カテゴリー

『ひまわりの約束』(秦基博)の音域と感想【MVが公開されました】

(2019/04/08)初投稿
(2020/04/12)MVが公開されましたので、添付しました。

 こんにちは。今回は秦基博さんの『ひまわりの約束』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『ひまわりの約束』(秦基博)、Himawari no Yakusoku(Motohiro Hata) 

【地声最低音】   mid1D#(D#3)  

m1D#[わ]らっていてほしくて(サビ)

※mid1F辺りで代用しても違和感は少ない。落としても目立たない

【地声最高音】  hiA#(A#4)  ※曲全体で3箇所

★こhiA#[れ]mid2F[か]らは僕もとmid2G[ど]けていきたい



【裏声最高音】   hiA#(A#4) ※Aメロ

★辛[い]hiA[の]m2G[か]m2F[どっ]ちかわからなくなるよ


【補足】つまずきやすいmid2Fmid2G箇所

★ガラクタ2F[だっ]G[た]F[はず]G[の]F[今]日が 
★二人なら宝もF[の]になる
★2F[そ]ばにい2F[た]2G[い]F[よ]
★君のためにでき2F[る]ことが 僕にあるG[か]F[な]

『ひまわりの約束』(秦基博)











 まず、『ひまわりの約束』についてです。この楽曲は2014年にシンガーソングライターの秦基博さんによってリリースされたシングル曲です。この楽曲は、東宝系CGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌として書き下ろされたナンバーです。編曲は秦基博さんと皆川真人さんにより行われております。
 同曲はリリース以降ロングヒットを続け、2016年には配信でのミリオンヒットを記録しました。秦基博さんの最大ヒット曲であり、代名詞的な作品の一つと言えるでしょう。

 『ひまわりの約束』のサウンドとしては、アコースティックギターを基調としたメロディーラインの美しい作品です。サビではストリングスが加わり、楽曲を一層盛り上げます。メロディーラインではシンコペーションが多用されており、ゆったりと楽曲でありながら、どこか躍動感のようなものを感じさせます。
 音域で特徴的な点は、最高音がAメロで登場する点であると思います。裏声ですが、早い段階で登場します。

 次に歌詞についてです。ドラえもん映画の主題歌ということもあり、のび太目線で二人の絆が描かれているように感じます。全体的に非常に分かりやすい内容だと思います。共感的な歌詞です。

 個人的に好きなフレーズは「 ガラクタだったはずの今日が ふたりなら 宝物になる」です。個人的には一人で物事を楽しめるタイプなのですが、その中で仲間が出来ると、より一層輝きを増すという体験を私自身もしてきました。例えば、友人と二人で同じことをしていても、相手は全く違う視点を持ったり、アプローチを試みたりします。そうした各々の違いが世界の広がりや様々な価値観などを感じさせるのです。





さて、『ひまわりの約束』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4) 、【裏声最高音】 hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。地声最高音の部分がhiA#ですので、ある程度歌い慣れた人でもこの部分は発声しにくいという可能性があります。

 地声のhiA#対策としては一つは裏声で歌うことだと思います。この方法だと、原曲と少しニュアンスが変わってきますが、違和感は大きくないと思います。

 一方で、意外と地声hiA#が届く可能性もあると私は考えております。理由は2つあります。1つは、該当箇所が「こhiA#[れ]からは僕も」とフレーズのほぼ初めに登場することです。2つめは、hiA#を除けば、他の箇所はキーがそれほど高くないことです。ある程度歌い慣れた段階で、呼吸を上手く乗せることが出来れば、地声でもhiA#に届きうると思います。

 一方で、このケースとは全く逆に、①メロディー全体で高音域が頻出する②フレーズの後半で最高音部が登場する③ロングトーンである、などの場合だと、発声の難易度が上がります。例えば、mid2Gという音階でも、瞬間的に登場する場合と、ロングトーンで登場する場合は難易度が大きく変わります。

 具体的な楽曲で例にとると、スピッツの『楓』は『ひまわりの約束』と最高音は同じですが、難易度は『楓』の方が高いです。

 
 さて、ここまで、hiA#箇所について説明してきましたが、最も重要なことはmid2F,mid2Gといった音階を確実に発声することです。ある程度歌い慣れてくると、こなせる音階ですので、練習を重ねてください。hiA#箇所がぎこちなくても他が上手く歌えているならば、非常に完成度が高いです。上記の点でいうと、【補足】の部分を重点的に頑張ってください。歌い慣れないうちはキーを下げても良いと思います。

 ちなみに女性が歌う場合は、声が低い人や歌い慣れていない人の場合は原曲キーでも大丈夫だと思います。高い音域が得意な人はキーを少し上げると、非常に映えると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かたおか より:

    秦基博さん、知名度の割に取り上げられている楽曲がやや少ないと思うので、「Girl」をリクエストさせて頂いてもよろしいでしょうか。よろしくお願いします。