こんにちは。今回は初音ミク[みきとP]の『少女レイ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『少女レイ』(初音ミク[みきとP])


『少女レイ』(初音ミク[みきとP])











【地声最低音】mid2A(A3)  

★本能が狂い始めm2A[る] A[追]い詰められたハツカm2G#[ネ]ズミ(Aメロ)
★m2A[ふ]みきりへと飛び出m2A[した]

m2A[そう] [き]みは[と]もだち (Bメロ)
★二人hiA[き]りこのまm2A[ま] 2A[あ][し]合えるさ―


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストの転調サビ

★繰りm2G[返]hiA#[す]hiD[フラッ]hiC[シュバック]

※転調前の通常サビはhiC#が最高音です。


【裏声最高音】hiF(F5) 

★お揃hiF[い]hiD[の]hiC[キーホ]hiA#[ルダー]

※転調前のサビではhiEが最高音になります


【補足】mid2G#hiC#辺りの注意箇所

★僕の手m2G#[を]hiA[つ]G#[か]めよ(Bメロ)
★居場所なんm2G#[て]hiA#[無い]G#[だ]A#[ろ]

hiA#[二]hiA[度]とはかA[え]hiC[ら][ぬ]A[き]A#[み](転調サビ[+1])
★とhiC#[り]hiC[憑]hiA#[か]C#[れ]C[て][仕]hiA[舞][た]A#[い]

※通常サビは一つキーが低いです。




 まず、みきとPについて少し説明します。みきとPは2010年頃に『こくはく』でボカロPとして活動し始めます。その後、『いーあるふぁんくらぶ』、『サリシノハラ』などがヒットします。ボカロPのみならず、声優などへの楽曲提供も盛んであり、自身でボーカルを披露することもあります。
 2018年にリリースされた『ロキ』は近年のボカロ曲の中でも際立った人気作の一つでもあり、ボカロファン以外の方でも広く知られているのではないかと思います。

 さて、『少女レイ』についてです。この楽曲は2018年にみきとPによりリリースされたボカロ作品です。ボーカルは初音ミクが務め、アルバム『DAISAN WAVE』に収録されています。タイアップなどはありません。YouTubeで公開されているMVは270万回もの再生回数を記録しています。

 『少女レイ』は夏を思わせるアコースティックギターを基調としたミディアムテンポのバンドナンバーです。非常に爽やかなポップナンバーです。一方で、歌詞は死を強く漂わせる内容になっております。ダークな歌詞をポップな歌メロで上手く覆い隠すさまは、私自身は非常に好きです。

 歌メロについてですが、AメロBメロサビという馴染みやすい形です。メロディーもポップであり、多くの人に届きうる楽曲なのではないかと思います。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどではその点も注意しておいてください。
 
 キーについては女性の音域と同じくらいか少し高いぐらいです。ボカロ界隈の作品としては非常に親しみやすいキーなのではないかと思います。




 さて、『少女レイ』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内か少し高いくらいです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで登場します。同曲はラストのサビで転調しますので、通常のサビではhiC#辺りが最高音になります。この辺りの音階は一般的な女性の音域の範囲内でありますが、場合によってはキーを少し下げても良いかもしれません。目安としては、原曲キーから1~2程度下げると良いのではないかと思います。

 『少女レイ』は低音部分に少し余裕がありますので、キーの調整はある程度可能です。ただ、上述のように最低音のmid2Aが何度も登場しますので、見た目よりは低音部分が辛く感じるのではないかと思います。「キーの調整はある程度可能ではあるが、練習して適した作品は他にもある」といった位置づけになるのではないかと私は考えております。

 『少女レイ』は個人的にはもっと広く知られても良い曲なのではないかと思います。私自身非常に好きなボカロ作品です。カバーがもっと増えてほしい作品の1つです。