カテゴリー

『硝子の少年』(KinKi Kids)の音域

こんにちは。今回はKinKi Kidsの『硝子の少年』(1997)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『硝子の少年』(KinKi Kids)、Garasu no Shonen
『硝子の少年』(KinKi Kids)









【地声最低音】mid1E(E3) 

★立ちすくむぼくのこと見ないふm1E[り]した (Aメロ) 
★未来ごと売り渡す君が哀しm1E[い]

m1E[ぼ]くのここm2E[ろは]ぁひびE[割]れたビー玉さ(Bメロ)
m1E[の]ぞき込めば君がm2E[ 逆]さまに映る


【地声最高音】mid2G(G4)  ※曲全体で1回だけ

★(君だけを) m2F#[愛して]m2G[ぇ]F#[ぇ]m2E[た](ラストサビ)


【補足】mid2Emid2F#の注意点

★あm2E[め]ぇが踊るバス・ストップ 君は誰かに抱かれ(Aメロ)

★Stay with m2D#[me]【サビ】
m2F#[ガ]m2E[ラス]F#[しょ]E[うね]んじだE[いの]
m2E[破片]んがE[胸へ]と突き刺さる
★バスの窓の君に 背を向m2F#[け]m2E[る]

m2E[き]ぬのような髪に ぼくの知らないコロン(2番Aメロ)


 まず、KinKi Kidsについて少し説明します。KinKi Kidsは、1997年にデビューしたジャニーズ事務所所属の2人組アイドルです。ジャニーズ含め、アイドルは多人数のグループが多い中で、2人組であります。ジャンルとしては、ポップなものが多いのですが、メンバーの歌唱力を活かした歌謡的なものが特に人気が高い印象です。
 代表的な作品としては、『硝子の少年』、『愛のかたまり』、『ボクの背中には羽根がある』などがカラオケで人気が高いです。

__

 さて、『硝子の少年』についてです。この楽曲は、1997年にKinKi Kidsによりリリースされたシングル作品です。アルバム『B album』はじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。KinKi Kidsのデビューシングルであり、世間的にも最も知られたキンキの楽曲の1つなのではないかと思います。

 『硝子の少年』は歌謡テイストのポップナンバーです。作詞を松本隆さん、作曲を山下達郎さんという大御所の作家が担当しております。山下達郎さんは作曲家の筒美京平さんの視点で作曲やアレンジを担当されたそうです。
 歌メロの音域については、Aメロ・Bメロがm2E、サビがm2F#(ラストのサビのみm2G)が最高音になっております。調整などもしやすく、手を付けやすい印象です。

 

 さて、『硝子の少年』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2G(G4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gはラストのサビで1回だけ登場します。回数としては少ないです。歌い慣れない人などはこのmid2Gを省略しても良いと思います(そこまで目立ちません)。通常のサビではmid2F#が多く登場します。このmid2F#を上手く歌いこなすと、形になりやすいです。
 この辺りは一般的な男性の音域の範囲内であり、歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすい印象です。ただmid2F#は登場回数が少し多いですので、人によってはキーを少し下げて練習しても良いと思います。
 
 『硝子の少年』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通も利きやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能なのではないかと思います。練習曲としてはお奨めしやすいです。
 一方で、同曲は歌メロが美しく、歌謡的であるため、小さなミスが目立ちやすいかもしれません。最初は上手く歌えずに苦労する人もいるかもしれませんが、気長に取り組んでください。

 私個人のイメージなのですが①メンバーの人数が少ない、②歌謡的な楽曲が多い、③キーが滅茶苦茶に高くないといった理由で、KinKi Kidsは比較的お奨めしたいジャニーズグループです。キーが高めの作品もあるのですが、調整もしやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする