スポンサーリンク
カテゴリー

『春を愛する人』(GLAY)の音域

 こんにちは。今回はGLAYの『春を愛する人』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。当ブログでは、GLAYはWill Be Kingを取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、『春を愛する人』はMVが公開されておりませんが、音源のみが公式チャンネルで公開されております。よって、当ブログにおいても、公式の音源のみを添付いたします。

『春を愛する人』(GLAY)、Haru wo Aisuru Hito

『春を愛する人』(GLAY)









【地声最低音】mid1D(D3) ※楽曲全体で1回

m1D[A]h その昔 (Cメロ)

※落としても違和感は少ないです。ここを除くとmid2Aが最低音

【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで登場

hiA[I want you I want you I want you 生きて]hiA#[く]m2F#[こ]F#[は]


【裏声最高音】hiA(A4) ※楽曲全体で1回

★ふあんhiA裏[て]いな恋にm2F#[な]m2E[やむ] 

※2回目の同じ個所は地声hiAになります

【補足】mid2E(一部のみ)hiAの注意箇所

★遥かなm2F#[る]大地 m2G[あし]たへと続m2F#[く]m2G[み]
hiA[た]だ訪れm2F#[る]春の花の芽のいm2G[ぶ]m2F#[き]に似た
★愛する事 あm2G[い]m2F#[さ]れる事」と

★いくつものm2F#[ね]m2E[む]E[ぬ]夜は(Aメロ)
★飲みm2E[込]まれた Oh yesterday
★ねぇ m2F#[そう]m2G[だ]m2F#[ろう?]
★遠い異国のm2E[そ]
★ここm2E[に辿り着き この地に何を見た?た]m2F#[び]m2G[び]E[と] F#[oh] G[oh]
★わずかなじm2F#[か]m2E[ん]E[か]m2F#[ない]m2G[さ]F#[ぁ]

※アウトロのuh [uh]はhiAです。


 まず、『春を愛する人』についてです。この楽曲は、1996年に4人組バンドGLAYによりリリースされたアルバム『BELOVED』(ビーラブド)に収録されているナンバーです。アルバム曲ながら、ベストアルバムにも収録されており、人気の高い作品になります。

 『春を愛する人』はタイトルから想起されるように、爽やかな疾走感あふれるロックナンバーになります。Liveでの演奏などでは特に感じたのですが、サビのギターフレーズの一部がアイルランド出身のロックバンドU2っぽさを思わせます

 図で見ると非常に分かりにくいですが、『春を愛する人』は歌メロ自体は殆どの部分が狭い音域で成り立っております。約1オクターブです(詳細は後述します)。よって、キーの調整などはしやすいです。反面、原曲キーで歌唱しようとすると想像以上にしんどい楽曲であり、体力を削られます。

 私自身が音域調査を続けてきて感じたことなのですが、音域の狭い曲はキーの調整は行いやすく、練習曲に向いていることが多いです。反面、「音域が狭くてもキーが高い曲」を原曲キーで歌唱する場合は非常に持久力が必要となります。今回の『春を愛する人』もそういう類の楽曲です。




 さて、『春を愛する人』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dについてですが、Cメロで1回のみ登場します。ここは、落としてもあまり違和感はありません。この場面を除くと、mid2A辺りが最低音になります。よって、図に示すよりもかなり狭い音域で歌メロディーが構成されていることが分かります。

 さて、地声最高音hiA#についてはサビで登場します。【hiA[I want you I want you I want you 生きて]hiA#[く]m2F#[こ]F#[は]】という象徴的なフレーズで、同じようなメロディーが楽曲全体で5回登場します。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも高めです。場合によっては、キーを下げることも考えておいてください。例えば、原曲キーよりも3つ程度下げて、地声最高音をmid2G辺りに設定しても良いと思います。

 先にも述べましたが、『春を愛する人』は音域全体では狭めです。よって、原曲キーというこだわりが無ければ、キーの調整も行いやすく、練習曲としても使いやすいのではないかと思います。普段歌い慣れていない人もキーを大きく下げて歌唱することが可能です。その際は、地声最低音についてはこだわる必要はありません。

 女性がこの楽曲を歌唱する場合、原曲キーでも可能だとです。ただ、歌い慣れた人の場合は、もう少しキーを上げても良いと思います。歌詞内容についてはあまり性差を問わないと思いますので、歌いやすいです。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たけし より:

    毎度毎度、大変参考になります。
    よろしければ同じGLAYの「HOWEVER」を調べて欲しいです。