スポンサーリンク
カテゴリー

『The hole』(King Gnu)の音域と感想

こんにちは。今回はKing Gnuの『The hole』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『The hole』(King Gnu)


【地声最低音】mid1D#(D#3) ※楽曲全体で1回

★僕らはそのくらいもm1D#[ろ]く不確かで(Cメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※転調後サビ等の楽曲後半

★かすかなひかmid2F[り]mid2F#[を~~] hiA[oh~] hiB[oh][oh~] (Cメロ)
hiB[す]hiA[べ]mid2F#[て]mid2G#[し][ぶきを]hiB[あ]hiA[げ][て] (ラストサビ)



【裏声最高音】hiD(D5) ※転調後中心

mid2F#[掻]hiC#[き]hiD[あ][つ]hiD{め][て](Cメロ)
mid2F#[あなた]mid2G#[に降]hiA[り注]hiB裏[ぐ]hiC#[の]hiD[な][ら](ラストサビ)
[ぼ][く]hiA[がきず]hiB[ぐ]hiC#[ち]hiD[に][な]hiD[る][よ]


【補足】Cメロ途中から、転調でキーが1つ上がります

★このせmid2G#[かい]hiA[の] 希望も絶[望][も] (ラストサビ)


『The hole』(King Gnu)










 まず、『The hole』についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』(シンパ)に収録されているナンバーです。アルバムのフィナーレを飾るバラード作品で、13曲中12曲目に収録されています。
 『The hole』はKing GnuのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年8月現在、約680万回もの再生回数を記録しています。動画の公開が2019年5月ですので、短い期間で再生回数が伸びている人気の高い作品だと言えます。

 『The hole』のサウンドについてです。ピアノやストリングスを交えたバラード作品です。J-POPのバラードを意識して制作された作品だそうですが、ストリングスや歌メロディーの構成などはまさにJ-POPらしさが意識されていると思います。メロディー構成はAメロBメロサビ、Cメロを経て最後に転調のサビが展開されます(正確にはCメロの途中で転調がなされます)。

 一方で、メロディーそのものの特徴はやはりKing Gnuらしいドロドロ感や不安定さが演出されています。以前レビューした『Prayer X』でも取り上げましたが、この『The hole』でも楽曲の要所で半音の旋律が多く見られます。
 私自身はブログで「King Gnuを取り上げにくいなぁ」と感じる瞬間があるのですが、一つの理由がメロディーが半音移動する場面が多い点にあります。高音域部分の詳細が上述されています(mid2F#[あなた]mid2G#[に降]hiA[り注]hiB裏[ぐ]hiC#[の]hiD[な][ら]等)。その音階を色分けする際に、半音の移動が多いミュージシャンは必要となる着色も多いため、記述が少しゴチャゴチャしてしまします。
 やや愚痴のようになりましたが、こうした点こそが、King Gnuのメロディーの特徴の一つであります。J-POPらしさを考えて作った作品でありながら、全体として不安定さに満ち溢れたメロディーラインです。

 『The hole』はMr.Children、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、椎名林檎、RADWIMPSなどの楽曲を参考に作った作品だと言われていますが、参考にした点の一つは「転調な」のではないかと思います。ミスチルは特にイメージが強いですが、この『The hole』でも転調が行われています。ただ、ちゃんと聞いていないと、音楽の知識が少ない方は気付かないのではないかと思います。そうした点も含めて、非常に計算されて作られています。




 最後に『The hole』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】hiB(B4) 、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiBについてです。『The hole』はCメロの後半で転調し、キーが1つ上がります。大体この辺りからhiBが登場します。hiBはある程度歌い慣れた男性であっても声が出ないことがあります。そうしたことから、原曲キーの場合は、歌う人を選ぶ楽曲です。

 このhiB部分を裏声で発声する方法も考えられますが、他にhiDの場面などで裏声が使われているので、サビのメリハリを付けるためにも、出来れば地声で歌いたいところです。

 一般的な音域の男性の場合は、キーを下げるのが無難だと思います。原曲キーから3程度下げると、かなり歌いやすくなると思います。その場合は、hiBの音階がmid2G#に設定されます。

 また、低音部を男性が歌い、高音部を女性が歌うというスタイルもありかもしれません。『The hole』では井口理さんがソロで歌われていますが、King Gnuの他の曲のように、高音部と低音部でボーカルを分けるのです。そうした試みも面白い選択肢なのではないかと思います。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする