J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『The hole』(King Gnu)の音域と感想

こんにちは。今回はKing Gnuの『The hole』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『The hole』(King Gnu)


【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※楽曲全体で1回

★僕らはそのくらいもm1D#[ろ]く不確かで(Cメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後サビ等の楽曲後半

★かすかなひかmid2F[り]mid2F#[を~~] hiA[oh~] hiB[oh][oh~] (Cメロ)
hiB[す]hiA[べ]mid2F#[て]mid2G#[し][ぶきを]hiB[あ]hiA[げ][て] (ラストサビ)



【裏声最高音】hiD(D5) ※転調後中心

mid2F#[掻]hiC#[き]hiD[あ][つ]hiD{め][て](Cメロ)
mid2F#[あなた]mid2G#[に降]hiA[り注]hiB裏[ぐ]hiC#[の]hiD[な][ら](ラストサビ)
[ぼ][く]hiA[がきず]hiB[ぐ]hiC#[ち]hiD[に][な]hiD[る][よ]


【補足】Cメロ途中から、転調でキーが1つ上がります

★このせmid2G#[かい]hiA[の] 希望も絶[望][も] (ラストサビ)


『The hole』(King Gnu)










 まず、『The hole』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』(シンパ)に収録されているナンバーです。アルバムのフィナーレを飾るバラード作品で、13曲中12曲目に収録されています。
 『The hole』はKing GnuのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年8月現在、約680万回もの再生回数を記録しています。動画の公開が2019年5月ですので、短い期間で再生回数が伸びている人気の高い作品だと言えます。

 『The hole』のサウンドについてです。ピアノやストリングスを交えたバラード作品です。J-POPのバラードを意識して制作された作品だそうですが、ストリングスや歌メロディーの構成などはまさにJ-POPらしさが意識されていると思います。メロディー構成はAメロBメロサビ、Cメロを経て最後に転調のサビが展開されます(正確にはCメロの途中で転調がなされます)。

 一方で、メロディーそのものの特徴はやはりKing Gnuらしいドロドロ感や不安定さが演出されています。以前レビューした『Prayer X』でも取り上げましたが、この『The hole』でも楽曲の要所で半音の旋律が多く見られます。
 私自身はブログで「King Gnuを取り上げにくいなぁ」と感じる瞬間があるのですが、一つの理由がメロディーが半音移動する場面が多い点にあります。高音域部分の詳細が上述されています(mid2F#[あなた]mid2G#[に降]hiA[り注]hiB裏[ぐ]hiC#[の]hiD[な][ら]等)。その音階を色分けする際に、半音の移動が多いミュージシャンは必要となる着色も多いため、記述が少しゴチャゴチャしてしまします。
 やや愚痴のようになりましたが、こうした点こそが、King Gnuのメロディーの特徴の一つであります。J-POPらしさを考えて作った作品でありながら、全体として不安定さに満ち溢れたメロディーラインです。

 『The hole』はMr.Children、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、椎名林檎、RADWIMPSなどの楽曲を参考に作った作品だと言われていますが、参考にした点の一つは「転調な」のではないかと思います。ミスチルは特にイメージが強いですが、この『The hole』でも転調が行われています。ただ、ちゃんと聞いていないと、音楽の知識が少ない方は気付かないのではないかと思います。そうした点も含めて、非常に計算されて作られています。




 最後に『The hole』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiB(B4) 、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiBについてです。『The hole』はCメロの後半で転調し、キーが1つ上がります。大体この辺りからhiBが登場します。hiBはある程度歌い慣れた男性であっても声が出ないことがあります。そうしたことから、原曲キーの場合は、歌う人を選ぶ楽曲です。

 このhiB部分を裏声で発声する方法も考えられますが、他にhiDの場面などで裏声が使われているので、サビのメリハリを付けるためにも、出来れば地声で歌いたいところです。

 一般的な音域の男性の場合は、キーを下げるのが無難だと思います。原曲キーから3程度下げると、かなり歌いやすくなると思います。その場合は、hiBの音階がmid2G#に設定されます。

 また、低音部を男性が歌い、高音部を女性が歌うというスタイルもありかもしれません。『The hole』では井口理さんがソロで歌われていますが、King Gnuの他の曲のように、高音部と低音部でボーカルを分けるのです。そうした試みも面白い選択肢なのではないかと思います。



『青い車』(スピッツ)の音域と感想

こんにちは。今回はスピッツの『青い車』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『青い車』(スピッツ)、Aoi Kuruma(Spitz)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Cメロで登場



【地声最高音】hiB(B4)  ※サビで登場

hiA[い]mid2G#[ま] mid2F#[変][わ][ーっ]hiB[て][い][く]hiA[ーよ](サビ)


【補足】mid2F#hiAの注意箇所

★君のmid2F#[青い車で海へ行]mid2G#[こう] (サビ)
★おmid2G#[いてきた何かを見]mid2F#に]G#[行]hiA[こう]
hiA[し]2G#[お]mid2F#[の]においがしみこんmid1F#[だ](Cメロ) ※最低音箇所

『青い車』(スピッツ)









 まず、『青い車』についてです。この楽曲は1994年にスピッツによりリリースされたシングル作品です。大体、この頃からスピッツが世間から注目され始めます。その後、リリースされたアルバム『空の飛び方』にも収録されました。編曲はスピッツと土方隆行さんによりなされました。土方さんはギタリストとしても活躍されています。
 『青い車』はスピッツのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されており、2019年8月現在、約500万回もの再生回数を記録しています。シングルコレクションなどにも収録されているため、比較的知名度の高い楽曲であると思います。

 青い車のサウンドについてです。夏らしい疾走感のあるギターロックです。イントロの象徴的なギターストロークはボーカルの草野マサムネさんが演奏しています。一方、ギタリストの三輪テツヤさんは、アルペジオを中心とした爽やかなギターサウンドを奏でます。このギターの音色もスピッツらしさの一つと言えると思います。ベースも縦横無尽に音色を奏でており、非常に耳に残ります。元々、B面として収録される予定でしたが、疾走感のあるアレンジで完成度が高まったために、A面に繰り上がりました。今聴いても色褪せない夏らしいアレンジだと思います。

 歌メロについてはAメロとサビとCメロで構成されています。非常にシンプルです。一方で、サビのキーは高めです。このキーを歌いながら、象徴的なギターストロークを演奏する草野さんは非常に大変だと思います。

 歌詞についてです。非常に賛否両論ある歌詞だと思いますが、個人的には非常に好きです。否として挙げられる点が、サビの「輪廻の果てへ飛び下りよう 終わりなき夢に落ちて行こう」だと思います。「君の青い車で海へいこう」からこのフレーズに続くため、身投げや無理心中などを想起させると言われています。個人的にはこのフレーズが無ければ、自動車会社のCMソングとしてタイアップが付いてもおかしくない爽やかな楽曲だと思います。
 スピッツの歌詞は爽やかなラブソングだと言われることが多いですが、一方で作詞者の草野マサムネさんは歌詞のテーマとしてバンド結成当初は「性と死」を掲げていました(「生と死」ではありません)。シングル曲の多くではこれらの描写が薄められていますが、この『青い車』では死の部分がとりわけ色濃く描き出されています。
 仏教的には「輪廻の果て」というのは「苦しみからの解放」を意味するそうです。しかし、私達一般人には「輪廻」と聞くと、「現世の終わり」すなわち「死」を連想してしまします。スピッツの歌詞は、爽やかさの中に陰が垣間見えるのが特徴の一つだと言えます。
  
 


 最後に、『青い車』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音のhiBです。私は高音部の対処法として「裏声」を挙げることが多いです。しかし、『青い車』のアレンジなどを考えると、裏声で歌うのは難しいと思います。疾走感のあるギターサウンドでボーカルが爽やかでクリアなハイトーンであるため、裏声だとニュアンスが崩れてしまいます。また、高音部の位置などを考えると、このhiBの箇所だけ裏声で歌うのも非常に難しいです。故に、「裏声で対処する」という方法は今回は使えません。

 一般的な音域の男性の場合は、素直にキーを下げるのが吉だと思います。原曲キーから3程度下げると歌いやすくなると思います。この場合だと、最高音がmid2G#に設定されます。

 スピッツの楽曲は音域自体は広いわけではないので、キー調整がしやすく、歌の練習にも使いやすいです。最近はキーを下げるアプリなどもあるようなので試してみると良いかもしれません。
 ちなみに、普段歌い慣れていない人は原曲-3の音階であっても高音部がスムーズに発声できないと思います。その際は思い切って、もっとキーを下げても良いと思います。スピッツは男性の音域と比べると低音部に大きく余裕があるので、キーを思い切り下げても大丈夫な楽曲が多いです。

 逆に、『青い車』は女性の方が歌いやすいキーかもしれません。一般的な音域の女性の場合は、やや低音部がキツイと思いますので、少しキーを上げると良いと思います。歌詞内容的にもスピッツの楽曲は性差を限定しないので、女性でも歌いやすい楽曲だと思います。



『ドラえもん』(星野源)の音域と感想

(2019/08/03)初投稿
(2019/10/05)一部加筆※1)

 こんにちは。今回は星野源さんの『ドラえもん』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。星野源を取り上げるのは当ブログでは今回が初めてです。なお、当ブログでは今回はライブ版の公式動画を添付いたします。


『ドラえもん』(星野源)、Doraemon(Gen Hoshino)


【地声最低音】mid1B(B2)  

m1B[だ]から ここにおいでよ一緒に冒険しよう 


【地声最高音】mid2F(F4)  ※転調後(+1)のサビで1回のみ

★なmid2E[に]mid2F[も]のでもなくても 世界を救おう(ラストサビ)



【補足】mid2Eの注意箇所

★機械だって 涙をmid2E[な]がして
★君mid2E[が]遺したもの 探し続けること

『ドラえもん』(星野源)









 まず、『ドラえもん』についてです。この楽曲は2018年にシンガーソングライターの星野源さんによりリリースされたシングル作品です。詞曲のみならず、編曲も星野源さんによりなされています。同シングルは同じ年にリリースされたアルバム『POP VIRUS』には収録されておりません。よって、現在、フィジカルでのリリースはシングル作品のみということになります。
 この楽曲はタイトルにあるように、映画『ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として書き下ろされたものであります。また、挿入歌として、『ここにいないあなたへ』も提供されています。こうしたタイアップもあってか、星野源さんのYouTube公式チャンネルで公開されたMVは2019年8月現在、およそ5000万回もの再生回数を記録しています。
 ※1)2019年10月より、星野源さんの『ドラえもん』が本編アニメのオープニングテーマ曲として使用されることになったようです。「ドドドドドドドドドドラえもん」のフレーズがお茶の間にも流れると思うと、感慨深いものがあります。


 さて、『ドラえもん』のサウンドについてです。ドラえもんの主題歌ということもあり、イントロや間奏などでドラえもんを報復とさせるアレンジ、サンプリングがなされています。例えば、2番終了後に流れる間奏はドラえもんのテーマ曲である『ぼくドラえもん』から引用されています。同曲は1990年代~00年代初頭にもエンディング曲として使用されており、作曲は菊池俊輔さんにより行われております。菊池さんは過去の『ドラえもんシリーズ』、また『ドラゴンボール』などの音楽でも有名ですが、それだけでなく映画音楽、ドラマ音楽、アニメ音楽など幅広く活躍されている超大御所の作曲家です。

 『ドラえもん』のサウンドについてですが、個人的には2番のギターのフレーズが特に非常に好きです。また、Bメロで楽曲を盛り上げていくストリングス、ドラムスも非常に耳に残ります。
 歌メロディーについては、サビの「どどどどどドラえもん」というフレーズは非常に拡散性があり、耳に残ります。ちなみに、「どどどどど」の部分は楽曲の中では「ミ」(mid1E)、転調後は「ファ」(mid1F)の音があてられています。 
 
 『ドラえもん』の歌詞についてです。ドラえもんの主題歌ということもあり、ドラえもんや主要キャラクターを想起させるフレーズが散りばめられいます。個人的には「君をつくるよどどどどどドラえもん」というフレーズが好きです。
 以前、同人作品として「野比のび太君が故障して動かなくなったドラえもんを直すべく、開発者となる」といった内容が話題になりました。ニュース番組などでも取り上げられたと記憶しています。「きみをつくるよ」というフレーズを見て、私には、懸命に努力するのび太の姿が思い起こされました。
 のび太のみならず、ドラえもんのような二足歩行で人間と分け隔てなく振る舞えるロボットは世界中の研究者にとっての夢でもあると思います。



 さて、最後に『ドラえもん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】mid2F(F4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。以下、詳細に見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Bについてです。この音階はサビの冒頭で登場しますが、意外と低いです。ただ、mid1D#などで置き換えても違和感は少ないと思います(ただカラオケでは減点されると思いますが)。故に、カラオケで満点を目指すといった特別の目的でもない限りは、意識しなくてもよいと思います。

 地声最高音のmid2Fについてですが、転調後のサビに登場します。『ドラえもん』ではラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。そこで、このmid2Fが登場します。逆に言えば、2番のサビまでではmid2Eが最高音になります。

 こうしたことを考えると、『ドラえもん』はあまり歌い慣れていない人であっても歌いやすい音域であると言えると思います。とはいえ、練習しておくに越したことはありません。mid2Fなどは歌い慣れていない場合はスムーズな発声が損なわれやすいです。音程やリズムが外れてしまったりしないためにも、やはりある程度は練習しておくのが吉です。音域的には『ドラえもん』は努力が報われやすい楽曲です。

 『ドラえもん』を歌う際、高音域が得意な男性の場合は、逆にキーが低すぎるかもしれません。その際はキー調整をしてください。
 また、女性が歌唱するときは、一つの目安として、原曲から6つ上げると、サビがhiA#,hiB辺りに設定されます。これを基準に上下させてください。

 キーを調整する際は、「自分が大体どの音階が得意であるかを把握しておく」と便利です。慣れないうちは、「自分がどの歌が得意である」とか「どのミュージシャンのキーなら合いやすい」といった基準で把握しておいてもよいと思います。歌を歌うときは、高い音階に目が行きがちになりますが、「どのキーが得意か」といった視点の方がむしろ大切かもしれません。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー