スポンサーリンク
カテゴリー

『FLASH』(Perfume)の音域と感想

 こんにちは。今回はPerfumeの『FLASH』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『FLASH』(Perfume)


【地声最低音】mid2A#(A#3) 

★恋ともぜんぜん 違うエモーション ホント[に] それだけなの


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★ひ[か]hiC[る] [さ]hiA#[こう]C#[の][Ligh-]-tning Game



【補足】サビと同じなのですが、間奏の箇所について

hiC[ち]hiA#[は]やぶる


『FLASH』(Perfume)











 まず、『FLASH』についてです。この楽曲は2016年に3人組テクノポップユニットPerfumeによりリリースされたデジタルシングル作品です。作詞作曲編曲はお馴染みの中田ヤスタカさんです。その後リリースされたアルバム『COSMIC EXPLORER』には異なるアレンジで収録されております。

 『FLASH』は映画「ちはやふる -上の句- / -下の句-」のために書き下ろされ、主題歌となりました。こうしたこともあり、配信シングルとしてはPerfume最大のヒット曲にもなりました。YouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年4月現在、5500万回以上も再生されております。ヒット曲を多く持つPerfumeですが、彼女たちの代表的な作品の一つと言えるかもしれません。


 『FLASH』についてですが、Perfumeらしいエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)です。分かりやすい特徴として、移調するとメロディーが「ヨナ抜き音階」になります。サビの部分は1か所違うのですが、Aメロ部分は顕著です。こうした特徴はPerfumeでは『レーザービーム』などにもみられ、また中田さんがプロデュースするきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲にもそうした楽曲があります。
 「ヨナ抜き音階」は日本の古来から見られる音階であり、民謡や童謡などで用いられてきました。スコットランド民謡などでもそうした特徴があるそうです。このようにエレクトロポップでありながら、和のテイストを感じさせる作りになっております。タイアップが競技かるたをテーマにした「ちはやふる」ということもあり、こうしたアレンジが用いられたのだと考えます。


 『FLASH』の歌詞についてです。競技かるたをテーマにした書き下ろしということもあり、試合の緊迫感や一瞬の動きといったものが連想される内容になっております。競技かるたを実際にご覧になった方はご存じでしょうが、競技者の間では、まるで居合い(抜刀術)のような瞬間的な勝負のやり取りが行われます。そうした世界観が歌詞の中にも強く表現されていると思います。

 個人的には「恋ともぜんぜん 違うエモーション今夜は これからなの」というフレーズが好きです。『ちはやふる』の主人公千早は恋よりも競技かるたといった性格なのですが、そうした原作での描かれ方を象徴するようなフレーズだと思いました。「女の子=恋愛」という枠組みに囚われない歌詞の表現が非常に共感できます。

 




 さて、『FLASH』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5) でメロディーが構成されております。一般的な女性の音域ですが、人によっては少し高いかもしれません。

 Perfume自体はテクノポップユニットということもあり、必ずしもカラオケなどで歌いやすい楽曲ばかりではないです。その中で、『FLASH』は比較的手を付けやすい作品なのではないでしょうか。低音域については余裕がありますので、声が出にくい人、歌い慣れていない人はキーを下げても良いかもしれません。
 歌い慣れていない人はhiB,hiCといった音階を滑らかに発声できるように意識して練習すると良いと思います。

 もう一つ、『FLASH』を歌う上で気をつけたい箇所はサビのメロディーです。歌詞通り忠実に歌いこなそうとすると、呼吸する場面が少なくなる可能性があります。どこで呼吸をするのかを意識しておいた方が良いと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする