スポンサーリンク
カテゴリー

『輝け』(ファンキー加藤)の音域

こんにちは。今回はファンキー加藤さんの『輝け』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『輝け』(ファンキー加藤)、Kagayake(Funky Kato)
『輝け』(ファンキー加藤)









【地声最低音】mid1F(F3) 

★上手くいかない事ばっm1F[か]【Aメロ】 
★いつかひとつの m1F[希]望を見つけよう


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビ1回ずつ

m2G#[ぼ]m2F#[く]らのこのせhiA地[か][い]【サビ】


【補足】mid2Fmid2G#辺りを含むフレーズ一覧

★溜め息まじりきm2F[み]の声【Aメロ】
★99のしm2F[つ]m2F#[ぼう]でも 

m2F[ど]れだけ胸を張っF[て]【Bメロ】
★そいつを振りほどm2F[き]m2F#[た][くて]
m2G#[ぼ]m2F#[く]m2F[らは]ぁあしF[た]

★止まm2F#[ら]m2G#[な]いよ 止まらなG#[いよ]F#[ぉ]【サビ】
m2F#[溢]m2E[れ]るそのなF#[み]E[は]
m2E[ひつよ]うとされ[ない ひ]m2F#[と]なんて 
★一人もいm2E[な][ん]m2F#[だ]

★今日のm2G[え]m2F#[が]おも【Cメロ】 
★過去の自分が信m2F#[じ]m2G[た][未]
★まだ間に合うかm2F#[ら] m2G#[こ][う]


 まず、ファンキー加藤さんについてです。ファンキー加藤さんはヒップホップグループFUNKY MONKEY BABYS(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)のMCとして、2013年まで活躍されました。2013年のグループ解散後に、加藤さんはソロ活動を開始します。ソロ活動後も、コンスタントな楽曲リリースを続け、精力的に活動されております。『太陽』、『MY VOICE』といった楽曲がカラオケでは人気があるようです。


 さて、『輝け』についてです。この楽曲は、2014年にファンキー加藤さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『ONE』に収録されております。同曲は、カルピスソーダのCMソングとして話題を呼びました。当時、CMを見ていた人には強く印象に残っているのではないかと思います。

 『輝け』は爽やかなポップソングです。歌メロは、AメロBメロサビといった馴染みやすい形になっております。作詞はファンキー加藤さん、作曲編曲は、soundbreakersによりなされております。soundbreakersは最近では、緑黄色社会の編曲にも携わっております。



 さて、『輝け』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、各サビで1回ずつ登場します。登場回数としては多くないですが、mid2G#等も登場し、またmid2E~mid2G辺りが楽曲全体で多く登場します。一般的な男性はキーを下げた方が歌唱しやすいです。原曲キーから2つ程度を目安に下げてみてください。

 『輝け』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能なのではないかと思います。歌メロも親しみやすく練習曲としては使いやすい方だといえます。
 
 同曲は、①音域がそこまで広くない、②キーはやや高めといった特徴を備えております。よって原曲キーで歌唱する場合は、ある程度高いキーを歌いこなす力と、持久力もある程度要求されます。一般的には簡単な曲ではないですが、ある程度高音域が得意な方には手を付けやすいです。カラオケなどでも歌いやすい曲調ですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする