こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『日曜日のラブレター』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『日曜日のラブレター』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『日曜日のラブレター』(Official髭男dism)、Nichiyoubi no Love Letter


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで登場

★隣でねいm2G[き]が立ってる m1E[し]ずかにそれを聞いてる 
m1E[ひ]る下がりのとても小さな幸せ


【地声最高音】hiC(C5)  ※各サビで登場

★枕の下にありったけm2G[の]hiC[あ]hiB[い]C[を](サビ)
hiC[ほ]hiB[ら] hiA[読]m2G#[ん]でみて




【補足】mid2GhiAの注意箇所

★もう少しだけ横になっm2G[て耳]を傾けたら(Aメロ)
★あhiA[お]m2G[い]インクのボールペンと(Bメロ)
★こっそり出m2G[し]て夜G[に]なる前に

★キスしhiA[て]m2G[る]みたいに手紙を書こう(サビ) 
★素直に君思hiA[う]気持ちを
★ノートのにm2G[ま]いめちぎって 恥ずかしG[が]らずに
★愛しくなるm2G[よ]G[ん]m2G#[ど]G[でも]

★こhiA[れ]くらいが丁度いいと思う(2番Aメロ)
★砕けた言葉の破m2G[片]hiA[で]傷つけぬA[よ]G[う] A[oh] G[oh](2番Bメロ)

★ぐしゃぐしゃになったけど今m2G[は](Cメロ)
m2G[来]月も来G[年]hiA[も]ずっと
m2G[なん]てことない 乗G[り]越えられhiA[そ]G[う] A[oh] G[oh]

※アウトロのフェイクが地声hiE
※表記はしてませんが、楽曲全体でmid2Fが頻出です

『日曜日のラブレター』(Official髭男dism)









 まず、『日曜日のラブレター』についてです。この楽曲は、2016年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『MAN IN THE MIRROR』に収録されているナンバーです。ミニアルバムの6曲目に収録されており、アルバムのラストを締めくくります。

 『日曜日のラブレター』はミディアムテンポの明るいラブソングです。ホーンセクションによるイントロが導入されており、ヒゲダンらしいです。ニュアンスとしては、同じ時期にリリースされた作品『黄色い車』に近いです。
 歌メロについても、非常にポップであり、どことなくシンガーソングライターのaikoさんの影響を感じさせられます。ヒゲダンはとりわけ初期において、非常に耳馴染みするポップな作品が多く発表されています。『日曜日のラブレター』もそうした多くの人に耳馴染みする作品なのではないかと思います。


________

 さて、『日曜日のラブレター』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてですが、サビの後半で登場します。ただ、このhiC場面は、楽曲全体で一部分で、周囲の音階は高くないですので、意外と対応しやすいかもしれません。一般的にはかなり高い音階ですので、キーを下げるのも選択肢だと思います。例えば、原曲キーから3つ下げて地声最高音をhiA辺りにするとより歌いやすくなると思います(場合によってはもっと下げても良いです)。

 この楽曲は、上述しているように、mid2G、hiAといった音階が楽曲全体で多く登場します。ヒゲダン作品の中では歌いやすい部類の楽曲だと思いますが、持久力が要求される作品でもあります。

 『日曜日のラブレター』は音域が高音に寄っており、低音部分に余裕があります。よって、キーの調整はある程度可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げると、低音部分が少し歌いにくくなります。「キー調整の融通は利きやすいが、下げ過ぎると低音が辛くなり得る」という類の楽曲です。その点は留意しておいてください。
 ただ、歌メロディーなどはポップであり、テンポも速すぎず遅すぎずであります。練習曲としては歌いやすい部類ではないかと私は考えております。

 『日曜日のラブレター』は原曲キーで歌唱する場合はやはり難易度は上がりますが、キー調整を行えば歌いやすくなると言えます。メロディーもポップであり、多くの人に馴染みやすい作品です。