こんにちは。今回はB'zの『ギリギリchop』(1999)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ギリギリchop』(B’z)、GiriGiri Chop(B'z)
『ギリギリchop』(B’z)









【地声最低音】mid1G(G3)  

★世紀末の流行色[ぅぅ]m1G【Aメロ】


【地声最高音】hiE(E5)  

★じゃないとすhiA[ぐ]hiB[につ]hiC[ぶ]hiD[れ]hiE[る]【ラストサビ】
★ぼhiA[く]hiB[の]hiC[ばあ]hiD[いは][ぁ]hiE[あ] 


【補足】mid2G(一部略)hiDを含むフレーズ一覧

m2G[全部はおまえにゃあわせら]m2F#[れ]ないF#[よ]【Bメロ】 
★がっかりさせてごm2F#[めんねなんてネ]m2G[ぇ]

hiA[ギ][ギリ]hiC[けの上を行く]ようA[に] 【サビ】
hiA[フ][フラ][たっ]hiC[て]hiB[いい][じゃ]ないA[か]
hiA[だい]じょ[うぶ] [く]hiB[の]hiC[ばあ]hiD[いは]C[ぁ]A[あ]

※【コソコソ笑われるぞオマエ】は大まかにしか分からないのですが、hiC~hiC#
※アウトロの一番高いところがhihiA


 まず、『ギリギリchop』(ぎりぎりちょっぷ)についてです。この楽曲は、1999年にロックバンドB'zによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Brotherhood』および、ベストアルバムなどにも収録されております。『Brotherhood』のVersion 51は同じ楽曲なのですが、シャウトなどが微妙に異なっております。興味のある方は聴き比べても良いかもです。
 同曲は、テレビアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマとしてタイアップが付きました。アニメを見ていた人にとっては非常に思い入れがあると思います。

 『ギリギリchop』はアップテンポのハードロックナンバーです。AメロBメロサビといった形で作られており、その点では馴染みやすいと思います。ちなみに、アルバムバージョンでは、米国ロックバンドMr.Bigのビリー・シーンと故パット・トーピーがリズム隊を務めております。
 音域については、男性曲としてはかなり高めに作られております。私自身もこの曲はカラオケなどで歌唱したことがあるのですが、ラストサビ前の【コソコソ笑われるぞオマエ】の部分が特に難しいと感じました。




 さて、『ギリギリchop』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEはラストのサビで2か所登場します。ここはしっかり出せれば確かにカッコイイのですが、多少曖昧になっても目立ちにくいと思います。個人的には、このhiEよりもhiD,hiC辺りがしっかり歌えている方が形になりやすいです。キー調整などをする際は、このhiDを目安とした方が良いと思います。
 hiEにしてもhiDにしても男性の音域としてはかなり高いですので、一般的にはキーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。キー調整する際は、自分の使える音域ギリギリ位に高音を設定した方が原曲のニュアンスに近づきやすいと思います。

 『ギリギリchop』の音域についてですが、低音部分に余裕があるため、キー調整はしやすいです。ただ、ボーカルのニュアンスなどを考えると、先にも述べたように、自分の使える高音ギリギリくらいに設定した方が原曲のニュアンスに合いやすいです。よって、キー調整をするにしても、やはりある程度歌い慣れておく必要があります。

 『ギリギリchop』は難易度がかなり高い楽曲なのですが、歌いこなせると非常にカッコイイと思います。男性もですが、女性でロック系のボーカルが合いやすい方などにもお奨めしたいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。