カテゴリー

『リライト』(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の音域

こんにちは。今回はASIAN KUNG-FU GENERATIONの『リライト』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。当ブログでアジカンの楽曲を取り上げるのは、『遥か彼方』(過去記事)以来、2回目となります。


『リライト』(ASIAN KUNG-FU GENERATION)Rewrite(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
『リライト』(ASIAN KUNG-FU GENERATION)








【地声最低音】mid1E(E3) 

m1E[き]m2E[しん]だ想いをE[吐き]出した[いの]【Aメロ】
★存m2E[在]の証明がm1E[他]にないE[から]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★消しm2G#[て]リライm2E[トし]m2G#[て]【サビ】 
★くだm2E[ら]m2G#-m2F#[ない][幻]想]
★忘m2E[ら]m2G#-m2F#[れぬ][在][感][を]
★君m2E[を]m2G#-m2F#[成す]][動][全][全]]をE[く]F#[れ][よ]

★薄ぎm2E[たない]m2F#[う]m2G#[そを]【Cメロ】


【補足】mid2Emid2F#を含むフレーズ一覧

★腐っm2E[たこ]m2F#[こ]E[ろを]【Cメロ】 


 まず、『リライト』についてです。この楽曲は、2004年にロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONによりリリースされたシングル作品です。アルバムでは『ソルファ』に初収録され、またベストアルバム等にも収録されております。
 同曲は、人気アニメ『鋼の錬金術師』のオープニング曲として起用されました。そうしたこともあってか、アジカン最大のヒット曲となっております。私自身は、アニメの方は未視聴(原作は拝読しております)なのですが、同アニメを視聴していた方には非常に思い入れのある楽曲なのではないかと思います。

 『リライト』はアップテンポのロックナンバーです。歌メロについてはAメロサビCメロサビといった形で構成されており、シンプルです。
 同曲は、2016年に再レコーディングされております(厳密にいうと、アルバム『ソルファ』の再レコーディング)。ボーカルに関しては、2016年盤では、後藤正文さんの発声が少しマイルドになっております。
 以前申し上げたかもしれませんが、私自身は、初期アジカンで顕著に見られる、叫ぶようなニュアンスで発声することがあまり得意ではありません(聴く側としては非常に好きです)。よって再レコーディング盤で発声がマイルドになっている分、私としては少し歌いやすくなりました。参考になる部分もあると思いますので、2016年バージョンの動画も一緒に添付します。





 さて、『リライト』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性音域の範囲内、もしくはやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はサビで頻出します。このmid2G#は一般的な男性の音域のボーダーラインにもあたり、歌い慣れた人であっても発声が難しくなるレンジであります。よって、人によってはキーを下げた方が歌いやすいです。実際に歌唱してみって、各々調整してください。

 以前取り上げた『遥か彼方』(過去記事)ほどではないですが、この『リライト』も高音がやや叫ぶような発声になっております。そのため、高音のコントロールが結構難しいです。その点で歌い慣れた人向けの作品といえます。
 先にも申しましたが、2016年の再レコーディングバージョンでは、後藤さんの発声が少しマイルドになっております。私なりのイメージですが、一般的には2016年バージョンの方が、歌いやすいのではないかと思います。

 私個人としては、どうしてもうまく歌いこなせないアーティストの1組なのですが、上手く歌えると非常にカッコイイと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする