カテゴリー

『大正浪漫』(YOASOBI)の音域[2021年の作品]

 こんにちは。今回はYOASOBIの『大正浪漫』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『大正浪漫』(YOASOBI)、Taishou Roman(YOASOBI)
『大正浪漫』(YOASOBI)の音域








【地声最低音】mid1G(G3) 

m2A[あ]m1G#[る]A[日]突然にそれは 訪れた出来事【Aメロ】
★始まりは一通m2A[の]m1G#[手]m1G[が]G#[み]
★送m2A[り主]m1G#[はは]るか昔を生きる君 そんな不可思議な出会い


【地声最高音】hiD(D5)  

★はhiA#[る]hiC[か か]hiD[な]C[た] [ひゃ]hiF[く]hiE[ね]A#[んさ][を]【ラストサビ[転調+1]】
hiC[僕は]hiD[ま]C[だ](歩いているよ) 

※同曲はラストサビで転調します。1番サビではhiC#が最高音になります。

【裏声最高音】hiF(F5) ※ラストサビで多い

★はhiA#[る]hiC[か か]hiD[な]C[た] [ひゃ]hiF[く]hiE[ね]A#[んさ][を]【ラストサビ[転調+1]】
★君が君の時代hiC[を] 生きたあC[か]hiE[し]hiF[を]
★僕が僕の時代hiC[に]見るそのhiC[す]hiEhiF[べ[て][ぉ]

※同曲はラストサビで転調します。1番サビではhiEが裏声最高音になります。

【補足】hiA(一部のみ)hiDを含むフレーズ一覧

★決してhiA[出][う][と ]の出来ない僕ら それ[ぞ][の]世界から【Bメロ】
★綴る言葉 募る想い 姿さhiA[え]も [知][な][ま]

★きみが見てみhiA#[た]いと願ったみhiC[ら]hiD裏[い]C[を]【ラストサビ[転調+1]】
★苦hiC[し]い想C[い]を胸に抱いたhiA#[ま]
hiD裏[八]hiC[千]代越D[え]C[て]も握りしhiA#[め]
hiD[い]hiC[つ]か伝hiA#[え]に行くよ

※☆の部分は地声hiDのようにも聞こえますが、今回は裏声にしておきます。

 まず、『大正浪漫』(たいしょうろまん)についてです。この楽曲は、2021年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品であり、現在アルバムには未収録であります。同曲は、9月中旬にMVが公開され、既に500万回を超える再生回数を記録しております。
 YOASOBIは小説などを原作に楽曲を制作するスタイルを取っております。本作は、NATSUMIさんによる小説『大正ロマンス』を原作に楽曲が制作されました。『大正ロマンス』は、後に大幅な加筆修正を行って小説化され、楽曲配信と同時期に発売されております。

 『大正浪漫』はアップテンポのデジタルポップナンバーです。シンセサイザーのアレンジが非常に耳残ります。同曲は、AメロBメロサビ⇒BメロAメロ⇒ラストサビといった形で作られており、演奏時間も3分と短くなっております。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります(#1)。全体的にサビメロが長く、カラオケなどでは注意が必要です。

 『大正浪漫』は大正時代を生きる女性・千代子と、現代を生きる男性・時翔の手紙のやり取りを描いた作品となっております「時を超えた筆談」とと聞くと、私自身は『世にも奇妙な物語』シリーズの中にある『過去からの日記』という作品を思い出します。同曲は、そうした大正と令和の男女の恋模様が描かれており、アニメ製作会社シャフトが担当したMVなども非常に話題となっております。


 『大正浪漫』の音域的な特徴についてです。同曲は、女声としてはやや高めのレンジで歌メロが作られております。全体としてサビメロが長く、その分、安定した高音域のコントロールが必要になります。YOASOBIの特徴でもありますが、全体的に裏声と地声の行き来が激しく、器用な発声が求められます。キー下げは可能ですが、それを考慮しても歌い慣れた人向けの楽曲であると思います。



 最後に『大正浪漫』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1GについてはAメロで登場します。上述しておりますが、Aメロではmid1G~mid2A辺りの登場回数が比較的多く、意外と低音感があります。キーを下げることは可能ですが、低音が苦手な方は、原曲キーでも少し歌いにくいかもしれません。
 私なりのイメージですが、YOASOBIの作品は低音から高音まで広い音域を使うことが多く、難易度が高くなりやすい印象です。
 
 一方、地声最高音hiDについては、ラストのサビで登場します。登場回数はそこまで多くないですが、ボーカルのikuraさんは、裏声と地声を非常に器用にコントロールしており、発声もクリアです。一般的な女性の場合は、少しキーを下げた方が歌唱しやすいと思います。目安として、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください(♭1~2)。

 近年のJ-POPでは、こお『大正浪漫』のように、裏声と地声を交えた作品が非常に多く、また楽曲のテンポも非常に速くなっております。練習の際は、キー調整だけでなく、「楽曲のテンポ」を落としてみるのもよいと思います。私自身も、「裏声や地声の使い分け」などを練習する際に、テンポを落として練習することがあります。


 『大正浪漫』は低音部分に少し余裕があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人であれば、キー調整により、自分にあったレンジを見つけやすいと思います。
 ただ、先にも述べたように、同曲は低音から高音まで幅広く要求される作品であります。そのため、キーを調整したとしても、歌いにくい部分が出てくるかもしれません。特に、ビギナーなどにはハードルが高いです。キー下げなどを行っても難しいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習を行ってください。

 『大正浪漫』は音域が広く、難しい部分もある作品です。ただ、楽曲の質も高く、カラオケなどでも歌いやすいと思います(難易度は別として)。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする