こんにちは。今回はゆずの『with you』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでゆずを取り上げるのは、今回が初めてとなります。


『with you』(ゆず)、with you(Yuzu)

『with you』(ゆず)










【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[こ]うして僕らが 出会えたキセキを(Aメロ)


【地声最高音】hiD(D5)  

★かhiC#[が]hiD[や]C#[く]hiB[た]hiA[め](ラストサビ)

※ラストサビに登場し、曲全体で2か所


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

hiD[with] hiC#[you] [uh] hiE[uh] [uh] [uh] hiA[uh] 

※便宜上【uh uh uh】で表現しています


【補足】hiAhiD辺りの注意箇所

hiA[きっとい][か ゆ]hiB[め]A[をつ][む]B[そ][日ま]hiC#裏[で](サビ)
★(信じてくれた君の為に 何度でも) hiB[何度]hiA[でも]
★ひhiA[とりじゃない 心]hiB[の]A[な]か 
hiB[どんな]hiC#[と]B[き]hiA[も] hiD裏[with] C#[you]

★つhiA[よ]hiB[く 今を]hiC#裏[ぉ]B[生]C#[き]B[て]A[ゆく](ラストサビ)



 まず、ゆずについて少し説明します。ゆずは北川悠仁さんと岩沢厚治さんによる2人組の音楽ユニットです。初期の頃はフォークデュオとして注目され、アコギを基調としたアレンジが中心でした。最近はポップスを含め、幅広いアレンジがなされています。多くのヒット曲を持つ彼らですが、『夏色』、『飛べない鳥』、『栄光の架橋』、『虹』などがよく知られているのではないかと思います。国民的なデュオです。
____

 さて、『with you』についてです。この楽曲は、2012年に2人組音楽ユニットゆずによりリリースされたシングル作品です。アルバム『LAND』やベストアルバムにも収録されております。この楽曲は、生命保険会社・日本生命のCMソングとして書き下ろされた作品で、フィギュアスケートの浅田真央さんなどスポーツ選手が登場し、非常に知られることとなりました。ゆずは日本生命のCMソングでのヒット曲も多いです。
 
 さて、『with you』はストリングスなどが大々的に用いられたポップソングです。編曲には蔦谷好位置さんが関わっております。同曲のイントロは、バッハの無伴奏チェロ組曲1番『プレリュード(前奏曲)』がモチーフになっております。同曲は、J・S・バッハの作品でも非常に知られているものの1つだと思います。興味を持たれた方はこちをどうぞ⇒(wikipediaより『無伴奏チェロ組曲) 
 
 さて、『with you』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、「キーが高い」といわれるゆずの作品の中でも、特に高いの作品の1つなのではないかと思います。低音部分に余裕がありますので、キーの調整は可能ですが、音域自体が広めですので、歌い慣れた人向けの作品といえると思います。



 さて、『with you』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで2回登場します。それ以外ではhiC#が高いところです。通常のサビではhiC#が最高音になります。
 この辺りは一般的な男性の音域に比べて高いです。一般的にはキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。目安としては原曲キーから5つ程度下げると良いのではないかと思います。

『with you』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能です。 ただ、音域自体が広めなので、高音部分が歌いやすくなると、逆に低音部分が歌いにくくなる可能性があります。ある程度歌い慣れた人向けの作品といえます。

 普段歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上で同曲にチャレンジするのが良いのではないかと思います。ゆずの人気作の中には、この『with you』よりも練習曲に適したものが見つかると思います。

 例えば、初期の代表曲『夏色』は最高音がhiCとキーが非常に高いです。ただ、音域自体は広くないため、キー調整すると歌い易くなります(原曲キーは当然難しい)。
 注意すべき点としては、『栄光への架橋』です。同曲は、最高音がhiAですので、原曲キーの難易度は『夏色』程ではないと思います。ただ音域が広いため、キー調整の融通は利きにくいです。歌い慣れていない人にはあまり向かない可能性があります。今後、ゆずの人気作についても詳しく取り上げても良いかもしれません。