こんにちは。今回は[ALEXANDROS]の『ムーンソング』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。月の美しい季節ということで、この時期に取り上げてみました。


『ムーンソング』([ALEXANDROS])、Moon Song
『ムーンソング』([ALEXANDROS])










【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★夜を纏いながら 引き裂きながm1D#[ら](Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※2番とラストのサビ

★ぼm2G#[く]m2G[は]どれくらいhiC[の]G[こ]G#[るの](サビ)

※曲全体で3回

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビの目立つ部分

★It was hiA#[so] hiC[bri]ght, hiD#~hiC#~hiC~hiA#[hi][ii]i[ii][iigh

※カタカナ表記すると【hiD#[ハ]hiC#[ァ]hiC[ァ]hiA#[ァイ]】です


【補足】mid2GhiC辺りの注意点

★眩m2G#[し]m2G[かっ]たあの時代を(2番Aメロ)
★胸m2G#[の]m2G[奥]底いhiC裏[た]G[む]G#[よ]

m2G#[きみ]m2G[が]いなくなった世界で (2番・ラストサビ)
hiC裏[ラ]m2G#[ラ]G#[ラ]、ラララ ラm1D#[ラ]ラ(ラスト)


 まず、『ムーンソング』についてです。この楽曲は、2016年にロックバンド[ALEXANDROS](アレキサンドロス)によりリリースされたアルバム『EXIST!』(イグジスト!)に収録されております。アルバムの1曲目にあたり、MVも制作されております。アルバムのリリース後にドロスのYouTube公式チャンネルで公開されたMVは、2020年9月現在、1000万回ほどの再生回数を記録しています。アルバム曲としては最も多い再生回数であります。ドロスの作品としても高い人気であると思います。

 『ムーンソング』はピアノが取り入れられたアップテンポのバンドナンバーです。普段のドロスと比べて、歌メロやサウンドの美しさが強調されています。少しニュアンスは違いますが、私はどことなく英国バンドColdplayやMuseなどを想起させられました。
 歌メロについては、1番はAメロとサビが中心となっており、2番にBメロやサビBのようなメロが付け加えられます。歌詞には一部英語詞があり、テンポが非常に速いです。もしかしたら、その英語詞の部分が一番難しいと感じる方も多いかもしれません。
 


 さて、『ムーンソング』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてですが、2番サビ・ラストサビで登場し、計3回です。この辺りは一般的な男性の音域よりも高めです。場合によってはキーを下げても良いと思います。
 一方で、このhiC場面を除くと、地声の高音域はmid2G#になります。他の部分は滅茶苦茶には高くないですので、頑張ってhiC箇所を練習してみるのも良いと思います(キーを調整でhiB,hiA#にして、練習しても良い)。普段、hiB,hiCといった高音階が発声し辛い人でも、この『ムーンソング』は意外と発生しやすいイメージです。

 『ムーンソング』は音域自体は広めですが、低音部分に余裕があり、キー調整は可能であります。歌い慣れた人であれば、合いやすいレンジが見つかりやすいと思います。
 一方で、先に述べたように一部高いhiCの場面がありますので、キー調整したとしても一部分が初心者のハードルになりやすいです。その点は留意しておいてください。

 『ムーンソング』には一部で英語詞が登場します。とりわけ【And all the things I've done are slowly changing the way from the theory 】に代表される2番、3番Bメロはテンポが速く難しいです。その点はしっかり練習しておいた方がよいと思います(私自身はいつも引っ掛かるところです)。
 
 『ムーンソング』は一部難しい部分もありますが、『ワタリドリ』(過去記事)『starrrrrrr』(過去記事)などの代表曲と比べると、かなり手を付けやすいです。「ドロスが歌いたいけど、ワタリドリは少し難しい」といった方はこの曲も候補に入れてみてください。