こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Clock Strikes』(2013)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Clock Strikes』(ONE OK ROCK)


【地声最低音】mid2A#(A#3)  

mid2G[What] waits for you? [What's] breaking m2A#[through?](Aメロ)
★誰もが本当は信じたい[けど](Bメロ)
[[永遠]がある世界が理想ではなく


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※サビで頻出

★Be-[-lieve]hiA# that mid2F[time] is [al-]-ways fo-[-re-]-ver

※ラストサビ直前の「oh~~~」はhiA#のロングトーンです



【補足】mid2F,mid2Gを中心とした注意箇所

★Nothing for good mid2G[You're] mid2G#[sure] [it's] true?(Aメロ)
mid2G[永遠なん]てないと言いmid2G#[切っ][てし]まっ[た]ら(Bメロ)
mid2A#[せ]mid2G[つ]mid2F[ない][しょ?]
★と気mid2G[づく]mid2F[こと][で][き]たなら What will w[e have?]mid2F..
★Be-[-lieve] [it till] [the] end(サビ)
★And the hiA#[time] mid2G#[will] mid2G[stay](ラストサビの歌詞表記の無い部分)
hiA#[Time] hiC#[goes b-][-y]

※上述のようにhiC#の箇所がアリ。歌詞カードに無い部分なので【補足】扱い。
『Clock Strikes』(ONE OK ROCK)









 まず、『Clock Strikes』についてです。この楽曲は2013年にONE OK ROCKによりリリースされたアルバム『人生×僕=』(ジンセイカケテボクハ)に収録されている作品です。編曲はONE OK ROCKとakkinさんにより行われています。akkinさんはONE OK ROCKの編曲でもおなじみのプロデューサーであります。『Clock Strikes』はアルバムのリード曲になっており、リリースに先立ってONE OK ROCKのYouTube公式チャンネルでもMVが公開されてました。2019年7月現在、8300万回もの再生回数を記録しており、ONE OK ROCKの作品の中でも高い人気を誇る楽曲の一つであると思います。

 『Clock Strikes』のサウンドについてです。ONE OK ROCKらしいギターサウンドです。個人的に好きな場面は、2番が終わった後の間奏で叩かれるドラムです。MVでもTomoyaさんの演奏がピックアップされていますが、バンドの屋台骨として活躍していたドラムが非常に目立つ場面でもあります。この場面のドラムを聴いた後に、ラストのサビの場面でも自然とドラムの音色に耳を傾ける自分がそこにいました。
 歌メロディーについてはAメロ、Bメロ、サビという形ですが、2番以降はAメロがありません。サビが非常に盛り上がりますが、Aメロ、Bメロの音階もやや高めであり、歌い慣れていない人の場合は冒頭(mid2G)からいきなり歌えないということもあると思います。演奏時間は4分弱で非常に密度が濃く、上手くまとまった作品であると思います。
 ちなみに『Clock Strikes』というタイトルは直訳すると「時計は(時を)打つ」といった意味になると思います。歌詞の内容などを考えると、「時間は絶え間なく刻まれていくけど、最後の時まで僕は夢や希望を信じ続ける」といったニュアンスだと私は解釈しています。





 さて、最後に『Clock Strikes』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiA#(A#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりは少し高いです。
 
 まず、サビの部分でhiA#が頻出します。この音階はONE OK ROCKの作品の中では必ずしも高くはありません。ただ、一般的には高い音階です。原曲キーで歌う場合、努力しても届くまでは時間がかかるor歌いこなせないこともあるということを留意しておいてください。例えば、『キミシダイ列車』を上手く歌える人はこの『Clock Strikes』も歌いこなせる可能性があると思います

 ちなみに余談ですが、『Clock Strikes』はラストのサビで歌詞の無い部分があります。ボーカルのTakaさんはライブなどではそちらを歌唱していることもあるようです。上述の【補足】の部分に一応記載しておりますが、一番高い場面でhiC#という音階が登場します。普通の男性にはあまり一般的ではないキーですので、カラオケなどではあまり意識しなくても良いと思います。逆に、ONE OK ROCKの楽曲を歌うのが得意な方はこちらのフレーズを歌っても良いと思います。
 
 『Clock Strikes』の一つの特徴として、音域が広くないということが挙げられます。よって、キーを下げて練習したり、歌唱したりすることも行いやすい楽曲です。ただ、Takaさんのような力強い声色、ロックテイストの強い声は普段歌い慣れていない人には大変だと思いますので、別の楽曲で声を出し慣れた上で、キーを下げて練習すると良いと思います。
 原曲からキーを下げることに抵抗がある方も居られると思いますが、自分に合った音域で歌いこなすということが非常に大切です。特に歌い慣れない頃は、キーを下げて練習した方が良いです。たとえば、『Clock Strikes』を原曲キーから2程度下げると、地声最高音がmid2G#になります。プロの歌手でこの音階を最高音にされる方も多くいます。普段歌い慣れていない人は、もっとキーを下げても良い(原曲-4程度)と思います。