こんにちは。今回はUVERworldの『7th Trigger』(2012)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『7th Trigger』(UVERworld)
『7th Trigger』(UVERworld)









【地声最低音】mid2A(A3)  

m2A[突き]抜ける覚悟も (ラストサビ)

※ここを除くと、mid2A#が多い


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調サビ[+1]で1回

★此処hiD[で終わって]hiE[た]hiB[ま]るか

※通常サビはhiD#が最高音


【裏声最高音】hiF(F5)  ※Cメロ

hiF[ギ]hiE[ブ]hiD#[ギ]hiD[ブ]hiC#[ギ]ブアップ

※ライブなどでは副旋律を歌唱されることも多いようです。


【補足】hiAhiD辺りの注意点

hiA#[Ah]m2G#[Ah] hiA#[らじ]G#[ら]しい(Aメロ)
★馴hiA#[染んでいく]m2G#[ぅ]自分にも 苛ついていた
★かhiA#[わ]hiC#[な]hiA#[が]れから目をそらした
hiA#[同じ]m2G#[よう]に なA#[がされ]G#[て]来たわけじゃない

★アンチhiC#[Des×3]hiA#-hiB[Des[ti]ny](通常サビ)

hiA#[Time is now](2番サビ)
hiA#[Don't] be shy [Break] hiC#[Won]der [World](Cメロ)

★決めたならhiA[行]hiB[け]A[よ](転調サビ)
★そうおhiB[もっ]hiA[てい]るんだろう
★敗hiA[れてく か]A[ご]hiB[も]
hiB{栄]hiA[光]の引き金 自B[分]hiD[でつ]かんで 撃ち抜A[こ]


 まず、『7th Trigger』についてです。この楽曲は、2012年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。アルバム『THE ONE』をはじめ、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、ノンタイアップでのUVERworldの作品としては最高の売上を記録しています。

 『7th Trigger』はUVERworldらしいアップテンポのロックナンバーです。歌メロについては、上述のように、非常にキーが高くなっております。ラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。音域が高音寄りですので、キー調整は可能であります。それ故に、原曲キーではAメロ辺りから高音域が多く登場しますので、持久力も要求されます



 さて、『7th Trigger』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音はhiEで、ラストの転調サビで1回登場します。この場面はhiDとのコンボになります。転調前の通常サビではhiD#になります。非常に高い音階になりますので、一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。

 『7th Trigger』は音域自体は、高音寄りであり、キーの調整は可能です。ただ、ボーカルTAKUYA∞さんの抑揚などを考えると、キーを調整するにしてもしっかり歌い慣れておきたいところであります。歌い慣れた人向けの曲といえます。

 私なりのイメージですが、2番終了後、Cメロのラップパートはリズミカルに小気味よく歌唱できるかも重要なのではないかと思います。音程はAメロやサビほど意識しなくてよいです。

 『7th Trigger』は一般的には難曲といえる部類の曲だと思いますが、カラオケなどでしっかり歌唱できると非常にカッコイイと思います。