スポンサーリンク
カテゴリー

『スパークル [original ver.]』(RADWIMPS)の音域など

 こんにちは。今回はRADWIMPSの『スパークル[original ver.]』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『スパークル [original ver.]』(RADWIMPS)、Sparkle [original ver.]


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

※サビの一部で瞬間的に登場。mid1F#にも聞こえます。特段気にしなくても良いと思います


【地声最高音】mid2G#(G#4)  
※サビはラストのみ

★運命mid2F#[だと]か未来[と][か]って
★もう[権]利なんかじゃない [義][務]だと思うんだ


【裏声最高音】mid2G#(G#4) 

★運命[だと]か未来[と]F#[か]って(通常のサビ)



【補足】mid2F(F#4)の箇所

★2F#[まどろみのな]かで 生温いコーラに
★電車に揺ら2F#[れ] 運ばれる朝に  [oh~]
★2F#[一]生 いや、[何]章でも 生き抜いていこう
※アウトロのフェイクがmid2F#mid2G#です。

『スパークル [original ver.]』(RADWIMPS)










 まず、『スパークル[original ver.]』(以下、『スパークル』)についてです。『スパークル』は2016年にRADWIMPSによってリリースされたアルバム『人間開花』の中に収録された楽曲です。バージョン違いの作品が長編アニメーション映画『君の名は。』の劇中歌として使用されています。こうしたタイアップもあり、RADWIMPSの作品群の中でも非常に知られている楽曲の一つです。
 RADWIMPSのYouTube公式チャンネルでは、1コーラス分だけMVが公開されており、2019年4月現在、7400万回もの再生回数を記録しております。フル尺公開でないことを考えると、非常に人気の高い楽曲であることが分かります。

 さて、『スパークル』のサウンドについてですが、ピアノを基調としたアレンジが施されております。楽曲が進むにつれて、バンドサウンドが目立つ場面も出てきますが、元々が終盤に流れる劇中歌ということもあり、非常にしっとりとしたアレンジです。また、7分近いが演奏時間ですが、映画バージョンよりも全体としてコンパクトにまとまっております。アルバムの中では最後のトラックになりますので、アルバム全体を締めくくる美しい作品だと思います。

 歌詞についてですが、書き下ろされた作品ということもあり、映画の内容を想起させるようなフレーズが目立ちます。しかし、タイアップを考慮しなくても非常にロマンチックな作品だと思います。映画はまさにそういう内容なのですが、ラブソングにはしばしば時空を超えたような表現が出来てきます。RADWIMPSも例外ではなく、『ふたりごと』などでも「一生に一度のワープを使う」などの表現が登場します。
 タイトルの『スパークル』ですが、「閃光」といった意味があります。歌詞の中でそうしたニュアンスを感じられる場面は、「いつか消えてなくなる 君のすべてを この眼に焼き付けておくことは」 の箇所だと思います。歌詞の中では、「運命や未来が届かない場所で恋をする」と言っていますが、一方で、そうしたものに「終わりが来る」こともどこかに感じてもいるのです。まさに『スパークル』には「幸せな瞬間を、輝かしい光で心に焼き付けておく」そうした意味があるのではないでしょうか。






 さて、『スパークル [original ver.』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)でメロディーが構成されております。

 一般的な男性の音域よりは少し高いと言えますが、mid2G#はファルセット(裏声)で処理しても違和感は少ないと思います。また、地声最低音は、瞬間的な場面ですのであまり意識しなくても良いと思います。『スパークル』においても、mid2Fやmid2Gなどの音域が滑らかに発声できるように練習を続けていくことが重要です。普段歌い慣れていない人などはキーを少し下げた方が歌いやすいと思います。

 一方で、気をつけるべき点は、Bメロ~サビにかけてのメロディーのテンポです。非常に独特であり、慣れていないとリズムが取りづらいです。歌が得意な人でも歌詞とメロディーをしっかり覚えていないと、盛り上がる場面でぎこちない歌声になってしまいます。カラオケなどで歌う際は、歌詞とメロディーが無意識に出てくるようにしておいた方がいいと思います。

 ちなみに『スパークル』を女性が歌う場合、原曲から2~3程度上げる(#2~3)と良いと思います。個人差がありますので、声が低い人などは1程度でも良いかもしれません。歌詞内容的には性差を問わないものであると思いますので、女性でも楽しめる楽曲であると思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする