スポンサーリンク
カテゴリー

『ビンテージ』(Official髭男dism)の音域と感想

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ビンテージ』(2019)を取り上げたいと思います。複数のリクエストを頂いていた作品です。よろしくお願いいたします。

 ※今回はOfficial髭男dismの別の曲を取り上げる予定でしたが、こちらの手違いがあり、先に『ビンテージ』をアップすることになりました。リクエストを頂いていた曲なのですが、アップが遅れて申し訳ありません。そちらも後日アップいたします。



『ビンテージ』(Official髭男dism)、Vintage


【地声最低音】mid1D(D3) 

★細心のm2F#[注]意を払って生きてm1D[た]
m1D[率]先して1D[自]分のことをけなm2F#[す]のは
★キレイm1D[とはき]ずあとがないことじゃない


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※楽曲全体で1回

★君とかm2G#[さ]hiA#[ねる]hiC#地[い]hiA#[ま]hiD#裏[を]

※サビは基本的に、hiA,hiA#が中心

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※転調後サビ

hiD#裏[え]hiD[る]hiA#[こ]m2G[と]ばを
★君とかm2G#[さ]hiA#[ねる]hiC#地[い]hiA#[ま]hiD#[を]


【補足】mid2GhiA#辺りの注意箇所

★きhiA[ずさ]m2G[え]G[と]しいというキセキだ(Bメロ)
★やけに錆m2G[び]ついたり(Cメロ) 
★剥hiA#{が]hiA[れ]m2G[し]まった
★記憶がm2G[あっ]たとしても G[oh] oh

★そしてm2G[増]G[た]m2G#[お]hiA#[も]G#[い]G[出]が(転調後サビ)
★いつか星のm2G#[数]m2G[ほ]G[に]
★あhiA#[ふれ]m2G#[る]m2G[こ][と][が]ただ嬉[しい]G#[ら]
★今のここm2G[ろ]を歪まm2G#[ない]m2G[よ]G[に]
★探m2G[し]m2G#[て]G[み]るよ 連なってG#[く]日々の中を

『ビンテージ』(Official髭男dism)









 まず、『ビンテージ』についてです。『ビンテージ』は、2019年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『Traveler』(トラベラー)に収録されている楽曲です。

 タイアップとして、フジテレビ系の恋愛バラエティー番組『あいのり:African Journey』の主題歌となりました。『あいのり』は、男女数名がラブワゴンといわれるワゴン車に乗り、様々な国を旅する中で繰り広げられる恋愛模様にスポットを当てた番組です。90年代末から00年代にかけ放送され、大変な人気を博しました。この番組などをとおして、ヒットした楽曲なども多くあります。当時を知る人には懐かしいと感じられる方も多いかもしれません。

 『ビンテージ』のサウンドについてですが、アルバムの楽曲ということもあり、全体としてやや落ち着いた印象のあるナンバーです。イントロやサビ等ででメンバーのコーラスが入るなどのアレンジがなされています。Official髭男dismはブラック・ミュージックなどの要素もありますが、こうした部分はゴスペルなどの影響もあるのかもしれません。一方で、個人的には落ち着いたアレンジの中で、歪んだ音色を奏でるエレキギターが非常に耳に残りました。



 さて、『ビンテージ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC#(C#5) 、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#は転調後のサビに登場します。楽曲のラストです。このhiC#という音階は一般的な男性の音域と比べて、かなり高めです。ただ、【君とかm2G#[さ]hiA#[ねる]hiC#地[い]hiA#[ま]hiD#裏[を]】とあるように、最後が裏声のhiD#で締めくくられております。hiC#の部分も「裏声」で歌唱してもニュアンスが大きく崩れることは無いのではないかと私は考えております。場合によっては、このhiC#を裏声で歌唱することも考えてみてください。

 このhiC#部分を除くと、楽曲全体で一番高い音階はhiA#になります。この辺りの音階は一般的な男性の音階よりも高めですが、比較的高い音域が得意な方であれば歌唱することが可能なのではないかと思います。当ブログで取り上げることの多いミュージシャンでは、back number、Mr.Children、サカナクション、スピッツ辺りの楽曲が歌いこなせるのであれば、この『ビンテージ』もねらい目になるのではないかと思います。

 ただ、hiA#の音階も辛いという方も多く居られると思います。一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいかもしれません。原曲キーから2つ程度下げると、hiA#がmid2G#に設定されます。転調前のサビはmid2Gになります。この辺りであれば、多くの男性が視野に入ってくると思います。ただ、このキーでも普段歌い慣れていない人はスムーズな発声が妨げられる可能性がありますので、しっかりと練習を重ねてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする