スポンサーリンク
カテゴリー

『Tomorrow never knows』(Mr.Children)の音域と感想

(2020/04/07)MVを添付しました。

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『Tomorrow never knows』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、Mr.Childrenの公式チャンネルでは、MVではなくライブ版の動画が公開されています。よって、当ブログにおいても『Tomorrow never knows』ライブ版の動画を添付します。

『Tomorrow never knows』(Mr.Children)


【地声最低音】mid1F(F3) 

mid1F[分]かり合[え]た友の愛した女(ひと)mid2F[で]さえも


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビは転調で+2

hiB[oh]mid2G[oh] 手を伸ばそmid2F#[う](転調後サビ)
mid2F#[だ]mid2G[れ]hiA[か][た]hiA[め]hiB[に][生き][み][た]って


【補足】その他の注意点(mid2FhiA

★とどまる事を知らない時間の中で mid2F[い]くつもの(Aメロ)
★無邪気mid2F[に]人を裏[切]れる程mid2G[何もか][も]を欲しがっていた(Bメロ)
★この長い旅路(たmid2F[び]じ)のどこかで(Cメロ)
mid2F#[果]mid2G[て]hiA[し]hiA[い や][み][の][こ]うに(転調後サビ)
★誰も知るこmid2G[と]mid2F#[のな]い明日へ

『Tomorrow never knows』(Mr.Children)










 まず、『Tomorrow never knows』についてです。この楽曲は1994年にMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。フジテレビ系ドラマ『若者のすべて』主題歌としてのタイアップが付き、270万枚を超える大ヒットを記録しました。Mr.Childrenの代表曲として、この『Tomorrow never knows』が上がることはあまり無いイメージですが、ミスチルの最大のヒットシングル曲になります。
 ちなみに英国の伝説的ロックバンドのザ・ビートルズにも同じ名前の曲がありますが、サイケデリックロック、電子音楽、インド音楽などのアレンジで、ミスチルのそれとは大きく異なります。気になった方はそちらも視聴してみると良いかもしれません。

The Beatles Tomorrow Never Knows


 『Tomorrow never knows』のサウンドについてです。この楽曲ではやはりイントロのピアノが印象的です。恐らく小林武史さんの発案だと思います。ミスチルのサウンドにおける小林武史さんの貢献は、初期の作品やドラマのタイアップ作品などでは特に大きいと思います。
 イントロのピアノなども好きなのですが、個人的にはAメロ、Bメロで流れるエレキギターのクリーンな音色が特に耳に残ります(1番で顕著)。『Tomorrow never knows』は楽曲の展開がドラマティックでありますので、そうした側面でのエレキギターの貢献はあまり大きくありませんが、単純に音色が非常に美しいです。
 また、歌メロディーについては、ラストのサビで転調し、キーが2つ上がります。ドラマの主題歌ということもありますが、非常にドラマティックな展開です。楽曲全体が非常に美しいメロディーで、作曲を担当する櫻井和寿さんのソングライティングの高さがうかがえます。






 さて、最後に『Tomorrow never knows』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiB(B4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、『Tomorrow never knows』は最後のサビで転調が行われ、キーが通常のサビよりも2つ上がります。地声最高音のhiBはこのラストサビの場面で登場します。ラストのサビは一般的な男性の場合、かなりしんどい音域です。このhiBは裏声でも良いかもしれませんが、原曲のニュアンスとはかなり変わってしまうように感じます。

 ゆえに、高音部分が高いと感じられる場合は、やはり無難にキーを下げる方が一般的です。一般的な男性の場合は、大体原曲よりも3つ程度下げると良いと思います。最高音がhiBからmid2G#に変わります。
 ミスチルの楽曲は音域が広いものが多いイメージですが、この『Tomorrow never knows』に関しては音域がそこまで広いわけではありません。よって、キーを下げても低音部がキツイといったことが起こりにくい楽曲です。そうした意味では、『Tomorrow never knows』はミスチル作品の中ではキー調整しての練習が行いやすい楽曲の一つかもしれません。ラストのサビでリズムが難しい場面もありますが、練習曲の一つとして考えてみても良いと思います。
 ただ、原曲キーで歌いこなすのは、かなりの努力を要する難しい楽曲であるということは留意しておいてください。声が高くない人などにとってはとても難しい楽曲です。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちるどれん より:

    いつも参考にさせて頂いております。
    リクエストですがMr.childrenのシーソーゲームをよろしくお願いします。
    リクエストが多くて大変だとは思いますが、楽しみに待っております。

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    了解しました。
    予定としては12月上旬ごろになると思います。
    少しでも早くアップできるように努めます。
    いつも閲覧いただきありがとうございます。
    凄くモチベーションになります。