました。

 『さよならの今日に』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、配信限定の楽曲ということもあり、やや落ち着いた楽曲になっています。そのため、音域も少し高音を抑え気味に歌っておられます。一番高い場面はhiCなのですが、楽曲全体で2回しか登場しません。通常のサビはhiA#であり、女性曲としてはやや低めの音階です。高音域が苦手な女性でも原曲キーで歌いこなせうる楽曲なのではないかと私は考えております。



 さて、『さよならの今日に』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCは楽曲全体で2回程度登場します。回数としては少なめです。サビではhiA#が最高音ですので、シングル曲などと比べてキーは少し低めです。高音域が苦手な人などにも手を付けやすい作品ではないかと思います。もし、高音が歌いにくい場合、1つ程度下げると歌いやすくなります。

 『さよならの今日に』は音域的には広いわけではないので、キーの調整もある程度可能な作品です。普段歌い慣れていない人のキーの調整もある程度可能です。この楽曲はカラオケなどで盛り上がる類の作品ではありませんが、女性の練習曲としては比較的使いやすい方なのではないかと私は考えております。

 『さよならの今日に』は、高音域が得意な男性は原キーでも歌唱できるかもしれません。高音域が得意な方はチャレンジしてみても良いと思います。一方、一般的な男性の場合は、当然キーを下げた方が歌いやすいと思います。また、声質的にも下げた方が合いやすいです。