こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『プラネタリウム』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。少し前に、バンプの過去の楽曲のMVがYouTube公式チャンネル公開されましたので、今回取り上げたいと考えました。


『プラネタリウム』(BUMP OF CHICKEN)、Planetarium

『プラネタリウム』(BUMP OF CHICKEN)










【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※Cメロで登場

m1C#[や]めとけば良かった 当たり前だけど 本当に届いてしまっm1D#[た]
 m1C#[で]も 消えてくれない光

※Cメロ以外では、mid1D#が多く登場します

【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※サビで登場

m2D#[消]m2F[え]m2F#[そう]なくらい 輝m1D#[いて]て(サビ)
★あの星のm2F#[名]前は m1D#[ぼ]くしか知らない

★君のなm2D#[まえ]D#[呼]m2F#[ぶ](ラストサビ)

mid1D#mid2F#まで音程の上下が激しいです


【補足】mid2D#の注意箇所

★四畳半をひm2D#[ろ]げたくて閃いてからは速かった



 まず、『プラネタリウム』についてです。この楽曲は、2005年に4人組ロックバンドBUMP OF CHICKENによりリリースされたシングル作品です。アルバム『orbital period』に収録されました。『天体観測』、『supernova』、『宇宙飛行士への手紙』など、バンプは宇宙を想起させる作品が多いイメージですが、この『プラネタリウム』もその一つだと思います。

 『プラネタリウム』はクリーンな音色が印象的なバンド曲です。これまでBUMP OF CHICKENはロックバンドの音色を重視したサウンドアレンジでしたが、この作品ではシンセサイザーなども存在感を発揮しております。
 歌メロについても非常に美しいです。構造自体は、Aメロサビ、およびCメロであり、シンプルです。カラオケなどで歌メロ覚える際もそこまで難しくないのではないかと思います。歌詞については、様々な解釈ができますが、どこか閉鎖的かつ逃避的な世界観が私は非常に好きです。「BUMPっぽい歌詞」という枠組みには入りにくい作品かもしれませんが、私自身耳に残り続けている世界観です。

 さて、『プラネタリウム』の音域的な特徴についてです。そこまで広くない音域で歌メロが作られております。キーの調整などは行いやすいです。ただ、メロディーの上下が意外と激しく、その点で苦労するかもしれません。音域だけ見ると、比較的手を付けやすい作品ですが、難しい部分もあると私は考えております。



 さて、『プラネタリウム』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#ですが、Cメロで登場します。ここを除くと、mid1D#が最低音になります。図などで見てると、そこまで低いように感じませんが、実際に歌ってみると低音部分も大変です。楽曲全体を通して低音部分の登場も多いので、しっかり意識したいところです。

 一方、地声最高音mid2F#はサビで複数回登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですので、努力が報われやすいと思います。ただ、先にも述べましたが、メロディーの上下が意外と激しいですので、丁寧な発声を心掛けたいところです。

 『プラネタリウム』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整などは行いやすいと言えます。ただ、見た目以上に余裕はないかもしれません。各々の声の特性があり、練習を重ねても歌いにくいと感じる場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのもよいと思います。決してやさしい曲ではありません。

 『プラネタリウム』はカラオケなどで盛り上がる類の曲ではないですが、個人的にはバンプの作品でも特に好きなものの一つです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。