J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『みなと』(スピッツ)の音域と感想

 こんにちは。今回はスピッツの『みなと』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『みなと』(スピッツ)、Minato(Spitz)



【地声最低音】mid1G#(G#3)

★船に[]るわけじゃなく だけど僕は港にいる 
★知らない人だらけの隙間で 5g11f[]ち[止まる]


【地声最高音】hiA(A4)   

mid2G#[]みとhiA[もう][い]ちど会うために[つ]2G#[く]った歌さ



【補足】mid2F#mid2G#などつまづきやすい箇所

★汚れmid2F#[て]る野良猫2F#[に]も いつし[か]優しくなるユニバース
mid2G#[た][そ]が[れ]に


『みなと』(スピッツ)











 まず、『みなと』についてです。この楽曲は2016年にシングル曲としてリリースされ、同年発売されたアルバム『醒めない』にも収録されました。タイアップとしてはNTT東日本の企業CMのタイアップが付きました。先日プロ野球選手としての引退を表明したメジャーリーガーのイチロー選手が、当時出演していたCMで話題になりました。
 スピッツのYouTube公式チャンネルでは2019年現在、930万回もの再生回数を記録しております。近年のスピッツの作品の中では非常に高い再生回数です。

 『みなと』のサウンドについてですが、特筆すべき点は、エレキギター等の残響音が強調されているところだと思います。鳴らされた音そのものだけでなく、音そのものの響きが非常に生かされています。非常に立体的なものを感じます。スピッツの過去の作品で言えば、『水色の街』などもそうした傾向があります。
 メロディーについては、Bメロとサビが合体したような構成になっている点が非常に特徴的だと思います。それにより、冗長な表現が避けられています。必ずしもドラマティックな展開ではありませんが、スピッツらしい長く愛される作品なのではないかと思います。


 『みなと』の歌詞についてです。作詞を行う草野マサムネさんは楽曲の歌詞について語ることはほとんどありませんが、この『みなと』は東日本大震災をイメージして書かれた作品だと解釈されることが多いようです。一般的に、災害をきっかけに書かれた楽曲は前向きな歌詞になることが多いと思います。しかし、この楽曲は必ずしも「前へ前へ」といった歌詞ではありません。また、「傷付いた人を包み込む」といったものでもないと思います。しかし、「汚れてる野良猫にもいつしか優しくなるユニバース」など、どこか温かみのあるフレーズがちりばめられています。明確なメッセージがあるわけではないですが、非常に繊細な歌詞だと思います。


 

 

 さて、『みなと』の音域についてですが、地声最低音mid1G#(G#3)~地声最高音 hiA(A4)でメロディーが構成されております。

 図にも示しておりますが、一般的な男性の音域よりはやや高いです。歌い慣れていない人の場合は、「汚れてる野良猫にも~」辺りのフレーズでつまづく可能性があります。mid2F#やmid2G#の音階です。通常の男性ボーカルならば、この辺でサビが作られることも多いです。そうした点は留意しておいてください。
 努力の結果、『みなと』のBメロまでのフレーズが歌いこなせるレベルに達したならば、カラオケなどでかなり幅が広がると思います。

 歌い慣れていない人や、声が低い人はキーを下げるという選択肢も十分アリです。『みなと』は音域自体は広くないので、キーを下げて歌うと上手く行くことも多いと思います。原曲キーが重視されがちですが、「キーを下げると上手く歌える」ならば、それだけで十分すごいです。

 
 さて、『みなと』ですが、図に示したように、女性が歌うことも可能な楽曲です。むしろ、女性の方が歌いこなしやすいといえるかもしれません。「元々声も高くなく、女性ボーカルの曲の多くが歌えない」という女性は、スピッツの楽曲を選択肢に入れておくと良いと思います。


『三日月サンセット』(サカナクション)の音域と感想

(2019/04/27訂正)地声最低音にミスがありましたので画像と共に修正しました。

 こんにちは。今回はサカナクションの『三日月サンセット』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 サカナクションは当ブログではこれまでに、『新宝島』『アイデンティティ』、『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』『ネイティブダンサー』『多分、風。』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。

『三日月サンセット』(サカナクション)、Mikazuki Sunset(Sakanaction)

『三日月サンセット』(サカナクション)










【地声最低音】mid1C#(C#3)

★[]どかしく生きる日々の隙間を埋めた言葉は


【地声最高音】mid2G#(G#4) ※サビ  

★2G#[]日赤く染め []ら[]は鳥 []たりまえの日没の中で



 まず、『三日月サンセット』についてです。この楽曲は2007年にサカナクションのメジャー初アルバム『GO TO THE FUTURE』の収録曲として、リリースされました。山口一郎氏がサカナクション以前に組んでいたダッチマンというバンドでも、この楽曲が2003年にリリースされております。ダッチマンの『三日月サンセット』はよりテクノ色が濃い作品になっています。

 『三日月サンセット』はにサカナクションのYouTube公式チャンネルでは2015年に公開され、2019年3月現在までにおよそ270万回もの再生回数を記録しております。また、ベストアルバムである『魚図鑑』にも収録されている作品です。

 サウンドについては、サカナクションらしいエレクトロニカとバンドサウンドが融合したミディアムテンポな楽曲に仕上がっております。個人的には前奏、Aメロのアンサンブルが非常にオシャレだと思いました。先述しましたが、ダッチマン時代の『三日月サンセット』よりもバンド色、グルーブ感が強くなっております。

 歌詞については、解釈が分かれる作品だと思います。ただ描写としては三日月の出る夕暮れ時
を描いた作品であると思います。「シャツの袖で流した涙を拭いた」などの描写から、私は初めは何となく、失恋間際の歌なのだろうかと考えていました。しかし、山口一郎さんが「歌詞を書く際に相手に伝えたいことなどを明確にしなくても良い。自分が見たり、体験したり、感じたことをそのまま描けば、それがメッセージになる」と仰っていたのを知りました。そうした話を聞いて、今は、「三日月が光る夕暮れ時を恋人と過ごす情景」を切り取ったものなのではないかと解釈しております。
 明確なメッセージ性があるわけではないですが、サウンドとともに歌詞も非常に好きな楽曲です。





 さて、『三日月サンセット』の音域についてですが、地声最低音mid1C#(C#3)~地声最高音mid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。これはおおよそ、一般的な男性の音域にあたります。

 一方で、mid2Gやmid2Fなどといった音域は、歌い慣れていない人の場合は滑らかに歌えないことが多いです。一般的な音域の楽曲でも、歌い慣れている人とそうでない人では、表現力の豊かさで差が出ます。必ずしも難易度の高い楽曲ではありませんが、ある程度練習しておくと違いが明確に出ると思います。キーが高いと感じられる場合は、2程度下げる(♭2)と歌いやすくなると思います。

 一方で、メロディーラインやリズムなどはやや変則的な部分もあります。また、歌詞も「夕日赤く染め」など、メロディーに対してやや尺余りな部分があります。しっかりとリズムやメロディー、歌詞を覚えておいた方が良いと思います。
 
 

 『三日月サンセット』は音域的にも、歌詞内容的にも女性が歌っても違和感が無い楽曲だと思います。少しキーが低いと思いますので、2~3程度上げる(#2~3)と歌いやすくなります。


『Be the light』(ONE OK ROCK)の音域と感想

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Be the light』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 ONE OK ROCKは、当ブログではこれまでに『Change』、『Stand Out Fit In』『Taking Off』『Eye of the Storm』『In the Stars(feat. Kiiara)』『Wherever you are』『The Beginning』を取り上げました。興味を持たれた方は、そちらもどうぞ。


『Be the light』(ONE OK ROCK)


【地声最低音】mid1F(F3)
(例)
★Just the thought of ano(ther day)
★What did we do wrong? [G]od


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★Time [won’t] stop So we keep moving on
★Yesterday’s hiA#[night] hiA[returns] [to light] (2番)



【裏声最高音】hiA#(A#4) ※1番サビ

★Yesterday’s hiA#裏[night] hiA裏[turns] [to light] (1番)


【フェイク】hiA#(A#4)※曲のラスト

★hiA[oh] [Ooo...]

『Be the light』(ONE OK ROCK)










 まず、『Be the light』についてです。『Be the light』は2013年にリリースされたONE OK ROCKのアルバム『人生×僕=』(ジンセイカケテボクハ)に収録されている楽曲です。この楽曲は映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』の主題歌としてタイアップが付きました。『キャプテンハーロック』は松本零士さんの漫画『宇宙海賊キャプテンハーロック』を原作としたリブート作品だそうです。『キャプテンハーロック』は個人的なイメージでは、日本よりも海外、とりわけ欧州で人気の高い作品であると考えております。
 
 『Be the light』はONE OK ROCKのYouTube公式チャンネルでは2019年3月現在、1300万回もの再生回数を記録しております。

 『Be the light』のサウンドについてですが、ピアノを中心として楽曲が構成されております。また、アコースティックギターが使われるなど、ハードコア、エモといったONE OK ROCKのイメージと比較して、かなり美しい楽曲に仕上がっております。Takaさんのボーカルも荒々しさや力強さよりも、優しさが強調された歌唱になっております。

  『Be the light』は東日本大震災をきっかけに書かれた楽曲だといわれ、歌詞についてもそうしたニュアンスを含んでおります。震災以来、世の中が大きく変わってしまったこと、そうした日々に対して、前を向き歩み続けていこうという前向きな歌詞になっております。ONE OK ROCKらしい非常に前向きで力強い歌詞だと思います。この楽曲に勇気づけられた方も多いのではないでしょうか。





 
 さて、『Be the light』の音域についてですが、地声最低音mid1F(F3)~地声最高音hiA#(A#4)、裏声最高音hiA#(A#4)、フェイクhiA#(A#4)でメロディーが構成されております。ONE OK ROCKの楽曲の中では比較的歌いやすい作品だと思います。

 ONE OK ROCKの中で歌いやすい作品とはいえ、一般の人が歌うにはやはりハードルがあります。地声最高音のhiA#についてですが、この楽曲に関していえば、裏声で発声するという方法もあり得ると思います。裏声により楽曲のニュアンスが壊れるといったことはあまりないでしょう。hiAといった高音域が出にくい人はそうした裏声での対応を取るのがお奨めです。

 一方で、hiA以上を裏声で対応するにしても、mid2Gやmid2Fといった音階は確実に歌いこなす必要があります。ONE OK ROCKの中で歌いやすい楽曲とはいえ、ある程度歌い慣れていないと相当苦戦すると考えられます。そうした点だけは留意しておいてください。逆に言えば、『Be the light』は努力次第で、報われる可能性が高い楽曲の一つであるともいえます。

 それ以外の方法だと、やはり無難にキーを2程度下げる(♭2)というのが良いと思います。ただ、キーを下げるにしても、ある程度の基礎力は必要になります。


管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー