スポンサーリンク
カテゴリー

『ロキ』(鏡音リン・みきとP)の音域

こんにちは。今回は鏡音リン・みきとPの『ロキ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。「ロキ 音域」でググると、検索候補に「サビ」と出てきたので、調べてみました。
 当ブログで、みきとPの作品について取り上げるのは、『少女レイ』以来2回目です。
 


『ロキ』(鏡音リン・みきとP)、Roki(Rin Kagamine・mikitoP)

『ロキ』(鏡音リン・みきとP)











【地声最低音】mid2B(B3) ※みきとP[男パート]の最低音はmid1B

hiB[さあ] m2B[眠眠]B[打]B[破] 昼m1B[夜逆]転(冒頭)
m2B[テレ]キャスター背負ったサブカルボーイが
B[バンドな]かまにやっほー


【地声最高音】hiE(E5)  ※曲全体で1回

★実は昨夜からhiD[風邪で声]hiB[が]D[出ま]hiE[せん](Cメロ)

※サビではhiB中心

【補足】hiAhiB辺りの注意箇所

★勘違いすんな きょhiA[う]A[は]A[マエ]hiB[だ](サビ前)
hiB[ロキロキの]hiA[ロッ]クンA[ロッ]クンB[ロール](サビ)
★かhiB[き]hiA[鳴]らすエレクトリックギターは 
hiB[Don’t] A[Stop!]Don’t Stop!

hiB[安]hiA[心][安][心]B[レッ]A[シャー]A[いっ]B[ぱい](Cメロ)



 まず、『ロキ』についてです。この楽曲は、2018年にボカロPのみきとPにより発表されました。アルバム『DAISAN WAVE』に収録されております。
 『ロキ』はオリジナルの原曲が、2020年6月現在、3700万回もの再生回数を記録しており、また歌い手のまふまふさん・そらるさんなど多くの人にカバーされております。カラオケランキングでも上位にランクインする等、最近のボカロ作品の中でも代表的な楽曲の1つなのではないかと思います。
 
 『ロキ』は軽快なバンドナンバーであります。鏡音リンの女性パートと、みきとP自身の男性パートにより歌メロが作られております。男性パートについては、mid1B~mid2E辺りで歌メロが作られております。一般的な男性であれば取っ付きやすいレンジなのではないかと思います。なので、今回は女性[高音]パートを中心に言及していきます。
 
 『ロキ』の女性パートの音域的な特徴についてです。図にも示すように女性の音域よりやや高めに作られております。ただ、サビメロを含め、大部分がmid2B~hiBで作られているため、図で示すほど高音域ではありません(とはいえ、難易度が低いわけではありません[後述参照])。同曲の難しい点は、早いテンポの歌メロや、息継ぎのポイントが少ない点だと思います。
 


 さて、『ロキ』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはCメロで1か所登場します。 【実は昨夜からhiD[風邪で声]hiB[が]D[出ま]hiE[せん]】のところです。ここだけは一般的な女性の音域より高いです。ただ、一か所のみですので、頑張ってみるのも良いと思います。高音域が苦手な方は裏声で歌っても良いです。

 このhiEの場面を除くと、hiBが最高音になります。このhiBはサビを中心に多く登場します。この辺りの音階は一般的な女性の音域なのですが、場合によってはキーを下げても良いと思います。『ロキ』は楽曲全体で息継ぎのポイントが少なく、歌メロも速いため、hiBでも余裕がなくなる人もいるかもしれません。

 『ロキ』の難しい点は、①速い歌メロ、②息継ぎのポイントが少ない、③女性にとってはかなり低い男性パートが入ってくるところだと思います。

 まず、①についてはしっかり歌詞やメロディーを覚えることも重要なのではないかと思います。基本的なことなのですが、頭に入れておいてください。

 ②の息継ぎについてですが、私なりの対策ですが、「歌詞の一部を落としても良い」のではないかと思います。例えば、私自身は2番の【さあ 日進月歩 いい曲書いてる? 動員ふえてる?「知名度あるけど人気はそんなにないから色々大変ですね。」】辺りが一人で歌うのが大変のではないかと感じました。この場面では、【いい曲書いてる】or【動員増えてる】を省略しても良いかもしれません。
 ただ、歌詞の一部を省略して歌唱するとしても、目立つ部分や美味しい部分は頑張って全部歌唱した方がよいです。楽曲の中で、重要な部分と、重要でない部分を見極めて、妥協できる部分を探すのも手ではないかと思います。

 ③の男性パートについてです。ここは、女性が歌唱する場合は1オクターブ上を歌った方が良いと思います。『ロキ』の男性単独パートを1オクターブ上げると、ちょうど女性パートの声域の範囲に収まります。この方法だと、少しメリハリが無くなるかもしれませんが、ある程度違和感なく歌唱することが出来ると思います。
 ある程度慣れてきたら、男性パート向けに少し低めのメロをアドリブで歌ってもよいです。
 
 『ロキ』は難しい部分もある作品ですが、音域的には対処しやすい場面が多いです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。2人でデュエットするのも良いです。(終わり)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. スセミ より:

    ミセスの曲に何でもいいので取り上げてほしいです!