カテゴリー

『夏音』(優里)の音域 [2021年のシングル] / アルバム『壱』収録

 こんにちは。今回は優里さんの『夏音』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『夏音』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルではピアノベースのライブバージョンが公開されております。よって、当ブログにおいても、その動画を添付いたします。


『夏音』(優里)
『夏音』(優里)の音域







【地声最低音】mid1B(B2) 

★段ボールがまだ散らかるこのm1C#[部]m1B[屋]【Aメロ】
m1B[き]みと今日からB[あ]るいm1C#B[て[行]く]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体で8回程度

★夏m2F#{が]m2G#m2G[終]わ]る音がする【サビ】
★遠m2F#{く] m2G#F#[打]ち]あがっ[た]hiBhiA[は][び] 


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★遠m2F#{く]m2G#F#[打]ち]あがっ[た]hiBhiA[は][び]【サビ】


【補足】mid2Emid2F#を含むフレーズ一覧

★ずっとそm2E[ば][居]たいと思m2F#{っ]【サビ】
m2D#m2E[気持[ち]E[か]さ]なって 弾[け]たんだ

★退屈を持m2D#m2E[て[あ]ま]して くすぐったり 背中を寄せた[り]【Bメロ】
m2D#m2E[何[も]なくても構E[わ]な]いさ ただ君がそこに居[るE[な]

m2D#m2E[抱[き]寄]せてお互いの心音を聞こう【Cメロ】
★見つめながらキスをした m2F#[もう]F#[にも い]m2E[ら]ない

 まず、『夏音』(なつね)についてです。この楽曲は、2021年に男性シンガーソングライターの優里さんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、2022年に発売された優里さん初のフルアルバム『壱』にも収められております。同アルバムには、『かくれんぼ』(過去記事)『ドライフラワー』(過去記事)『ベテルギウス』(過去記事)といった人気曲が惜しげもなく収録されております。

 優里さんは、これまでの殆どの楽曲が配信限定のシングルであり、それが社会的なヒットを記録します。『ドライフラワー』などはタイアップがないにも関わらず、2021年の代表的な楽曲としてトップに君臨しました。優里さん自身は、自分でYouTubeチャンネルを運営し、ミュージックビデオだけでなく、他のボーカルとのコラボなど魅力的なコンテンツを配信しております。歌手としては言うまでもありませんが、動画配信者の側面での発信力も感じます。私自身も時々、優里さんのチャンネルを視聴しているのですが、非常に今っぽいと感じてます。


 さて、『夏音』はゆったりとしたバンドナンバーです。頭サビで歌メロが始まり、AメロBメロサビへと展開します。同曲は、Hulu限定配信のドラマのために書き下ろされた作品だそうです。そのため、Aメロが「静」のニュアンスがあり、Bメロサビと進行するに従い、ボーカルなども盛り上がっていきます。そうした点で、多くのリスナーになじみやすく、カラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。作詞作曲は優里さん、編曲はCHIMERAZによりなされております。CHIMERAZは有隣さんの楽曲のアレンジに多く携わっております。

 『夏音』の音域的な特徴についてです。同曲は、地声最高音がmid2G#と男性としてはやや高いです。ただ、hiB,hiCといった地声音域が頻出する『ベテルギウス』などと比べると取っつきやすいのではないかと私は分析しました。
 一方で、同曲は、低音域がmid1Bと男性としては低めであります。そのため、大きなキー下げなどには向きにくいです。低音が低いことから、女性などは原曲キーでは歌いにくく、キーを上げた方がよいです。



 最後に『夏音』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくはやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1BはAメロで登場します。登場頻度もやや多いです。この辺りは一般的な男性の音域としても低めであり、低音域が得意ではない方は少し歌いにくく感じられるかもしれません。また、女性にとっては相当低いレンジであり、通常はキーを上げた方が歌いやすいです。

 一方、地声最高音mid2G#については、サビで登場します。各サビで2回ずつであり、曲全体で8回程度登場します。このmid2G#辺りから歌い慣れた人であってもスムーズな発声が損なわれやすくなります。原曲キーも歌える人もおられると思いますが、一般的にはキーを少し下げてもよいのではないかと私は分析しました。目安としてですが、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。


 『夏音』は低音域が低めであり、キーを下げる余地は少ないです。歌い慣れた人が少しのキー下げを行うことは可能だとは思います。ただ、ビギナーなどの場合は、キー調整をしたとしても歌いにくい部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。キー調整をするにしても歌い慣れた人向けの楽曲といえます。

 『夏音』を原曲キーで歌唱する場合mid2G#辺りを地声でしっかり歌いこなせる力が求められます。また、裏声のhiA,hiBなども不可欠です。ただ、この辺りは、優里さんの超人気作と比べると、やや低いです。よって、『ドライフラワー』や『シャッター』、『ベテルギウス』などが難しいと感じられた方でもチャンスはあるのではないかと私は考えております。一方で、2番サビ⇒Cメロ⇒ラストサビ辺りは間奏がなく、進行します。そのため、後半はある程度のスタミナも求められます

 よって、声域的には「高音域が標準より少し高い男性」、「ある程度高音域が得意な男性」などは原曲キーが合いやすいと思います。大まかな目安ですが、back numberやスキマスイッチ、Mr.Childrenなどが歌える人はチャレンジしやすいレンジです。難しいリズムなども多くなく、その点でも取っつきやすい楽曲ではないかと思います。

 『夏音』はゆったりめのバンド曲であり、カラオケなどでもチャレンジしやすい思います。キー調整を行えば、ある程度歌い慣れた男性はアプローチしやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かたおか より:

    夏音、歌いやすくていいですね。mid域で収まっているのがありがたいです。

    ずとまよの「袖のキルト」も解説お願いしてもよろしいでしょうか。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね。滅茶苦茶に高いわけではないので
      アプローチしやすいですよね。
      その点でも、記事にしてよかったと思います。

      当該曲についてリストアップしておきます。
      ずとまよは久しぶりです。