カテゴリー

『On Your Mark』(CHAGE and ASKA)の音域

こんにちは。今回はCHAGE and ASKAの『On Your Mark』(1994)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『On Your Mark』(CHAGE and ASKA)
『On Your Mark』(CHAGE and ASKA)の音域






【地声最低音】mid1C#(C#3) 

m1D#[夜]明けを追い抜いてみたい じてm1D#[ん]しゃ[ぁ]m1C#[ぁ]【Bメロ】


【地声最高音】hiA(A4)  ※曲全体で2回(歌詞表記は1回だけ)

★そしm2F#[てぼ]hiA地[く]m2G#[ら]F#[は]【ラストサビ】


【補足】mid2E~hiA#を含むフレーズ一覧

☆Ah…hiA#[wow] m2G#[wow] G[wow]…yeah oh m2G[On] m2F[Your] Mark【イントロ】

★ほこm2F[り]m2F#{に][ま]みれた服を払った【Aメロ】
★君と僕 なm2F[ら]んで 夜明けを追い抜いてみたい【Bメロ】

★On Your Mark いつm2E[も]走りだせば 【サビ】
★僕らm2E[が]それでも止めなm2F#[い]m2E[の][は]
★夢の斜面見m2E[上げ]て 行けそうな気がすm2E[る]E[ら]

★Oh… 答えを出さない m2F#[ah… それが]答えのような【2番Aメロ】
★ m2F#[夢の心臓]m2E[がけ]【ラストサビ】
★ m2F#[On] m2E[Your] Mark… F#[Oh… そして]E[ぼ]くらは【アウトロ】

※厳密には☆の部分のhiA#が最高音なのですが、重要度が低いので最高音から除外してます(歌詞表記はされております)。

 まず、『On Your Mark』(オン・ユア・マーク)についてです。この楽曲は、1994年に男性デュオCHAGE and ASKAによりリリースされたシングル作品です。『HEART/NATURAL/On Your Mark』とのトリプルA面です。アルバムとしては、『CODE NAME.2 SISTER MOON』(コード・ネーム・ツー・シスター・ムーン)に初収録され、1999年にリリースされたベストアルバムにも収録されました。

 『On Your Mark』は、チャゲアスのライブのためにアニメーションのMVが作られ、制作をスタジオジブリが担当しました。1995年に、宮崎駿監督の短編アニメーション『On Your Mark』として、『耳をすませば』とともに映画館でも上映されました。こうしたこともあり、アニメファンにも知られた楽曲となっております。
 ちなみに、同アニメには、セリフがなく、映像とチャゲアスの『On Your Mark』、効果音のみで構成されております。

 さて、『On Your Mark』はゆったりとしてテンポのポップナンバーです。ストリングスなども用いられており、空の青さなどを思わせる壮大な楽曲です。演奏時間も6分を超えております。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られております。Bメロからサビにかけて転調するため、聴き慣れない内は少し音程が取りにくい人がいるかもしれません。

 『On Your Mark』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、hiAが2回程度登場するのですが、サビなど目立つ部分はmid2F#等が高音部分となります。よって、大体mid2F#辺りまで歌いこなせれば、ある程度は形になります。
 ただ、 私なりのイメージですが、テンポがゆったりとして、落ち着ていいる分、歌い手の力量も求められます。キーはそこまで高くないにしても、リズムや音程、抑揚の付け方などで、度歌い手の力量が要求されると私は分析しております。hiA以上の高音が得意な人であれば、『YAH YAH YAH』(過去記事)などの方が手を付けやすいと思います。


 最後に『On Your Mark』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていき居ます。

 まず、地声最高音hiAはラストサビで登場します。回数は1~2回程度です。ここは一般的な男性の音域よりも高めですが、高音域が苦手な方は無理して歌わなくてもよいと思います。もしこのhiAまでしっかり歌うのあれば、少しキーを下げても良いかもです。
 同曲は、AメロBメロサビの基本的な部分については、mid2F#までが高音域の中心となります。よって、目安として、mid2F#~mid2G辺りまで歌えると形になりやすいです。慣れていない人は、最初はその辺りを目標にするとよいと思います。

 『On Your Mark』は低音部分に余裕があるため、キー調整は可能です。一部hiAの部分を無視すれば、歌い慣れてない人向けの調整も可能だと思います。ただ、同曲は、リズムや音程などが若干取りにくい場面があります。そのため、歌い手の力量が要求されます。音域面には比較的挑戦しやすいですが、歌唱難易度は高いのではないかと私は分析しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しA より:

    ありがとうございました。自分にはチャゲアスの代表曲でほぼ唯一原キーが狙えそうな曲です。歌ってて全体的に音域の上下がかなり激しそうなイメージだったんですが、意外と最低音は標準的なんですね。個人的にはノリやすくて歌いがいのある楽しい曲です。

    サビの「流行りの風邪にやられた」という箇所の歌詞とASKAさんの色っぽい歌い回しが気に入ってます。

  2. 名無しA より:

    思い出したのですが、Aメロって1番と2番で少し違いませんか?2番の方が高音出てると思います。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      自分としては、結構難しそうな曲だと感じました。
      それとは別に楽曲として凄く楽しい作品だと私も感じております。
      歌詞もメロもいい曲ですよね。

      Aメロについて確認しました。確かに、一部記述すべきところが抜けてました。
      2番Aメロは全体的に盛り上がっているのですが、
      【Oh… 答えを出さない m2F#[ah… それが]答えのような】
      の部分は追加すべきですね。
      後ほど、記事内に加筆しておきます。

    • もりっしー より:

      【補足】の部分に2番Aメロの
      【Oh… 答えを出さない m2F#[ah… それが]答えのような】
      を追加しております。

      自分も記事を作成する際に見落としてました。
      ご指摘ありがとうございます。