スポンサーリンク
カテゴリー

『かくれんぼ』(優里)の音域

こんにちは。今回は優里さんの『かくれんぼ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『かくれんぼ』(優里)、Kakurenbo(Yuuri)
『かくれんぼ』(優里)









【地声最低音】mid1E(E3) 

m1E[ど]こにいるの(2番サビ)

★じm1F#[ゆ]うの女神のイラストも m1F#[部][の][み]で(Aメロ)

※最低音は1回のみ(落としても違和感は少ないです)
※2番目の低音階mid1F#が多く登場します


【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※曲全体で多く登場

★うm2E[そ]はやめてとm2F#[く]E[ち]うるさく言ってたでしょ(Bメロ)
★僕を一人置m2F#[い]m2E[て]いくなんて間違ってるよ

★簡単に見m2E[つけられ]m2F#[る]E[のに] (2番)
★まm2E[だ]10秒 かm2F#[ぞ]m2E[え]終わっていないのに
★もういいかい もうm2F#[いい]m2E[よ]聞かせて(2番サビ)

m2E[バ]E[だ]E[な]m2F#[かっ]E[てるよ]バカさ(Cメロ)
★僕m2E{が]乗りm2F#[込]m2E[む]F#[間]E[なん]てなE[い]のかな
★もういいm2F#[か]m2E[ぁぁ]い グッバイ(ラストサビ)


【裏声最高音】mid2F#(F#4) ※同曲の象徴的なフレーズです

★かくm2F#裏[れん]m2E[ぼ]なんかしm1F#[て]ないで(サビ冒頭)


【補足】mid2E辺りの注意箇所

★文句を言いながら片づm2E[け]てくれたき[みは]出かけたまま(Aメロ)
★もm1F#[う]いいかいその言葉がm2E[ちゅ]うに舞う(サビ)



 まず、優里(ゆうり)さんについて少し説明します。優里さんは東京で路上ライブを行う男性シンガーソングライターです。2019年頃半ばから、SNSなどを中心に歌唱動画投稿なども行っております。そうした活動が拡散され、話題を呼び、少しずつ注目されていきました。
 その後、2019年末にリリースされた『かくれんぼ』が配信チャートで上位を記録するなど、ヒットを記録していきます。路上ライブということもあり、ジャンルとしてはアコースティックな歌モノ中心です。今後はスタイルが変化していくかもしれません。2020年7月に入り、メジャー契約が成立するなど、今後が益々期待されるミュージシャンです。
___

 さて、『かくれんぼ』についてです。『かくれんぼ』はアコースティックギターを基調としたゆったりとしたラブソングです。歌詞については、恋人との別れを「相手が見つからないかくれんぼ」を比喩として表現しております。非常に切ないです。私自身は、歌詞もですが、優里さんのハスキーがかった声が非常に魅力的だと感じました。

 『かくれんぼ』の歌メロについてです。同曲は、AメロBメロサビという形で作られております。図にも示すように音域は広くなく、一般的な男性の声域内で歌唱されております。キー調整などもしやすいです。その分、しっかり原曲の表現を学びたいところです。



 さて、『かくれんぼ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】mid2F#(F#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2F#は楽曲全体で多く登場します。mid2F#は一般的な男性の音域の範囲内ですが、登場回数が増えると難易度が少し上がっていきます。また、歌い慣れていない人だとスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ練習を重ねていきたいところです。
 同曲は、ある程度歌い慣れた人の場合、原曲キーでも歌いやすいと思います。声が高い人はキーを少し上げても良いかもしれません。一方で、歌い慣れていない人などは、少し下げてもよいと思います。各々の状況によって、調整してください。
 
 『かくれんぼ』は音域自体は広くなく、キーの調整も行いやすいです。普段歌い慣れていない人向けにキー調整して歌唱することも可能だと思います。最近の曲ではありますが、練習曲として使いやすいのではないかと考えております。

 『かくれんぼ』は歌メロディーを歌唱するだけであれば、そこまで難易度は高くないと思います。一方で、優里さんの表現、発声のニュアンスなどを体得しようとすると、少し難易度が上がります。そうした点で、「初心者にも手を付けやすいが、表現力向上の勉強になることも多い作品」であると私は分析しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする