こんにちは。今回はONE OK ROCKの『Mighty Long Fall』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Mighty Long Fall』(ONE OK ROCK)


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Aメロ

★When we met the pain stood still m1F#[It] was us


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★But inside it seems I'm just a little boy hiC#~hiA#~m2G#[No-thin-g] A#,G#[e-lse](サビ前)
hiA#[Oh no] m2G#[it's] a hiC#[wake] A#{up] G#[call](サビ)
★じゃhiC#[どう]hiA#[す]m2G#[る]C#[どう]A#{し]G#[よ!](2番Bメロ)
★つhiC#[づ]hiB[け]hiA#[よ]B[う]A#[ぅ](2番サビ)
★Running with m2G#[the] hiA#[de-]-mons in hiC#[your] hiB~A#[hea-d](Cメロ)
hiC#[Let's shout]hiB[ it out] hiA#~m2G#[com-ple-]tely


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※Cメロで1回

★Time to make m2G#~hiA#[a-mends] for wha-[t you]hiC#hiB~hiA#[di-d]




【補足】mid2G#hiA#の注意箇所

★Then m2F#m2F[su][dden]ly it's F#[where'd] F[you] go?(Aメロ)
★This side of me I want m2G#[a] hiA#~m2G#[li-ttle] more(Bメロ)

hiA#[Don't go]m2G#[it's] a G#~A#[mi-ghty] G#[lo-]ng fall(サビ) 
★When you thought love m2G#[was] hiA#[the] G#[top]
★It seems like m2G#~hiA#gra-[-vi-ty] keeps [pu-]-lling us A#[back] G#[down]


hiB[Get up] Get up hiB[Get up] Get up(Cメロ)
★You m2G#[ne-]ver G#[rea-]-lly G#[wa-]nna hiA#~G#[kno-w] A#[oh] 


『Mighty Long Fall』(ONE OK ROCK)









 まず、『Mighty Long Fall』についてです。この楽曲は、2014年に4人組ロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたシングル作品です。アルバム『35xxxv』(サーティーファイブ)に収録されました。ONE OK ROCKのフィジカルによるシングルリリースとしては現状一番新しいものになり、それ以降は配信でのリリースになっていきます。この辺りは配信やストリーミングが盛んになっていく近年の流れとも関係すると思います。
 『Mighty Long Fall』は、和月伸宏さんの漫画を原作とした実写映画『るろうに剣心 京都大火編』の主題歌として書き下ろされた作品です。ONE OK ROCKは以前にも、『The Beginning』を『るろうに剣心』のために書き下ろしています。

 『Mighty Long Fall』はONE OK ROCKらしい疾走感のあるロックナンバーになっています。ただ、この頃から海外進出が強く意識されるようになりました。作詞作曲編曲にジョン・フェルドマンが共同で関わっております。
 
 『Mighty Long Fall』の音域についてですが、女性のような音域で歌メロディーが作られております。男性にとっては低音部分に余裕がありますので、キーを下げて歌唱すると歌いやすいのではないかと思います。




 さて、『Mighty Long Fall』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#についてです。hiC#はサビ近辺、Cメロを中心に多く登場します。よって、その分難易度も高めになります。
 一般的な男性の場合は、キーを下げて歌唱するのが良いのではないかと思います。目安として、原曲キーから5下げると、mid2G#に設定されます。この辺りは、男性の音域としてはやや高いですが、自分にとってギリギリくらいの音階を歌いこなす方が楽曲のニュアンスを表現しやすいと私は考えております。当然、高めのキーを上手く使いこなすには練習が必要になります。各々のキーに合わせて、調整してみてください。

 『Mighty Long Fall』は音域自体はそこまで広くなく、低音部分に余裕があります。よって、キー調整などは行いやすいです。理論上の話ですが、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて歌唱することにも対応できると思います。その点では融通が利いているといえます。
 ただ、ONE OK ROCKの楽曲を歌いこなすには、ボーカルTakaさんの抑揚やニュアンスを上手く表現することも重要であります。キーを下げただけで上手く歌唱できるわけではないですので、しっかり練習を重ねる必要があります。その点については留意しておいてください。
 
 ONE OK ROCKの作品は声質的にはマッチし辛いですが、音域的には女性の方が合いやすいです。興味を持たれた女性はチャレンジしてみても良いかもしれません。