カテゴリー

『a Boy〜ずっと忘れない〜』(GLAY)の音域 [1996年の作品]

 こんにちは。今回はGLAYの『a Boy〜ずっと忘れない〜』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『a Boy〜ずっと忘れない〜』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルではミュージックビデオが公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画の添付はありません(ストリーミングなどでは配信されております)。


『a Boy〜ずっと忘れない〜』(GLAY)、A Boy -Zutto Wasurenai-(GLAY)
『a Boy〜ずっと忘れない〜』(GLAY)の音域







【地声最低音】mid1D(D3) 

★華やかな街を通り抜けm1D[路地]裏の片隅で【サビ】

※ここ以外ではmid1F#が低音

【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で1回

★(踴りながらすり抜けてく)m2GhiAhiBhiC[あ[る[い[て]ゆ]く]よ]【ラストサビ】

※hiAが曲全体で10回超登場

【補足】mid2F#hiAを含むフレーズ一覧

★夢見る全て 葉えようと  m2E[WOW LO]NELY WAR【Aメロ】
★お前のこm2Gm2F#[ころ]ぉ]ぉ 孤hiA[独とせな]F#G[かを合[わ]せ]【Bメロ】
★失くしてた自分m2F#[の]にぶF#m2G[ん[のいちを求][てゆ]hiA[く]

★したたかに生まれ生きてく  m2E[仔貓の]ように【サビ】
★踴m2F#[りながら]m2GhiA[す[り][抜]GA[け[て][ゆ]G[く]
m2F#m2G-hiA[口笛[を[吹][き]hiA[な]G[がら]
★愛をなぞる言葉さえ  忘れてゆく m2G[wow]【2番Aメロ】


まず、『a Boy〜ずっと忘れない〜』(ア・ボーイ ずっとわすれない)についてです。この楽曲は、1996年に4人組ロックバンドGLAYによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、同じ年にリリースされた『BELOVED』(ビーラヴド)に初収録されました。また、ベストアルバムなどにも収められてます。

 GLAYは1996年のシングル『BELOVED』(過去記事)が大きなヒットを記録し、人気バンドとしての地位を確立していきました。その後、1997年には『口唇』や『HOWEVER』(過去記事)もミリオンヒットを記録します。
 今回取り上げる『a Boy〜ずっと忘れない〜』については、アルバムリリースの1週間前にシングルが発売されたということもあり、人気曲と比べるとやや影が薄い印象があります。ただ、私個人としては、セールス的に絶頂期にあったGLAYのシングル群の中でも『a Boy』は特に好きなものの1つです。個人的にはメロや歌詞が好きです。

 『a Boy〜ずっと忘れない〜』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の音域と比べると高いレンジで歌メロが作られております。地声最高音はhiCは曲全体で1回ですが、BメロやサビではhiAが多く登場します。そのため、一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすいです。
 ちなみに、女性の場合は、低音域が得意な人は原曲キーでも歌唱可能だと思いますが、一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいです。


 最後に『a Boy〜ずっと忘れない〜』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dはサビで登場します。同曲はサビの音域が広く、その点で低音から高音までしっかりとした歌唱力が求められます。こうした傾向は、以前当ブログで取り上げた『HOWEVER』(過去記事)『SOUL LOVE』(過去記事)でみられました。
 また、低音域としてはmid1Dやmid1F#辺りが登場すため、女性が原曲キーで歌うのは少し辛いかもしれません。一般的には少しキーを上げた方が歌いやすいです。

 一方、地声最高音hiCはラストのサビで1回だけ登場します。回数は少ないですが、一番の見せ場です。また、同曲はhiAがサビやBメロで多くみられます。このため、一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。

 『a Boy〜ずっと忘れない〜』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。ただ、音域自体が広いため、大きなキー調整には向きにくいです。とりわけサビの音域が広いですので、歌い慣れた人であっても、難しい部分が出てくるかもしれません。そうした点で、力量が要求される楽曲といえます。

 『a Boy〜ずっと忘れない〜』を原曲キーで歌唱する場合、最低限hiA辺りをしっかり歌いこなせる力が求められます。このhiAは登場頻度が高く、またロングトーンで歌われる場面もあります。mid2E~hiA辺りで魅力的な歌唱ができると、ハマりやすいといえます。そのため、原曲キーの場合は「ある程度高音域が得意な男性」が合いやすいです。

 『a Boy〜ずっと忘れない〜』は人気曲などと比べるとやや影が薄いですが、個人的には印象に残る楽曲でした。mid2GやhiAなどが活きやすい男性は、歌っていて気持ちのいい作品ではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする