スポンサーリンク
カテゴリー

『夏祭り』(JITTERIN’JINN)の音域と感想

こんにちは。今回はJITTERIN’JINN(ジッタリン・ジン)の『夏祭り』(1990)を取り上げたいと思います。この曲は他のアーティストにカバーされ、最近ではアニメ関連でのカバーが多い楽曲です。よろしくお願いします。


『夏祭り』(JITTERIN’JINN)、Natsumatsuri

『夏祭り』(JITTERIN'JINN)









【地声最低音】mid2C(C4) 

m2C[き]みの[か]みの[か]おりはじmid2G#[け]た(Aメロ)



【地声最高音】hiC(C5)  

★きmid2G#[み]hiA#[が][い][た]hiC[な]つは(サビ)
★とおいmid2G#[ゆ]hiA#[め][の]な]hiC[か][~]
★おmid2G#[ま]hiA#[[つりの]hiC[よ][る][は] (Aメロ)


 まず、『夏祭り』についてです。この楽曲は1990年にバンドのJITTERIN’JINN(ジッタリン・ジン)によりリリースされたシングル作品です。JITTERIN’JINNは当時は4人組のバンドで、現在は3人で活動されています。スカというジャンルを取り入れたスタイルでした。ギターのカッティングに特徴がよく表れています。『夏祭り』のほかには、『プレゼント』、『にちようび』などが非常に有名な楽曲だと思います。
 『夏祭り』は2000年にガールズバンドのWhiteberryがカバーして、こちらも非常にヒットしました。タイアップとして、TBS系ドラマ『ふしぎな話』の主題歌に起用されました。最近では、アニメ関連でのカバーも非常に多い印象です。

 『夏祭り』のサウンドについてです。先に述べたように、JITTERIN’JINNの特徴の一つはスカパンクの要素が非常に強い点です。夏祭りにもそうしたアレンジが見られます。短く刻まれるギターのカッティングが非常に心地よいです。また、4人バンドの音色が色濃く出ており、キーボードなどのアレンジは見られません。
 一方、2000年にカバーされたWhiteberryのバージョンは原曲のアレンジをある程度踏襲しつつも、キーボードの音色のキラキラ感が強調されています。この点は原曲とは大きく異なります。私の見方としてはバンドが好きな方は原曲が、ポップなアレンジが好きな方はWhiteberryのバージョンが好きなのではないかと思います。

 『夏祭り』はAメロとサビによるシンプルなメロディー構成です。また、メロディーラインがいわゆるヨナ抜きの音階になっています。つまり、キーを変えると、ピアノの黒鍵盤だけでメロディーが演奏できます。このメロディーラインが「日本の夏らしさ」を演出しています。


 『夏祭り』の歌詞についてです。夏祭りを舞台にした若い男女の恋愛がテーマになっています。何となく10代の頃を思わせる甘酸っぱい内容です。この楽曲が色褪せない理由の一つは共感しやすい歌詞にもあると思います(メロディーライン、楽曲の構成なども素晴らしいと思います)。

「ばぐれそうな人ごみの中 「はなれないで」出しかけた手を ポケットに入れて握りしめていた」
「君は好きな綿菓子買って ご機嫌だけど少し向こうに 友だち見つけて離れて歩いた」
「線香花火マッチをつけて 色んな事話したけれど 好きだって事が言えなかった」


といった歌詞にそうした点が象徴されます。好きな相手に対して、もう一歩踏み出せず、距離がなかなか縮められない主人公の姿が描かれます。こうした姿は多くの人の青春時代とオーバーラップするのかもしれません。
 



 さて、最後に『夏祭り』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】hiC(C5) でメロディーが構成されております。おおよそ一般的な女性の音域の範囲内といえます。

 まず、『夏祭り』の特徴的な点についてですが、音域がかなり狭いという点です。きっちり1オクターブでメロディーが作られています。故に、例えば、地声最高音のhiCが出にくいという人は、キーを下げて調整しやすい作品でもあります。「キーを下げると低音部が出にくい」といった心配も生じにくいです。普段歌い慣れていない人であれば、原曲より1~2程度下げて練習しても良いかもしれません。そういう機転が利きやすい楽曲で、練習曲としても非常に向いている作品といえます。
 
 『夏祭り』が今もなお多くの人に愛される楽曲である理由は、分かりやすいメロディーの構成や美しさ、詞の世界観といったことだけでなく、多くの人がチャレンジしやすい音域を持っているという点もあると思います。

 この『夏祭り』ですが、男性目線の歌詞でもあります。故に男性が歌ってもよいと思います。ただ、原曲キーで歌うのはかなり難しいです。一つの目安として、4~5程度キーを下げると良いと思います。地声最高音がmid2G辺りに設定されます。普段歌い慣れている人であれば、届きやすい音階です。高い声域の男性はもう少し上げても良いかもしれません。
 ちなみにこの夏祭りを原曲キーで歌える人はOfficial髭男dism辺りの曲もかなりクオリティーで歌いこなせると思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする