こんにちは。今回は秦基博の『Halation』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Halation』(秦基博)、Halation(Motohiro Hata)
『Halation』(秦基博)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★心拍数は m1C#[は]るか雲まで越えてゆく
m1D[お]願いだ もうちょっと

※最低音はm1D,m1Eなどに置き換えても、違和感は少ないです


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで頻出

m2G[駈]m2F#[けてく]G[ひ]hiA[か][り][の]G[か](サビ)
m2G[そ]m2F#[ら]G[の]hiA[果]G[て]まで
★未完成hiA[の]m2G[ぉまま]

hiA[ま]m2G[だ] 未完成hiA[の]m2G[ぉまま](2番サビ)
★わhiA[すれ]m2G[ない](Cメロ)

【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで1回のみ

m2F#[この熱さだけ]hiA[は]hiC裏[きっ]hiB[とぉぉ]A[ぉ](Cメロ)


【補足】mid2E(一部のみ)hiB辺りの注意点

★探しm2E[て]た鍵を 今 見つけた (Aメロ冒頭)
★あと ひとかけらでm2E[そ]ろいE[そ]うなんだ’(Bメロ)

★つかm2F#[め]m2G[ない](サビ) 
★だってぼhiB裏[く]m2G[ら]hiA[ずっ]m2G[と]

m2G[泣き声]m2F#[のよ]m2E[うな]サイE[レン](Cメロ) 
m2F#[陽]m2G[射し]F#[吸い込むダ]イヤンド


 まず、『Halation』(ハレーション)についてです。この楽曲は、2009年に男性シンガーソングライターの秦基博さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Documentary』や、ベストアルバムにも収録されております。
 『Halation』はテレビ朝日の『全国高校野球選手権大会中継』、スポーツ番組『熱闘甲子園』のために書き下ろされた作品です。この枠は、最近ではロックバンドOfficial髭男dismの『宿命』(過去記事)なども起用されております。

 『Halation』はミディアムテンポのポップナンバーです。高校野球のテーマソングでありますが、ストリングスなども用いられており、全体として切なさが強調されております。歌メロについては、サビが非常に伸びやかであり、心地よいです。
 同曲は、少し前に東海オンエアのとしみつさんがカバーしておりました。興味を持たれた方はそちらも視聴してみてもよいと思います。

 


 さて、『Halation』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#についてですが、ここはあまりこだわらなくても良いかもしれません。一つの目安程度に考えてください。

 一方、地声最高音hiAはサビで多く登場します。登場回数が多めなので、意外としんどいですが、歌いこなせると非常に気持ちよいと思います。一般的な男性の場合はキーを下げた方が歌唱しやすいです。

 『Halation』は低音部分に少し余裕があり、キーを下げることが可能であります。ただ、キーを調整するにしてもある程度歌い慣れておく必要があり、歌い慣れていない人向けの曲ではないです。

 秦基博さんの作品では、以前取り上げた『Rain』(過去記事)が手を付けやすいと思います。こちらはmid1C#~mid2E(フェイクでmid2F#)辺りで歌メロディーが構成されております。

 今回取り上げた『Halation』ですが、サビのメロディーが心地よく、私自身歌ってみたいと感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。