こんにちは。今回はヨルシカの『盗作』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。


『盗作』(ヨルシカ)、Tousaku(Yorushika)
『盗作』(ヨルシカ)









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

m1G#[お]とを聞くことは気持ちが良い(Aメロ)
m1G#[ま]え置きはいいから話そう。G#[あ]る時、思い付いたんだ。
m1G#[あ]いつも馬鹿だ。[こ]いつも馬鹿だ。(2番Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※曲全体で1回

m2G#[ずっ]G#[足りないものがわから]hiC#地[な]hiA#[い](ラストサビ)


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※曲全体で1回

hiC#[夜は本当に綺麗だ]hiD#[ろう]hiC[か]C#[ら](Cメロ)



【補足】mid2G#hiC#の注意点

m2G#[嗚呼、ま]G#[足り]hiA#[ない]。 (サビ)
m2G#[何]G#[とつも満たさ]hiA#[れ]ない。

★名作をぬhiC#裏[すん]hiC[だ]hiA#[も][だ]からさぁ!(2番Aメロ)

hiA#[そう]m2G#[だ。] A#[何一つもなくなっ]G#[て](Cメロ)


 まず、『盗作』についてです。この楽曲は、2020年7月に2人組音楽ユニット・ヨルシカによりリリースされる予定のアルバム『盗作』に収録されております。表題曲になります。本作は、「音を盗むこと」を一つのテーマとしてアルバム曲が製作されており、『盗作』もそれに沿った内容になっております。

 『盗作』はミディアムテンポのバンドナンバーです。リードギターが非常に心地よいです。 歌メロについては、AメロサビCメロといった形で作れられております。
 
 『盗作』の音域的な特徴についてですが、 女性ボーカルの曲としては、高音域の歌メロが比較的低めに作られております。一部、裏声のhiD#、地声のhiC#も登場しますが、回数としては少なめです。私なりのイメージですが、ヨルシカの作品は歌い慣れていない人にも薦めやすいものが多いです(キー調整が必要な作品もあります)。 




 さて、『盗作』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#については、ラストのサビで1回登場します。ラストの盛り上がりの部分ですので、できれば地声で発声することを目標としたいです。声が低い人や、歌い慣れない人は裏声でもよいと思います。

 さて、ボーカルのsuis(スイ)さんについてですが、裏声が奇麗であり、地声と裏声の区別が付きにくい場面もあります。裏声で歌唱する際は、そうした視点も一つの目標としてもよいと思います。「息漏れの少ない裏声」で歌唱されております。

 『盗作』は低音部分に少し余裕があり、キー調整は可能です。高音域が歌いにくい人などは、少しだけキーを下げてもよいと思います。ただ、キーを下げすぎると、低音部分が歌いにくくなる可能性もあります。ヨルシカの他の作品には、もっと音域が狭いものもありますので、興味を持たれた方は、他の曲も探してみるとよいかもしれません。