スポンサーリンク
カテゴリー

『Missing You』(GLAY)の音域

こんにちは。今回はGLAYの『Missing You』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Missing You』(GLAY)
『Missing You』(GLAY)









【地声最低音】mid1G(G3) 

★心m1G[変]わりを呼び起こす(Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  

☆(声を届けてよ)いつものhiC[よう]hiA[に]m2G[ぃ]【サビ】
★(今はまだ容赦なく)吹きすhiC[さ]hiA[ぶか]m2G[ぜ]に【2番・ラストサビ】
★瞳閉じないhiC[で]hiA#[つめていて]【Cメロ】

※☆のフレーズは裏声でも良いかもです
※アウトロの英語の歌詞ではhiCが裏声になります

【補足】mid2GhiA#の注意点

★そしm2F#[て]密やかなむF#[ね つ]たえ切れず【Aメロ】

★国道をhiB裏[は]hiA[し]m2G#[る]車 黙りB[込]A[んで]【Bメロ】
★どうしてふたm2F#[り惹か]れたの[だ]G#[ろ]F#[う?]

★どこm2F[までも]hiA[し]ろいF[ゆ][の]ような【サビ】
★あなm2F[たに降]hiA[るゆ]m2G[め][の]F[ぶて]A[ぇぇ]

hiA[今はまだ よ]hiA#[う][しゃ]m2G[なく]【2番サビ】
★歌う歌[もか]G[き]消されて

★僕m2F[らが過ごした青春の日々を] 何で計れhiA[る]m2G[の?]【Cメロ】


 まず、『Missing You』についてです。この楽曲は、2000年にロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。ベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』の先行シングルとしてリリースされました。そのため、オリジナルアルバムではなく、ベストアルバムを中心に収録されております。

 『Missing You』はストリングスが用いられたバンドナンバーです。歌詞の主要なテーマではないのですが、冬っぽさが強い作品ですので、今回取り上げました。北海道出身バンドということもあってか、GLAYの冬の楽曲は、「寒さ」や「厳しさ」が強く表現されているように感じます。本作もその傾向が強いです。

 『Missing You』の音域的な特徴についてですが、男性としては高いレンジで歌メロが作られております。hiCが各サビ、Cメロ等で繰り返し登場し、GLAYのシングル曲の中でもキーが高めです。一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。



 さて、『Missing You』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCは各サビ・Cメロで登場します。回数としては7回です(アウトロの英語詞を含む場合は8回)。一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーから3~4つ程度を目安に下げてみてください(歌い慣れた人の場合)。

 『Missing You』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通は利きやすいです。歌い慣れていない人向けのキー調整も可能だとは思います。ただ、大きなキー調整が必要になるため、違和感を覚える方もおられるかもしれません。その点は留意しておいてください。

 『Missing You』は女性の声域のようなレンジで歌メロが作られております。こうした女性キーの音域で作られた男性曲は、原キーで歌唱する場合は、持久力を要求されることが多いです。『Missing You』も高音域を歌いこなす力とともに、持久力も求められます。その点で、GLAYのシングル曲の中でも、しんどい作品の1つなのではないかと私は分析しております。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする