カテゴリー

『雨晴るる』(ヨルシカ)の音域 [ 2019年の作品 ]

 こんにちは。今回はヨルシカの『雨晴るる』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『雨晴るる』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでミュージックビデオや音源が公開されておりません。よって、当ブログでも動画の添付はありません。


『雨晴るる』(ヨルシカ)、Ame Haruru(Yorushika)
『雨晴るる』(ヨルシカ)の音域






【地声最低音】mid2A#(A#3) 

※【補足】を参照ください。

【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で4回

★言m2G[葉]になろう[との]hiA#地[こっ][たお]もい[出だ]けが【サビ】


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※各サビ2回ずつ

★うhiD#裏[たえ 人]m2G[生]は君[だ] [ずっ]と君[だ] [全]部君[だ] [藍]の色だ【サビ】


【補足】mid2GhiCを含むフレーズ一覧

★やっhiA#[と]雨がm2G[降っ]たんだ m2A#{こ]の青をずっと思っていたんだ【Aメロ】
★(心臓の音が澄んでいた) 言葉以m2F[外 何に]Fm2G[いら[ない]空]
★想hiA#[像]m2G[より]ずっ[と]、君がいた街の[あ]おさを [ずっ]

m2G[き]hiA#hiC裏[み[の][ない]な]つがま[た]来る【サビ】


 まず、『雨晴るる』(あめはるる)についてです。この楽曲は、2019年に2人組ユニット・ヨルシカによりリリースされたアルバム『エルマ』に収録されております。同アルバムは、前作の『だから僕は音楽を辞めた』の続編にあたるコンセプトアルバムであり、シングルとしては『心に穴が空いた』、『雨とカプチーノ』(過去記事)が収められております。

 さて、『雨晴るる』はミドルテンポのバンドナンバーです。私個人としてはどことなくジャズの趣きが感じられ、落ち着いたオシャレな印象でした。歌メロはAメロサビで構成されシンプルです。最近のJ-POPは歌メロだけを見ても凝った展開をするものが多いですが、ヨルシカは必ずしもその流れに乗らずに、シンプルなメロにバンドサウンドを基調としたアレンジがなされている印象です。
 
 『雨晴るる』の音域的な特徴についてです。同曲は、大よそ一般的な女性の音域の範囲内で歌メロが作られております。また、低音域に余地があり、キー下げなどもしやすいです。一方、曲の要所要所で裏声が用いられており、器用な歌唱表現が求められます。
 同曲は、音域的には高音域が得意な男性が原曲キーで歌唱することも可能です。ただ、男性の場合、通常はこのレンジだとかなり声を張る必要があります。そのため、原曲のように柔らかに歌唱したい場合、キーを下げるのがよいと私自身は感じました。


 最後に『雨晴るる』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#についてはサビで登場します。登場回数は各サビ1回ずつ、全体で4回程度です。このhiA#は一般的な女性の音域の範囲内であり、高音域としては比較的取っ付きやすいです。高音域が得意でない女性でも原曲キーでの歌唱が可能だといえます。
 一方、hiA#は歌い慣れていない人などの場合は、スムーズな発声が損なわれやすい音階でもあります。難易度自体がそこまで高いわけではないですが、しっかり練習を重ねてください。

 『雨晴るる』は低音域に余地があり、キー下げもしやすいです。歌い慣れた人はもちろんですが、ビギナー向けの調整も可能であると私自身は判断しました。反面、高音域が得意な女性などは、キーを上げた方が裏声などが使いやすいと推測されます。その辺りは各々実際に試してみてください。
 『雨晴るる』はアルバム曲ということあってか、比較的シンプルであり、練習曲などにも使いやすいです。個人的にはおススメしやすい1曲です。

 『雨晴るる』を原曲キーで歌唱する場合、高音域についてはhiA#,mid2G辺りがしっかり歌いこなせる必要があります。また、裏声についてはhiC,hiD#などが見られます(登場頻度も高い)。そのため、器用な裏声表現なども不可欠です。よって、「標準よりやや低めの音域~標準的な女性(or標準よりやや高め)」などが原曲キーに合いやすいです。
 ちなみに、同曲は音域的にはJ-POPの男性曲のレンジと近似します。ただ、高音域が得意な男性であっても通常はキーを下げた方が原曲のニュアンスに近づきやすいのではないかと思います。


 『雨晴るる』はこの時期に合いやすい穏やかなバンド曲です。リズムなどもそこまで難しくなく、音域的にも一般的な女性でも取っ付きやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする