こんにちは。今回はずっと真夜中でいいのに。の『蹴っ飛ばした毛布』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『蹴っ飛ばした毛布』(ずっと真夜中でいいのに。)、Kettobashita Moufu(Zutto Mayonaka de Ii no ni)


【地声最低音】mid1G(G3) 
 ※2番冒頭

m1G[つ]めたいにhiA[おい]に負A{け]hiB[そう]A[に]なるくらい


【地声最高音】hiE(E5)  ※サビで多く登場します

hiB[ずっ]hiD[と]hiE[解]D[決]D裏[が] [こ]たえじゃB[ない]ことが
★苦hiE[しい]hiD[の わ]E裏[かっ]hiB[て]るけ[ど]
★いhiC[や]hiB[なん]hiE地[け]ihD[ど]


【裏声最高音】hiG(G5) ※サビ及びCメロ

hiB[す]hiD地[おに]hiE裏[な]hiF#[り]hiG[たいん]
hiG裏[お]hiF#[し][え]hiD裏[て]D地[欲]hiE[し][い]hiB[か][~](2回目)



【補足】hiBhiF#の注意箇所


hiB[待ちく]hiC[た]B[び]れた(Aメロ)
★ひhiD裏[さし]ぶりだねって言えたかくご
★どうかおもい出にhiD裏[なん]hiE[かし][な]hiB[い]

★蹴っhiB[飛]hiD[し]hiC[た][毛]布 気配を探してるく[せ]C[が]B[つい]
★ぬhiB[く]もりhiD裏[飛ん]hiE[でっ]
hiB[傷]つくこと[でし]か 自分を保てない{の]hiC[は]B[い]やだよ

hiB[むく]hiC[ち][な]君 真似[て]も (サビ)
★今は緩い安心がhiC[不安]hiB[なん]だよ

hiB[す]B[比][合う][わ][が][う][かじゃ]hiD[無く]B[て]
★あたhiB[た]かさに慣れhiD裏[て]たせいかな
hiB[触]れたhiD裏[気]hiE[体]D[を]
★張りhiB[裂]hiC[け]B[そ]うなhiD[声]B[で]
hiB[す]hiD[こし]B[で]も起き上hiD裏[が]hiE[れ]D[ない]かな

hiB[ど][だ]hiD[け]ふくB[ざ]B[で]も 辿り着いてし[まう]から
hiB[わ][し]hiD裏[は へ]hiE[い]D[き]B[だ]よって 
★わかってhiB[欲]hiC[し]B[い]から
★おhiF#裏[し]hiD[えて 欲] hiE[し]hiB[い]から(1回目)

『蹴っ飛ばした毛布』(ずっと真夜中でいいのに。)









zutomayo






















 ※最初に補足説明をします。今回はhiA以上を全て記載しようとして分析を始めました。しかし、調査の終盤になって、表記が膨大になってしまうことに気付き、hiA部分を殆ど削除いたしました。ただせっかく調査したので、別の画像を添付しておきます。全てでは無いですが、hiA部分も記述されています。
______________


 さて、『蹴っ飛ばした毛布』についてです。この楽曲は、2019年に音楽ユニット、ずっと真夜中でいいのに。によりリリースされた作品です。その後リリースされた1stフルアルバム『潜潜話』(ひそひそばなし) にも収録されています。

 『蹴っ飛ばした毛布』のアレンジは100回嘔吐さんによりなされており、ジャズっぽさを感じるサウンドになっております。
 音域的な特徴としては、全体として音域が広く、特に高音域が広いです。女性ボーカルの一つの目標として、「hiB辺りを確実に歌唱できる」ようにと出来るだけhiBまでの音階を記載しようと考えたのですが、上述の通り、かなり膨大になりました。高音域は多くの人が苦しめられるのではないかと思います。




 さて、『蹴っ飛ばした毛布』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音のhiEですが、サビを中心に登場します。ボーカルのACAねさん自身もhiEを裏声で歌唱されている場面もあるのですが、やはり要所要所でhiEを地声で歌唱しておられますので、出来るだけ地声で歌いこなしたいところです。

 ただ、一般的な女性の音域よりも高めの楽曲になりますので、キーを下げるというのがもっともな選択肢の一つだと思います。幸い、地声最低音はmid1Gと少し余裕があります。個人差はありますが、原曲キーから2~3程度下げると地声最高音がhiD,hiC#あたりに設定されます。この辺りになると、少し歌いやすくなるのではないかと思います(それでも難しい箇所はあります)。

 一方で、キーを下げたとしても普段歌い慣れていない人は非常に苦労すると思います。『蹴っ飛ばした毛布』はキーを大きく下げる程の余裕はありませんので、場合によっては別の曲で歌い慣れた上で、チャレンジするのが良いのではないかと私は考えております。