こんにちは。今回はスキマスイッチの『Revival』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Revival』(スキマスイッチ)、Revival(Sukima Switch)

『Revival』(スキマスイッチ)










【地声最低音】lowG#(G#2)  ※Aメロで登場

★九月の終わりの晴れm1B[間は] lowG#[な]m1B[つ]がまだ残っB[てい]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビを中心に登場

m2D#[揺]m2E[れ]る揺れる 心とm2G#[こ]D#[こ]m2F#[ろ]が(サビ)
★手が届かないとm2G#[こに]m2F#[か]m2E[く]m2D#[す]ようにして 

★歩き出せたなm2G#[らま]m2F#[た]m2E[記]憶のな[か]で(ラストサビ)


【補足】mid2D#mid2F#の注意箇所

★にゅうm2D#{ど]うぐも指さした(Bメロ)
m2D#[き]m2E[み][に]m2F#[会い]D#[た]いなぁ

★受け入れm2F#[たつ]m2E[もり]F#[で]m2D#[い]たのD#[に](サビ)
★はm2F#[ぐ]m2E[ら]かしてm2D#[た]


 まず、『Revival』(リバイバル)についてです。この楽曲は、2人組音楽ユニット・スキマスイッチによりリリースされたアルバム『新空間アルゴリズム』に収録されています。
 『Revival』は元々アルバムの楽曲として制作された作品ですが、後にテレビドラマ『おっさんずラブ』の主題歌として起用されました。ドラマをきっかけに、この楽曲を知った人も多いと思います。

 『Revival』はミディアムテンポのバンドナンバーです。AメロBメロサビといった馴染みやすい形で歌メロが作られております。歌詞については、「終わった恋愛への未練」が描かれております。スキマスイッチらしい切なく爽やかなナンバーです。

 『Revival』は爽やかなナンバーですが、音域自体はかなり広めであります。よって、一般的にはキーの下げるなどの調整は行いにくいです。最高音はmid2G#とそこまで高くはありませんが、普段歌い慣れていない人には辛い場面が多く登場するのではないかと思います。難易度自体はそこまで高いわけではないですが、初心者に練習曲としてお奨めできる楽曲はありません。



 さて、『Revival』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域か、やや高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowG#についてです。この辺りは一般的な男性の声域より少し低めでありますが、歌い慣れた人であれば、届きうるのではないかと思います。少しずつ練習を重ねてください。

 地声最高音mid2G#についてです。このmid2G#辺りから、一般的な男性にとって難しくなるキーになります。場合によっては、キーを下げてもよいと思います。

 『Revival』は音域自体が広めであり、キー調整の融通は利きにくいです。ある程度歌い慣れた人が微調整として上下させることは可能だと思います。ただ、歌い慣れていない人が、歌いやすいキーに合わせるのは意外と難しいと私は考えております。「原曲キーだと高音がしんどく、キーを下げると逆に低音部分が辛くなる」類の曲だと思います。一方、歌い慣れた一般的な男性にとっては、楽しめる作品なのではないかと思います。 
 普段歌い慣れていない人の場合、別の難易度の低い曲と並行して練習するなどした方がよいのではないかと私は考えております。スキマスイッチの作品群には、比較的音域が狭く、最高音も高くない楽曲もあります。そうした楽曲を選択肢に入れてもよいのではないかと思います。