こんにちは。今回はずっと真夜中でいいのに。の『勘ぐれい』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『勘ぐれい』(ずっと真夜中でいいのに。)、Kan Grei(Zutto Mayonaka de Iinoni.)
『勘ぐれい』(ずっと真夜中でいいのに。)









【地声最低音】mid1F(F3)  ※Bメロ

☆焦りを糧に目覚m1F#[める]【Aメロ】
☆伝わらない形を今日m1F#[も]【Bメロ】
m1F#[な]m1F[に]F#[かを]解決するには・・・


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで頻出

hiC#[転][をき]hiD#裏[らい]、荒れ果てhiD#地[た]このhiB[世]を【サビ】
★見過ごせhiD#地[ない]hiC#[ぼ]hiA#[く]がいい
hiF#裏[応]hiF[え]hiD#[れば こ]C#[たえ]るほど

※☆の部分は太字の部分が地声です。

【裏声最高音】hiF#(F#5) ※サビで登場

★ hhiF#裏[応]hiF[え]hiD#[れば こ]C#[たえ]るほど【サビ】

※地声hiD#とのコンボになります


【補足】hiA#(一部のみ)hiC#を含むフレーズ一覧

hiA#[例えば]の話だA#[けし]hiB[て]た【イントロ】

hiA#[錆]び付いた硝子A#[で] A#[緊]張をhiC#[解い]A#[て]【Cメロ】 
★(一か八かで)    呼吸 知hiC#[る]

※アウトロの【ぼんぼんぼらんぼんぼん】の一番高い音はhiC#になります。


 まず、『勘ぐれい』についてです。この楽曲は2020年に、音楽ユニットずっと真夜中でいいのに。によりリリースされました。現在は、配信リリースのみとなります。ずとまよは来年の2月にアルバム『ぐされ』のリリースを予定しております。恐らく、同曲もこのアルバムに収録されるのではないかと思います。

 『勘ぐれい』はミディアムテンポのバンド曲です。私はずとまよのベースギターが凄く好きなのですが、同曲はベースの音色が目立ちやすいアレンジとなっております。
 
 『勘ぐれい』の歌メロの音域的な特徴についてです。ずとまよのフロントマンACAねさんは女性としては高めのキーで歌われることが多いですが、今回も最高音がhiD#と高めです。『秒針を噛む』(過去記事)『お勉強しといてよ』(過去記事)といった人気曲に比べると少し地声高音が抑え気味に作られておりますが、難易度はやはり高めであります。音域も広いので、キー調整は行いにくいです。



 最後に、『勘ぐれい』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#はサビで頻出します。サビでは1フレーズに1回ずつは登場しているので、回数としては多いです。また、裏声最高音hiF#と連なってhiD#が登場する等する場面もあります(ここは裏声でもよいかもしれません)。高音域が苦手な方は、hiD#は裏声でも良いかもしれません。

 『勘ぐれい』は音域が広く、キー調整の余地は少ないです。そうしたことからも初心者向けではありませんし、練習曲にも使いにくいです。ただ、『秒針を噛む』(過去記事)などの人気曲ほどの難易度はありませんので、その点ではお奨めできます。高音域が得意な人など、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。