スポンサーリンク
カテゴリー

『春愁』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『春愁』()を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『春愁』(Mrs. GREEN APPLE)、ShunShuu(Mrs. GREEN APPLE)
『春愁』(Mrs. GREEN APPLE)









【地声最低音】mid1C(C3) ※重要度は低め

★世界は変わりゆくけど それだけm1C[で]いいや(1番サビ)
m1C[言]われずとも ちゃんと解っていた(2番Aメロ)

※m1Fなどで代替しても問題はない。低音はmid2A#中心。


【地声最高音】mid2G(G4)  ※登場回数はやや多め

★またきm2F[のうと同]m2G[今日]F[を]過ごした【Aメロ】

★明日が晴m2G[れ]m2F[る]なら それでいいや【サビ】
★あなたがわm2G[ら]m2F[う]なら なんでF[も]m2G[い][いや]

★春がm2F[息吹くさく]m2G[らの]F[は]なも舞いはせず【2番Bメロ】


【補足】mid2Fを含むフレーズ

★大きm2F[らい]だ 人が大嫌いだ【サビ頭】



 まず、『春愁』(しゅんしゅう)についてです。この楽曲は、2018年にリリースされたシングル『Love me, Love you』の3曲目に収録されているカップリング曲です。
 同曲はカップリング曲でありながら、サントリーの『クラフトボス』とのコラボでMVが制作されております。卒業時の心境ををテーマに制作された作品であり、公開されたMVは3200万回以上の再生回数を記録しています(2020年12月現在)。私自身はリクエスト受けて初めて知った曲ですが、再生回数の面では、他の人気曲に比類するような作品といえると思います。

 『春愁』は卒業がテーマになったゆったりめの楽曲です。カップリングということもあり、シングル曲ほどインパクトのある作品ではないですが、落ち着いた佳曲です。
 歌メロ音域の特徴についてですが、大よそ一般的な男性の音域の範囲内(歌い慣れた人)で作られております。ミセスの歌は、キーが高いものが非常に多いのですが、その中で『春愁』は極めて手を付けやすい作品であるといえます。もしミセスを歌いたいと思った際は、選択肢になりやすい楽曲の1つだと思います。 



 さて、『春愁』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。大よそ一般的な男性の音域の範囲内(歌い慣れた人)といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Cについてです。ここはあまりこだわらなくてよいです。低音部分はmid1Fなどに置き換えても違和感は少ないです。逆に、絶対に外せない低音部分はmid2A#辺りになります。

 一方、地声最高音mid2GはAメロやサビ後半で登場します。登場回数としてはやや多いです。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、人によってはキーを下げてもよいと思います。各々歌いやすいキーで歌唱してください。

 『春愁』は感覚的には、図で示す程に音域は広くないです。よって、キー調整の融通も利きやすいです。低音部分などにこだわりが無ければ、歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて歌唱することにも向いているといえます。個人的には練習曲としてもお奨めしたいミセスの作品です。

 私自身がこれまでミセスの曲を紹介する際は、「音域が広いため、歌える人を選ぶ」、「高音域が得意な人向け」などということが多かったです。ただ、今回の『春愁』はミセスの作品群でも比較的手を付けやすいです。カラオケで盛り上がる類の作品ではないですが、お奨めです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ミセス より:

    この曲は一応裏声最高音はmid2Fということになりますよね?

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    そうですね。重要度としては低いと考えたので
    今回はそこまで記載してません。

  3. バンド好き より:

    Mrs. GREEN APPLEのLionお願いします!