こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『黄色い車』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『黄色い車』はアーティストおよびレコード会社の公式チャンネルなどでMVや音源が公開されておりません。故に、当ブログにおいても動画の添付はございません。ご了承ください。


『黄色い車』(Official髭男dism)、Kiiroi Kuruma


【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[た]m2F[びだちのお]m2G[と]が(Bメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※2番サビ終了後のララララ以降は頻出

★つhiA#[らく]hiA[て]m2G[もラ]m2F[ラ][ラ][~][う]hiA#[たっ]G[て](ラスト)
m2G[ど]m2F[う]{か][い][つ]hiA#[までも]hiA[げ]G[ん]A[き]hiA#[で]



【補足】mid2FhiA辺りの注意箇所

★このm2F#[人]生でもう[何]度口にしたのだろう(Aメロ)
★窓から見える大山m2F#裏[も] 
★バhiA[ラー]m2G#[ドみ]hiA[た]m2F#[いにせ][つ][な]くて(Bメロ)
★こm2F#[まっ]てしまうよ

★楽しい事m2#F[たくさん]hiA[あ]m2G#[る]A[よ](転調前の通常サビ)
hiA[大し]m2G#[て]m2F#[用]m2F[が]F#[な]F[く]F#[て]hiA[も]

※2番サビ終了後に転調(+1)します。よって、ララララの箇所の最高音はhiA#になります。
『黄色い車』(Official髭男dism)










 まず、『黄色い車』についてです。この楽曲は2016年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたEP作品『What's Going On?』に収録された楽曲です。LINE LIVE配信アニメ『秘密結社鷹の爪GT』の主題歌としてタイアップも付いているようです。(ウィキペディアより
 
 『黄色い車』のサウンドについてです。ミディアムテンポの明るい楽曲です。サウンドもクリーンな色合いです。個人的には、イントロのキーボードを聴いたときにビートルズの楽曲を想起しました。非常にポップで多くの人に馴染みやすい作品なのではないかと思います。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビという形で、多くの方に馴染みやすいメロディーであると思います。以前申し上げたかもしれませんが、Official髭男dismのポップ寄りの楽曲はaikoさんの歌メロディーを想起させます。私自身の知識が乏しい故に具体例などを提示することが出来ないのですが、この『黄色い車』は特にそう感じました。特に、初期の作品で多く見られる印象です。
 ちなみに『黄色い車』は2番終了後に転調し、サビメロディーのキーが1つ上がります。この辺はカラオケや弾き語りなどをする人にとっては重要な点です。詳しくは後述します。

 『黄色い車』の歌詞についてです。故郷からの旅立ちをテーマにした楽曲です。卒業などを迎える方々にとっては特に共感できる歌詞内容なのではないかと思います。歌詞の中に「大山(だいせん)」という中国地方の最高峰(山)が登場します。ボーカルで作詞作曲を担当する藤原聡さんは鳥取県の米子出身であり、米子は大山が非常に身近にある自治体でもあります。余談ですが、歌詞に出てくる「広葉樹」も西日本では特に特徴的な植生であります。

 個人的に印象深い歌詞は「エンジンのくせしてバラードみたいに切なくて困ってしまうよ」という点です。私自身も旅立ちのときに車で空港などに向かったことがあるのですが、車のエンジン音がどこか切なく寂しく感じてしまった記憶があります。逆に、実家に帰った際に家族の乗っている愛車などを目撃すると懐かしくも感じました。自動車が人々の足になっている地方では、特に共感できる場面なのではないかと思います。

 


 さて、最後に『黄色い車』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。ただ、キーが高いOfficial髭男dismの作品の中では手を付けやすい楽曲でもあります。

 まず、この『黄色い車』は2番終了後に転調し、キーが1つ上がります。転調前の1番2番のサビでは最高音がhiAになり、転調後の「ララララ」以降ではhiA#が最高音になります。hiA,hiA#辺りになると、一般的な男性でも滑らかに発声することが難しくなりますが、このhiA#あたりが最高音になる楽曲はヒゲダンの人気曲の中では珍しいです。その点において、『黄色い車』は狙い目といえる楽曲でもあります。

 ただ、それでもやはり原曲キーで歌うのは難しい側面もあります。一般的な男性の場合、キーを2つ程度下げた方が歌いやすくなるのではないかと思います。その場合、通常サビの最高音がmid2G,転調後ラストのサビはmid2G#に設定されます。また、『黄色い車』は音域自体は広い作品ではありません。よって、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習したりすることにも向いていると思います。

 『黄色い車』は女性が歌っても歌いやすい楽曲だと思います。原曲キーより2つ程度上げるとmid1G~hiC辺りの音域に設定されます。この辺りを目安にして、各々調整すると良いのではないかと思います。


※ちなみに、2番終了後の「ラララ」の部分でボーカルの藤原聡さんがフェイクを行っていますが、そこでの最高音はhiD#になり、アウトロではhiFの裏声が登場します。その辺まで再現しようとすると難易度が一気に上がります。高音域が非常に得意な方以外の方はあまり気にしなくていい場面だと思います。