スポンサーリンク
カテゴリー

『猛独が襲う』(初音ミク[一二三])の音域

こんにちは。今回は初音ミクの『猛独が襲う』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『猛独が襲う』(初音ミク[一二三])、Moudoku ga Osou(Miku Hatsune[Hihumi])
『猛独が襲う』(初音ミク[一二三])









【地声最低音】mid1F#(F#3) ※Aメロで登場

★適当に生きても息は続m1F#[く]【Aメロ】 


【地声最高音】hiF#(F#5)  ※サビを中心に登場

★切れhiD#[た]hiC#[え]にしの端hiF#[に]【サビ】
hiD#[目を]hiC#[伏]hiF#[た][の]
hiD#[また]hiF#[も]hiC#[う][ど]くが[お]D#[そ]

★握りhiC#[つ]hiD#[ぶ]hiF#[し]D#{て][い]C#[ん]だろう【Cメロ】

★月hiD#[が]hiF#[照][ら]hiC#[し]たって【ラストサビ】
hiF#[猛]hiD#[ど]hiC#[く][お]D#[そう]

hiD#を地声最高音として、hiF#を裏声にしてもよい


【補足】hiB(一部略)hiD#を含むフレーズ一覧

★何も分からずにいるんhiA#[だっ]hiB[て]【Aメロ】

★誰hiD#[が]hiC#[何]hiB[と]言っB[たっ]C#[て]【サビ】 

★消えhiB[ない] ×3[事実]hiC#[だ]hiD#[け]B[み][て]【ラストサビ】
★ 隠していたhiC#[こ]hiD#[え][ぼ][くを]


 まず、『猛独が襲う』についてです。この楽曲は、2017年にボカロPの一二三(ひふみ)さんにより公開された初音ミクの作品です。一二三さんは和楽器などを用いたロックナンバーを得意とするボカロPです。この『猛独が襲う』で、自身初の殿堂入り(再生回数10万回超)を果たしました。

 さて、『猛独が襲う』は和のテイストを感じさせるロックナンバーです。楽器としても三味線が使われており、歌メロの哀愁が漂っております。歌メロについては、AメロサビCメロという形で作られており、覚えやすいと思います。
 



 さて、『猛独が襲う』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。地声最高音をhiD#として、裏声最高音をhiF#としても良いと思います。一般的な女性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiF#ですが、サビで登場します。先にも述べましたが、このhiF#は裏声でも良いと思います(hiD#の一部を地声で歌唱すると良いです)。hiD#を地声とした場合、一般的な女性の音域よりは高めとなりますので、キーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいです。

 『猛独が襲う』は音域自体が広めであり、キー調整にはあまり向きません。歌い慣れた人が少しの調整を行うといった形が多くなるのではないかと思います。キー調整をするにしても、歌い慣れておく必要があると思います。
 一方で、『猛独が襲う』は歌メロのテンポについては、一般的なポップスのような馴染みやすい形です。サビの直前などは息継ぎが少し難しいかもしれません。

 ボカロ曲はテンポが速く、キーが広いなど難しいものが多いです。個人的には、『からくりピエロ』(過去記事)辺りが取っつきやすいです。
 ※当ブログでは、『からくりピエロ』は40mpさんのセルフカバーバージョンを記事にしています。初音ミクバージョンはm2C(C3)~hiD(D5)が原曲キーとなります。キー調整などは行いやすく、歌メロのテンポもゆったり目です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする