スポンサーリンク
カテゴリー

『誘惑』(GLAY)の音域

こんにちは。今回はGLAYの『誘惑』(1998)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『誘惑』(GLAY)、Yuuwaku(GLAY)
『誘惑』(GLAY)の音域






【地声最低音】mid1D(D3) 

★MORNING MOON m1F#[ゆ]m2F#[べ]の涙の理由1F#[も]聞かF#[ず]【Aメロ】
m1D[は]くじょうな恋と【1番Bメロ】

※最低音m1Dは重要度としては低いです。m1F#を低音の基準とするとよい

【地声最高音】hiA(A4)  ※曲全体で17回

★とm2F[きに愛は2人を試して]m2G[る Be][cause]hiA [I] [love] you【サビ】
m2F[キワどい視線を]振り切って [WOW] WOW [WOW]hiA


【補足】mid2Emid2Gを含むフレーズ一覧

m2E[I don’t know how to] love, E[don’t] m2F#[ask] me why【Bメロ】
m2E[Oh 指輪の]E[が消]m2F#[える]m2G[ま]F#[で]
★闇に 加速すm2F#[る] 俺を酔m2E[わ]


 まず、『誘惑』(ゆうわく)についてです。この楽曲は、1998年に4人組ロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。同曲は、当ブログでも以前に取り上げたシングル曲『SOUL LOVE』(過去記事)との同時リリースで当時話題になりました。アルバム『pure soul』に初収録され、ベストアルバムなどにも収められております。GLAYの代表的なシングル作品の1つです。
 この楽曲は、1998年の年間シングルCD売上ランキングで1位を記録しました。1998年はCDの売上ピークに達し、その中でのシングル1位となりました。GLAYのアルバム『pure soul』も200万枚以上のセールスを記録しております。

 さて、『誘惑』はアップテンポのロックナンバーです。イントロのリフなどが印象的であり、冒頭からサビが登場します。そのまま、AメロBメロサビ⇒Bメロラストサビと展開していくので、全体としてコンパクトであります。また、同曲は、Bメロからサビにかけて転調するため、慣れない人は音程が少し取りにくいかもしれません。

 『誘惑』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性としてはやや高めのレンジで歌メロが作られており、hiAなどの登場回数も多いです。よって、キーを下げた方が歌いやすいかもしれません。低音については図で示す程低くないですので、キー調整はしやすいです。

 さて、『誘惑』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、曲全体で17回登場します。登場回数としては多めです。この辺りは一般的な男性の音域よりもやや高めなのですが、登場回数が多いですので、少しキーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから2つ程度を目安に下げてみてください(♭2)。

 『誘惑』は図で示すよりも最低音が高いため、キー調整はしやすいです。大きなキー下げに抵抗が無ければ、歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。ただ、ボーカルTERUさんの高音はかなり独特であるため、しっかり歌い慣れていないと原曲のようなニュアンスにはなりにくいのではないかと思います。その辺りも踏まえた上で、練習に取り組んでください。
 先にも述べましたが、この楽曲はBメロからサビにかけて転調するため、慣れない人はサビの音程が少し取り辛いかもしれません。原曲をしっかり聴いて、練習に励んでください。

 『誘惑』は、ある程度高音が得意であり、歌い慣れた人には楽しく歌える楽曲だと思います。声が低めの女性などにも合いやすいかもしれません。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする