カテゴリー

『Save Yourself』(ONE OK ROCK)の音域

 こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Save Yourself』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Save Yourself』(ONE OK ROCK)
『Save Yourself』(ONE OK ROCK)の音域







【地声最低音】mid2A(A3) 

m2F[I’m] caught up in a cur[rent babe] Heart[break games] m2A[you] won’t play【Aメロ】


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で8回程度

★You’ve hiDhiC[ne]ver] hiA[fe]lt [Waves this strong] Just hiC[save] A#[your]self]【サビ】
hiC[I learn to sink] hiA#hiA[or] swim] But C[you can’t even] hiD[dive] A[right i]n

★(君は君)じゃhiChiA#[真]実]hiDC[な]に?]って【2番Bメロ】



【補足】hiAhiCを含むフレーズ一覧

hiAhiA#[Save [your]self] m2G[Love] A[is pain], I [know] too well【サビ】
★(Save yourself)  If you’re hiA[drowning in] hiA#[your] [doubt] [Save] yourself

m2F[I will] trust my [fate] [You] live your [truth] [I] will [get] m2GhiA[o[ver] it]【Bメロ】
★(It’s obvious you don’t need me) That’s ok, m2GhiA[drift aw[ay]

★(僕はまだ挑み続ける 迷いはない)このhiAm2G[ゲー][に]【2番Aメロ】
hiChiA#[Ah 信じ]た]C[そ] C[み][は]C[み]【2番Bメロ】
hiAhiA#[分か[れ]ば]苦労し[ないよ]  [O]h [き][も][く][で][ま]

 まず、『Save Yourself』(セーブ・ユアセルフ)についてです。この楽曲は、2022年に4人組ロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたシングル作品です。現在配信限定のシングル曲であり、9月にリリース予定のフルアルバム『Luxury Disease』(ラグジュアリー ディジーズ)に収録が予定されております。
 ちなみに、アルバムタイトルの『Luxury Disease』は、直訳すると「贅沢病」となり、ワンオクのメジャー1枚目のアルバム『ゼイタクビョウ』と重なる形となります。ONE OK ROCKは、前作『Eye of the Storm』では、従来のバンド感を控え、エレクトロ・ロック、EDMなどの要素を取り入れるアプローチが取られました。しかし、ここ数年でリリースされたシングル『Renegades』(過去記事)『Wonder』(過去記事)などの傾向から、次回作の『Luxury Disease』は、バンドサウンドへの原点回帰が予想されます。


 『Save Yourself』はアップテンポのバンドナンバーです。イントロのギターサウンドをなどが印象的です。ここ数年のシングル曲では、最もパブリックイメージに近い楽曲なのではないかと思います。一方で、バンドの力が活きた作品でありながら、間奏などにデジタル感が加えられるなど2010年代後半にワンオクが意欲的に取り込んだ要素も感じられます。

 さて、『Save Yourself』は頭サビで歌メロが始まり、AメロBメロサビと展開します。音域については、男性としてはかなり高いレンジで歌メロが作られているため、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。
 同曲は低音域がmid2Aと男性曲としては高いです。そのため、女性が原曲キーで歌唱することも可能であります(音域的には女性に近い)。サビの高音でhiDなどが登場するため、人によっては少しキーを下げてもよいかもしれません。


 最後に『Save Yourself』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、かなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2AはAメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内であり、発声自体はそこまで難しくはないです。ただ、従前の男性曲と比べると最低音が高めの楽曲です。最低音がmid2Aの男性曲は、ほぼ「キーの高い男性曲」となり、今回の『Save Yourself』でも当てはまります。
 一方、最低音が高い分、女性が原曲キーで歌唱することも可能です。ただ、最高音がhiDであるため、高音域が苦手な女性は、少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。ボーカルTakaさんの表現などを考慮すると、ロック系の楽曲に歌い慣れている人の方が合いやすいかもしれません。

 次に、地声最高音hiDについては、サビで登場します。同曲はサビの回数が多いため、その分hiDも8回と少し多いです。hiDに加え、hiCといった高音域の頻度も高いため、男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいです。ただ、一般的な男性が合いやすいレンジに調整するためには大きなキー下げが必要になります。

 『Save Yourself』は低音域に余地があり、キー下げはしやすいです。そのため、理論上は一般的な男性向けの調整も可能だと言えます。ただ、地声最高音がhiDと元々のキーが非常に高いですので、一般的な男性が歌いやすくなるためには大きなキー調整が求められます。そのため、キー調整をすると楽曲に違和感などが感じられる人も多いかもしれません。私としては、キーを調整するにしてもhiB等の高音域が歌いこなせる人の方が原曲に近い表現がしやすいと感じました。

 『Save Yourself』を原曲キーで歌唱する場合、先述のようにhiDやhiCといった高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。そのため、「高音域が非常に得意な男性」などが合いやすいです。また、レンジ的には、「標準より高め~高音域が得意な女性」などもマッチしそうです。ただ、高音域が出るだけで歌いこなせるというわけではなく、しっかりとした練習が必要不可欠です。

 『Save Yourself』はワンオクらしいロック曲であり、カラオケなどで歌いこなせると非常に映えると思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    ワンオクの中でもhiD複数回は結構高い方ですよね、むしろマイファスと一致するキーだと思いました。
    最近のワンオクは少し高音が抑えめでしたが、ポップな曲になっていたから控えめにしていたようで、歌唱力は健在、個人的にはロック色強い方が好きですね

    • もりっしー より:

      ぴたっくまさんありがとうございます。
      確かにレンジ的にマイファスに近いですよね。
      記事にも書きましたが、
      今度のアルバムはよりロックに回帰するのかもしれません。
      カラオケで歌う人にとっては大変かもですがw