こんにちは。今回はヤバイTシャツ屋さんの『ハッピーウェディング前ソング』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、男女のボーカルにより構成されております。ただ、キー的には女性パートが飛びぬけて高いですので、そちらの記述が多くなると思います。


『ハッピーウェディング前ソング』(ヤバイTシャツ屋さん)、Happy Wedding Mae Song(Yabai T-shirts yasan) 

『ハッピーウェディング前ソング』(ヤバイTシャツ屋さん)[女]









『ハッピーウェディング前ソング』(ヤバイTシャツ屋さん)[男]










【地声最低音】mid1E(E3),mid2F#(F#4)  

m1E[あ]れ?なんかちょっといい感じやん?(Aメロ[男])
★ウチm2F#[が]取りhiC#[持っ]hiB[て]あげる!(Aメロ[女])

※この場面以外ではmid1F#が多く登場します
※女性パートのmid2F#は多く登場します


【地声最高音】mid2F#(F#4),hiG(G5)  ※ラストサビで転調(+1)

★それm2F#[ハッ]m2E[ピー]やん(通常サビ[男]
★m2E[役所]m2F#[に]届けよう

★後のことは責任hiG[取]hiF[ら]hiD[ん]F[け]hiG[ど](転調サビ[女]
hiG[きっと上]hiF[手]hiG[く]F[い]くよ 

※カラオケでは男性の最高音がmid2Gのところもあります(後述)
※ライブではこのhiG近辺のフレーズは裏声で歌唱されているようです

【補足】hiC#hiE辺りの注意点

hiC#[客観的にみてお似]hiD[合い]C#[やん?](Aメロ[女])
hiC#[あ]hiB[れ?]なんかちょっといい感B[じ]やん?
hiC#[う]hiB[ん]めいとかB[信じる]C#[タイ]D[プ]C#[や]ろ?
★六感で動いてみたらhiD[ええ]hiB[やん](Bメロ[女])

★お互いに沢山hiC#[あ]hiD[る]hiE[け]C#[れ]hiB[ど]ぉ(Cメロ[女])

★m2D[入籍してみたら]m2D#[ええ]D[やん](転調サビ[男])
hiD[入籍してみたら]hiD#[ええ]D[やん](転調サビ[女]) 
★なhiD#[んと]hiD[なく]hiC[そ][な]D#[気が]D[して]C[る]んだ


 まず、"ヤバイTシャツ屋さん"について少し説明します。ヤバイTシャツ屋さんは3人組のロックバンドです。2014年頃から本格的に活動を開始します。ジャンルとしては、エモ、ハードコアなどにあたります。一方で、歌詞などはどこかコミカルなものが多く、コミックバンドのような側面もあります。とりわけ歌詞が非常に特徴的で、一度聴いたら忘れられないようなものが多いです。今回取り上げる『ハッピーウェディング前ソング』もそのような類の楽曲です。
___

 さて、『ハッピーウェディング前ソング』についてです。この楽曲は、2017年にヤバイTシャツ屋さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Galaxy of the Tank-top』に収録されております。同曲は、ヤバTのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2020年7月現在、2800万回もの再生回数を記録しています。ヤバTの作品でもとりわけ人気の高い楽曲の1つです。

 『ハッピーウェディング前ソング』は「気の合いそうな2人に、付き合うことをすっ飛ばして結婚を薦める」という独特な歌詞内容になっております。そうした歌詞であることもあり、メロディーやサウンドも非常にアップテンポで元気のあるなものになっております。

 同曲の歌メロについてですが、男性と女性により歌唱されております。基本的には男女が1オクターブ異なるキーを歌唱しております。例えば、男性の歌う音階がmid2Dの時は、女性はhiDを歌唱します。
 歌メロの音域的な特徴については、"しばたありぼぼ"さんの女性パートが非常に高いです。アニメ声のような高い声色を出せる人は、そうした歌唱をしてみてもよいと思います。一般的な女性が普通に歌うのは非常にしんどいレンジです。






 さて、『ハッピーウェディング前ソング』の音域についてですが、男性については【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)で、女性については【地声最低音】mid2F#(F#4)~【地声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。男性については一般的なレンジです。女性についてはかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、男性については大よそ一般的なレンジにあたります。ただ、「キッス、キッス、入籍、入籍」などの部分など野太い声で歌唱されております。キー自体はそこまで高くないですが、しっかりコントロールされた歌唱が求められます。
 ちなみに、カラオケでは男性最高音についてはmid2Gと表記されているようです。ただ、楽曲内ではmid2Gは確認できません。転調前のサビmid2F#が最高音です。原曲とは違うアレンジになりますが、ラストの転調サビを女性と同じメロディーで歌唱する場合、mid2Gの音階が登場します。

 一方、女性パートについては、転調サビでhiGが登場します(転調前はhiF#が最高音)。ライブなどでは裏声で歌唱されているようです。
 女性パートは全体として非常に高いキーですが、目安としてhiD#辺りをしっかり歌えると安定してきます。アニメ声のような甲高い声色を作れる方は、そうした歌唱を試みてもよいと思います。ボーカルの司馬さんの声が可愛らしいアニメ声ですので、普通に歌うよりは原曲に近いニュアンスになりやすいです。

 『ハッピーウェディング前ソング』はそれぞれのパートの音域はそこまで広くありません。キー調整も比較的行いやすいと思います。女性パートが非常に高いですので、キーを少し下げてもよいです。

 一方で、同曲は「楽しく歌う」ということもより重要です。音程がズレも良いと思いますので、歌詞がしっかり聞き取れた方が楽しいと思います。