こんにちは。今回はGRANRODEOの『Can Do』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 GRANRODEOは、当ブログでは以前に、セツナの愛を取り上げて以来、2回目の登場になります。


『Can Do』(GRANRODEO)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★弱さをウリにしたって前になんか進めやしないんだm1E[ぜ]


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで登場

★叫hiC#[ぶん]hiB[だ] 俺のC#[番]B[だ] Can you m2G#[do] m2F#[it?]



【補足】mid2F#hiB辺りの注意箇所

★強がる弱い自分を認められるm2F#[つ]m2G#[よ]F#[さ]を(Bメロ)
★始めhiB[る]んだ やれるB[モン]
m2F#[そ][か][前][向][ちゃって] 
m2F#[歩け] [走れ] 何度でF#[も]

m2F#~m2G#[調ハズだっ]て(サビ)
m2F#[それ]m2G#[が]hiA[どうし][たん]F#[だっ]G#[て]
m2F#[怖]m2G#[く][なん][か]hiA[なく]hiB[なっ]G#[てん]F#[ぜ]
★今日が我m2F#[が]m2G#[身]hiA[だ]
★ I can m2G#[do] m2F#[it] You can m2G#[do] hiA=G#[it]

★汗m2F#[ま]みれにF#[なっ]て 全F#[身]m2G#[全]F#[霊](Cメロ)
★そうさ No m2F#[sur-]m2G#[-ren-]hiA[-der]

『Can Do』(GRANRODEO)









 まず、『Can Do』(キャン・ドゥ)についてです。この楽曲は、2012年に2組ロックユニットGRANRODEOによりリリースされたシングル作品です。アルバム『CRACK STAR FLASH』、またベストアルバムなどにも収録されています。
 『Can Do』は、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画(藤巻忠俊作)を原作とするテレビアニメ『黒子のバスケ』のオープニングテーマとしてタイアップが付きました。ボーカルを務める谷山紀章さんも、アニメでは氷室辰也役として出演しております。余談ですが、本日(1月31日)は主人公である黒子 テツヤの誕生日だそうです。タイミングを狙っていたわけでは無いですが、偶然にも記事の公開日と主人公の誕生日が重なりました。

 さて、『Can Do』は直球ロックナンバーです。アニメの主題歌ということもあり、AメロBメロサビと楽曲が盛り上がっていき、それに伴い、歌メロの音域も上がっていきます。Cメロについてはサビのメロディーが少し変形したような形になっております。この辺りも特徴的な点の一つです。ちなみに、同曲ではLUNA SEAの真矢さんがドラムを担当しているそうです。
  
 『Can Do』の音域的な特徴についてです。高音域はhiC#,hiBなど一般的な男性にとって高い音階が登場しますが、低音部分については少し余裕があります。高音域が苦手な方はキーを下げて歌唱するということも選択肢になります。




 さて、『Can Do』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで登場します。また、その近辺にはhiB等の音階も登場し、一般的な男性の音域より高いレンジでサビメロが歌われます。
 普通の男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが有力な選択肢の一つになります。例えば、原曲キーから4つ程度下げて、地声最高音をhiAあたりに設定するとより歌いやすくなると思います。hiAというと一般的な男性にとっては少し高い音階ですが、ちょっと苦しいくらいのキーの方が原曲のニュアンスが表現しやすいのではないかと思います。高音域が得意な方は原曲に近いキーで歌唱しても大丈夫です。
 
 『Can Do』は低音部に余裕があるため、キーの調整は比較的行いやすいです。ただ、キーを下げたからと言って、原曲のような歌唱が出来るわけではありません。『Can Do』では谷山さんの独特な抑揚や、早回しの歌メロディーなども登場するため、しっかり練習しておく必要があります。その点は留意しておいてください。
 例えば、同曲のAメロについては、mid2Eが最高音であり決してキーは高くありません。しかし、このAメロをカッコよく歌いこなすにしても、やはりしっかり歌い慣れておく必要があります。私自身はサビもですが、AメロBメロが非常に良いと感じました。