こんにちは。今回はMrs. GREEN APPEの『スターダム』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回はリリースから間もない分析になります。後々修正が入るかもしれません。



『スターダム』(Mrs. GREEN APPLE)、Stardom

『スターダム』(Mrs. GREEN APPLE)










【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[期]待をして 傷ついて 無くなるもんとわかってるならさ(冒頭)
★だんだんm1E[に]僕の身を離れる(Aメロ)
★正直ちょっと諦めたとこさ m1E[に]くめないのが難点さ(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで1回ずつ

★過ぎてはhiB[去っ]hiA#[てい]m2G#[く]けども(サビ)
★欠けていm2G#[く]hiB[が]hiA#[す]るんG#[だぁ][ぁ](ラストサビ前)

※楽曲全体で4回登場します。


【補足】mid2F#(一部略)hiA辺りの注意点

m2G#[は]hiA[な]G#[か]らいらない(冒頭)

★心配m2F#[ない]よ わm2G#[かっ]F#[て]るから(サビ)
★じかm2F#[ん]はm2G#[こ]F#[く]こくと  
hiA[着々じゃ無茶苦茶]m2F#[なっ]て(2番Bメロ)

★「大m2F#[丈]夫だよ」 その言葉が欲しくて(Cメロ)
★きよm2F#[う]m2G#[に]F#[な]るって 大事なものが
★自らのその手で人達が 荒れ狂うm2F#[波に]舵をとって(アウトロ)


 まず、『スターダム』についてです。この楽曲は、2020年7月に5人組ロックバンドMrs. GREEN APPEによりリリース予定のベストアルバム『5』に収録される見通しです。アルバムの発売に先立ち、ミセスの公式チャンネルでリリックビデオが公開されました。

 『スターダム』はアップテンポのバンド曲です。元々は、2014年にライブ会場限定の自主盤として発売されるなど、初期にリリースされていた作品でした。サウンドして、初期のころのロックバンド色が強いミセスの特徴が表れております。一方で、間奏などでキーボードが重要な仕事をするなど今のミセスとも繋がる部分も見られます。

 『スターダム』の音域的な特徴についてです。ミセスは高音域がエグいバンドの一つでもありますが、今回の『スターダム』は地声最高音hiBが楽曲全体で4回程度しか登場しません(高音の裏声も無いです)。音域自体もそこまで広くなく、キー調整の余地も多いです。ある程度難しめの難易度ではありますが、ミセスの作品としては手を付けやすいと思います。



 最後に、『スターダム』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで1回ずつ、曲全体で4回程度登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域より高いです。場合によっては、キーを下げることを選択肢に入れてください。

 一方で、ミセスの作品としては高音の裏声も登場せず、最高音の登場回数も少なめです。原曲キーの場合は、ある程度歌の得意な人向けの作品ですが、ミセスの作品としては狙い目なのではないかと思います。

 『スターダム』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整も行いやすいです。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを調整すれば歌いやすいところが見つかると思います。ただ、メロディーの上下が意外と激しい場面などあるので、歌い慣れていない人には難しい部分もあると思います。その点は留意しておいてください。

 『スターダム』はミセスの作品としては『アボイドノート』(過去記事)以上に狙い目なのではないかと私自身は考えております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

『Mrs. GREEN APPLE』の音域一覧(まとめ)