こんにちは。今回はBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)さんの『bad guy』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。なお、今回は低音部分が少し自信がありません。後々修正が入るかもです。


『bad guy』(Billie Eilish[ビリー・アイリッシュ]) 


『bad guy』(Billie Eilish[ビリー・アイリッシュ])










【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★Think you're so crimi-m1F#[-nal](Aメロ[verse])
★ I'm the bad guy m1F#[Duh] (サビ[chorus])


【地声最高音】mid2F(F4)  

★I'm that m2F[bad] m2D[type] Make your mama F[sad] D[type] (サビ[chorus])


【補足】

m2D[I'm] on-[-ly] good D[at] bein' bad,D[ bad](2:34辺り)




 まず、Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)さんについて少し説明します。ビリー・アイリッシュさんはアメリカの女性シンガーソングライターです。2020年4月現在、18歳と非常に若いです。2016年にリリースされた『Ocean Eyes』が話題を呼びます。その後、同曲を収録した『Don't Smile at Me』をリリース。2018年にはグラミー賞にもノミネートされました。そして、2019年に今回取り上げる『bad guy』などを収録した『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』をリリース。こちらが大変な話題を呼びました。2020年、同アルバムや『bad guy』などでグラミー賞を受賞しました。今、米国でもっと話題の若手ミュージシャンの一人といえます。
 ジャンルとしては、ポップ、エレクトロポップ、トラップなどに当たります。音楽制作として、兄のフィネアス・オコネルとともに作曲プロデュースを行っております。

___
 
  さて、『bad guy』についてです。この楽曲は、2019年にビリー・アイリッシュさんによりリリースされました。ビリー・アイリッシュさんの代表的な作品の1つです。ジャンルとしては、先ほどの述べたエレクトロ・ポップやトラップなどに当たります。公開されているMVは2020年4月現在、8億回を超えております。

 『bad guy』はアップテンポのエレクトロ・ポップです。歌メロなどについてはやや暗めのメロディーであり、J-POPなどに馴染み深い人にとってはやや淡泊に感じるかもしれません。歌メロは前半はAメロとサビによって構成されており、楽曲終盤はテンポを落とした別のパートに展開します。演奏時間は3分程度の作品です。

 『bad guy』の音域的な特徴についてですが、図にも示すように、狭い音域で歌メロが構成されております。アイリッシュさんの楽曲全てがこうした作品では無いですが、この楽曲に関しては非常に音域が狭いです。カラオケなどで盛り上がる類の楽曲でもありません。ただ、個人的には非常に癖になる作品で、今の米国などの音楽チャートの傾向でもあると思います。


 さて、『bad guy』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】mid2F(F4) で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりもやや低めだと思います。以下、見てきます。

 まず、地声最高音mid2Fについてはサビで登場します。同曲はサビ自体が際立つ楽曲では無いですので、盛り上がりというものをあまり感じないかもしれません。アイリッシュさんはささやく様な歌声で歌唱されていますので、ハッキリくっきり発声するよりも、そうしたささやき声を意識した方が原曲のニュアンスに近づきやすいと思います。
 

 『bad guy』は音域自体は広くなく、キーの調整なども行いやすいです。恐らく、多くの女性が歌唱可能なのではないかと思います。人によっては低音部分などが低く感じるかもしれません。場合によっては男性が歌唱しても良いと思います(歌詞内容的には女性の方が合いそうです)。
 
 一方で、『bad guy』は英語詞でありますので、その点での難しさはあると思います。私自身は英語の曲を歌唱する際は、発音なども辞書などでしっかり調べるタイプなのですが、慣れないうちは発音などを意識しなくても良いと思います。

 『bad guy』は日本のポップスのような構成ではありませんが、音域などを考えると、こちらの方が手を付けやすいという人も多いと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。