こんにちは。今回はAimerさんの『Ref:rain』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

  ちなみに、『Ref:rain』はAimerさんの公式チャンネルで公開されている動画は歌メロについてはフル尺で確認できますが、アウトロがカットされております。


『Ref:rain』(Aimer)


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロ

★そっと口付けた あの季節にm1E[ま]だ焦がれている


【地声最高音】hiC(C5)  ※サビで複数回登場

★まだhiA[消]hiB{え]hiC[な]B[く]m2G[て](サビ)
★重ねhiA[た]手のひA[ら]からおhiB[さ]hiC[な]B[さ]hiA[が]B[ぁ]




【補足】mid2GhiB辺りの注意箇所

★まだhiA[足]hiB[り]m2G[な]G[て]  (サビ)
hiB[What a] hiA~hiB[goo-d] m2G[thing] we G[lose?]
★そんなhiA[フレー]ズに濡A[れ]てく雨の中
★触れられhiA[ず]にいA[た]ら笑A[え]たかな?

m2G[も]う少しくらい おとhiA[なで]hiB[い]A[れ]m2G[たら] G[な]んて

『Refrain』(Aimer)









 まず、『Ref:rain』(リフレイン)についてです。この楽曲は、2018年に歌手のAimerさんによりリリースされたシングル作品です。2019年にリリースされたアルバム『Sun Dance & Penny Rain』、『Penny Rain』に収録されています。『Ref:rain』は、眉月じゅんさんの漫画を原作とするテレビアニメ『恋は雨上がりのように』のために書き下ろされた楽曲であります。

 『Ref:rain』は恋愛アニメのエンディングテーマ曲ということもあり、ゆったりとした美しいバラード曲です。作詞はAimerさん、作曲は飛内将大さん、編曲は飛内将大さんと玉井健二さんによりなされています。この辺りはAimerさんの楽曲ではお馴染みのメンバーになります。
 タイトルの『Ref:rain』は英語の『refrain』から由来しているのだと思います。意味としては「控える、断つ、やめる、我慢する」といったネガティブものであり、恋に対する迷いのようなものが歌詞にも描かれております。ちなみに、『Ref:rain』という表記にしたのは、アニメのタイトルにある「雨(rain)」を意識たものなのだと私は考えております。

 


 さて、『Ref:rain』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内ですが、低音部分がやや低めといえます。以下、見ていきます。
 
 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。女性の音域としては低めのなのですが、歌いにくい場合は別の高い音階に置き換えても良いと思います。低音部分は、基本的にはmid1Gくらいまでの音階が要求される感じだと考えてください。

 一方、地声最高音hiCはサビで多く登場します。『Ref:rain』はAメロBメロは高い音階は登場しませんが、その分、サビで高めの音階が登場します。hiCは一般的な女性の音域内でありますが、サビが長めであり、持続力が要求される楽曲でもあります。体力が続かない等の場合、少しキーを下げるというのも選択肢であります。歌い慣れた女性の場合、非常に楽しめる楽曲なのではないかと思います。

 『Ref:rain』は音域がやや広めであり、とりわけ低音部が低いです。先にも述べましたが、最低音のmid1Eはmid1Gなどに音階に置き換えても良いです。キーを下げる余地は少ないですが、高音部分はそこまで高くないので、歌い慣れない人にも比較的対応しやすい方なのではないかと思います。ただ「歌い慣れてない人にも練習曲として強くお奨めできる」という程ではないです。